矯正コラム

妊娠中の歯列矯正は可能?マウスピース矯正なら問題なし!

2017年12月27日 (水)

妊娠中は、歯医者に行く時に何かと気を配る必要があるんです。無事に出産を迎えられるように、安全には配慮したいところです。歯医者で利用できる治療に「歯列矯正」がありますが、妊婦さんの場合はどうなのでしょうか? そこで、妊娠中の歯列矯正について、マウスピース矯正を中心に解説します。

妊娠中の矯正治療は安全なのか?

妊娠中の矯正治療は安全なのか?

まず第一に、妊娠中に矯正治療を行うことは基本的に危険性はありません。妊娠中に矯正治療を開始する場合も、矯正治療中に妊娠が発覚する場合でも理論上は大きな問題を生じることはありません。

ですが、問題なのは「妊婦さんの体」の方です。矯正治療の仕組みが妊娠中の人に何らかの悪影響を及ぼすのではなく、矯正治療を受けることそのものが良くない影響を及ぼすのです。これは矯正治療に限らず、歯科治療全体に言えることでもあります。

妊娠中の女性の体は、心身ともに何かとデリケートなものです。矯正治療は痛みや違和感などを少なからず感じるものであり、妊娠していない状態と比べるとその影響が大きくなります。特に、第一子を授かった女性にとっては不安も大きいと思います。仕組み自体が安全であっても、歯医者で治療を受けるということ自体がストレスを感じる原因となる可能性が高いのです。

ただし、つわりが治まる妊娠中期に入れば歯科治療を受けても影響は少ないとされています。もし妊娠中に歯科矯正を受けたい場合や、妊娠初期に中断した場合でもこの時期であれば影響は最小限に抑えられます。これについては、産婦人科の担当医に相談してみてください。

妊娠中のマウスピース矯正のメリットは?

妊娠中に歯列矯正を受けたい場合、お勧めの方法が「マウスピース矯正」です。マウスピース矯正をお勧めする理由は、第一に「痛みが少ない」ことです。従来のワイヤー矯正ほど力が加えられないため、痛みを感じることは少ないです。妊娠中はデリケートなので普段より痛みを感じる可能性はありますが、ワイヤー矯正よりは少ない影響で済むはずです。

第二に「歯のケアをしやすい」という点です。妊娠中は歯のトラブルが発生しやすく、ワイヤー矯正との相性は良くありません。マウスピース矯正の場合は患者さんが自分で好きなタイミングで脱着が可能なので、しっかりと歯磨きなどのデンタルケアをできるのです。

第三に「目立たない」ということです。金属製のワイヤー矯正の場合、見た目があまり良くありません。他人に見られる際にストレスを感じてしまう可能性が高く、妊婦さんにとっては良くない影響です。マウスピース矯正は透明なマウスピースを使用するため目立たず、他人に見られる際のストレスが最小限に抑えられます。

妊娠中に矯正治療で注意しなければならないこと

妊娠中に矯正治療で注意しなければならないこと

妊娠中の人は、何かと自分の歯について注意を向けておく必要があります。第一に「虫歯になりやすい」ということです。妊娠中は唾液の性質が変化し、虫歯になりやすいのです。それを防ぐ方法が歯磨きになるのですが、ワイヤー矯正の場合は器具が邪魔できちんと磨ききれないことがあります。

第二に「一部の歯科治療は妊娠に悪影響となる」ということです。歯列矯正も歯医者のお世話になるわけですが、歯医者で用いられる治療法や薬剤の一部は赤ちゃんに対して悪影響を及ぼす可能性があります。歯科医師が「この患者さんは妊娠している」と理解していればリスクのある治療法は避けてくれますが、知らなければその限りではありません。矯正治療に限らず、歯医者に行く時には歯医者できちんと妊娠しているということを説明しておきましょう。

第三に「アレルギー」についてです。金属製ではないマウスピース矯正であればアレルギーと無縁だと思っている人が多いのですが、厳密に言えばそうではありません。極稀なケースではありますが「レジンアレルギー」と言って、歯科治療で用いられるプラスチックに対してアレルギー反応を示す人がいます。

また、アレルギー反応ではなくても使用するマウスピース等に対して何らかの不快感を感じることもあります。そういった兆候があれば、早めに歯医者や産婦人科の担当医に相談してください。

矯正治療中に妊娠が発覚した場合は?

妊娠が発覚したら、予定していた歯列矯正を取りやめる事はできます。しかし、逆に矯正治療を始めてから妊娠が発覚した場合だとどうすれば良いのか不安になるのではないかと思います。

結論から言えば、矯正治療を継続すること自体は特に問題はありません。マウスピース矯正に限らず、基本的に矯正治療は妊娠に対して害を及ぼすことはありません。また、矯正治療は基本的に任意のタイミングで中断できます。一度始めたからと言って最後までやめることができないというわけではないので安心してください。「何か気になることがあればすぐにでもやめられる」と思えば、ストレスを感じること無く矯正治療を継続できるはずです。

ただし、安全性の高いマウスピース矯正であっても、どのようなトラブルが生じるかわかりません。それだけ妊娠中の体というものはデリケートなのです。無理に矯正治療を続けても、無事に出産を迎えられるほど大きなメリットは無いはずです。何が原因であるとしても、まずは担当医に相談することをお勧めします。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

2018年05月15日 (火)

歯並びが気になる人にとって、人と話をする時や食事をする際には、他人からの視線が気になりストレスを感じやすくなるでしょう。 ...続きを読む

2018年05月11日 (金)

歯列矯正には、さまざまな方法があります。その中でもよく行われているのが、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」です。使う ...続きを読む

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列 ...続きを読む

2018年05月3日 (木)

手軽で目立ちにくいマウスピース矯正は、歯列矯正の中でも人気がある矯正方法です。特に、体を激しく動かすアスリートには、金属 ...続きを読む

2018年04月27日 (金)

寝ているときや考え事をしているときの「歯ぎしり」について指摘されたことはありませんか?無意識に行っていることが多いため、 ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^