矯正コラム

透明で目立たないマウスピース治療 インビザラインの特徴とは

2018年01月15日 (月)

歯列矯正を始めようと思った時に、最も気になるのは「目立たないかどうか」という点と「金額」なのではないでしょうか。他にも、話しにくくないか、痛みを伴うのではないか、期間はどのくらいなのか…と、いうようなことが挙げられるかと思います。一般的なワイヤー矯正は、どうしても装置が外から目立ってしまい、審美的な面に大きく影響を与えてしまいますね。加えて、固いものが噛みにくい、金額が高いなどのデメリットが存在します。その時に、お薦めしたいのがインビザラインにおけるマウスピース矯正です。聞き慣れない言葉かと思いますが、インビザラインとはいったいどのようなものなのでしょうか。

インビザライン(Invisalign)とは

インビザライン(Invisalign)とは
インビザラインは、マウスピース矯正の中で、とても信頼度の高いものとなっています。オーダーメイドで作成する透明な薄いマウスピース型装置のために、装着していても周囲に気づかれることがほとんどないのです。ですので、見た目が気になる方や、金属アレルギーの方には、お薦めの矯正方法と言えるでしょう。綺麗な歯並びになりたくて治療をするのに、長い期間余計に口元を気にしながら過ごすのは、とても苦痛に感じるものでしょう。表側のワイヤー矯正は見た目が気になり、裏側のワイヤー矯正であれば、滑舌の悪さが見られるかもしれません。ワイヤー矯正に使う装置を白や透明のものにすれば、その分費用は、ぐんと上がってしまいます。それらの矯正によるマイナス面を克服したものが、インビザラインなのです。

インビザライン(Invisalign)の種類

インビザラインにはいくつか種類があります。部分矯正や、軽度の歯並びの悪さに対応するようなインビザライン・ライト(Invisalign Lite)に、インビザラインi7(Invisalign i7)や、幅広い症例に対応出来るような、インビザライン・フル(Invisalign Full)は、最も一般的なものです。11歳から17歳までの患者さんに対応できるような、インビザライン・ティーン(Invisalign Teen)もあります。治療前にコンピューターによる3Dシュミレーションが可能なため、通常のマウスピース矯正では、抜歯が必要となってしまうような歯や、ガタガタの歯並びも、短期間のワイヤー矯正を併用することでしっかりと対応ができるようになっているのです。

インビザライン(Invisalign)のメリット

インビザラインは、透明なマウスピース矯正になりますので周囲からは気づかれにくくなっています。そのために、接客や営業職など人と話すような仕事をされている方に、とても適しているといえます。また、忙しい方にもインビザラインは、お薦めです。通常のマウスピース矯正では、毎月歯型を取り、マウスピースを作成します。しかし、インビザラインは、治療を始める前に終了時までに必要なマウスピースを全て作成してします。そのために通院の回数も少なく済んでしまい、忙しい方にはとても適しているでしょう。他にも、痛みが少ないことや、食事のときには外すことが出来るために通常通りの食事をすることが可能なこと、歯磨きをするときも、もちろん外すことが出来るために、清潔な状態を保ちやすいなどのメリットがあると言えます。

歯のホワイトニングも同時に行える

歯のホワイトニングも同時に行える
メリットはそれだけではありません。健康な歯はもちろん、より綺麗な歯を手に入れるための、ホワイトニングまで同時に行えるようになっているのです。取り外しが可能になっていますので、装着する前にホワイトニングジェルを、マウスピースの中に入れて数時間置くことで、芸能人のように真っ白な歯を手に入れることが可能です。もちろん、これは歯医者さんと相談をして、処方してもらう必要があります。歯列矯正が終わった時に、美しく並んだ歯に、白く輝く口元を手に入れることが出来るのは、とても画期的ですね!

治療の流れと、その期間

通常の矯正と同じように、まず歯科に行く必要があります。そして歯並びや噛み合わせの状態を調べ、インビザラインのメリットや、デメリット、治療にかかる時間、費用などの説明をうけます。この時に歯医者さんと、しっかりと相談をして、インビザラインの特徴を把握し、治療方法などを理解する必要があるでしょう。その後、レントゲンや口の中の写真を撮り、虫歯や歯周病がないかなどをチェックしていくことになります。そして、3Dによるシュミレーションでどのような歯になっていくのかを実際に見ることが出来ます。虫歯や歯周病があった場合には、その治療を優先し、その後でインビザラインを作成、治療、保定期間という流れとなっていきます。治療期間中は一日に20時間、インビザラインを装着し、マウスピースを7~10日で交換します。マウスピースは最初に作成しますので、通院は2~3カ月に一度です。期間は個人差がありますが、およそ1年~2.5年というところでしょうか。その後の保定期間は3カ月から1年というようになっています。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

2018年05月15日 (火)

歯並びが気になる人にとって、人と話をする時や食事をする際には、他人からの視線が気になりストレスを感じやすくなるでしょう。 ...続きを読む

2018年05月11日 (金)

歯列矯正には、さまざまな方法があります。その中でもよく行われているのが、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」です。使う ...続きを読む

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列 ...続きを読む

2018年05月3日 (木)

手軽で目立ちにくいマウスピース矯正は、歯列矯正の中でも人気がある矯正方法です。特に、体を激しく動かすアスリートには、金属 ...続きを読む

2018年04月27日 (金)

寝ているときや考え事をしているときの「歯ぎしり」について指摘されたことはありませんか?無意識に行っていることが多いため、 ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^