矯正コラム

マウスピース治療も多種多様 インビザラインがおすすめなのはどんな人?

2018年01月27日 (土)

一口に歯列矯正といっても、様々な種類があります。種類が多くあるために、どの方法にしようかと悩んでしまう方が多いかもしれませんね。ずっと、装着しなければならないワイヤー矯正に比べると、食事の時や歯磨きの時に取り外しが可能なマウスピース矯正というのは、食事の制限がなく好きなものをいままでと同じように食べられる、というメリットがあります。また、矯正による痛みもかなり軽減されるでしょう。しかし、そのマウスピース矯正にも様々な種類があり、歯並びの状態や噛み合わせの状態などによって、使用に適したマウスピースが異なってきます。その中でも特におすすめなのは「インビザライン」というマウスピース矯正です。「インビザライン」は通院の手間が省けるということと、治療期間が短い、というメリットが存在します。では、この「インビザライン」は、どのような人に適しているのでしょうか?今回はマウスピース矯正の種類とインビザラインについてお話しいたします。

マウスピース矯正の選び方とその種類

マウスピース矯正の選び方とその種類
そもそも「マウスピース矯正」がどのようなものか、ということをご説明します。マウスピース矯正とは、透明なプラスチックでできた薄いマウスピースを歯に装着し、定期的に取り換えながら歯を動かしていくという治療法です。ワイヤーとは異なり、周囲から気づかれにくいために、営業や接客業をしている方や、女性の方にとても人気があります。そして、ご自身で取り外しが出来るために、食事は通常通り行うことができます。ブラッシングの時にも外すことが出来るので、とても衛生的で虫歯になりにくいですね。マウスピースにも以下のような種類が存在します。

●インビザライン

幅広いケースに対応できるマウスピースとなっています。通常、矯正が進むにしたがってマウスピースを交換していきますが、インビザラインの場合は最初に全てのマウスピースを作製してしまうために、定期的に歯型を取る必要がありません。また、インビザラインの中にもいくつかの種類があり、年齢に合わせたものや、軽い矯正の場合など、ケースによって対応が可能なことが、大きなメリットと言えるでしょう。

●アソアライナー

アソアライナーはインビザラインと比べて費用が安くすむというメリットがありますが、全てのケースに対応しているわけではありません。しかし、前歯だけの矯正や矯正後の後戻りを防ぐため、歯の隙間の閉鎖などでしたら矯正の期間が短く済み、とても気軽に始められるマウスピース矯正と言えるでしょう。今、日本国内で一番多く使われているのが、このマウスピースです。

●アクアシステム

費用が抑えられるものになっていますが、インビザラインとアクアライナーに比べて少し厚みがあるものとなっています。アクアライナーと同様、後戻りを防いだり、前歯だけの矯正などの、あまり困難ではない歯並びに適していると言えるでしょう。

●イークライナー

こちらは、軽度から、中くらいの歯並びに対応しています。インビザランと同様、最初に全て型をとってしまうので途中で歯型を取る必要がなく、通院の回数が少なくて済む、というのがメリットとなっています。

●DENマウスピース

マウスピース矯正は、通常1日に20時間ほど装着する必要がありますが、DENマウスピースは8~10時間と装着時間を大幅に減らすものになっています。ただその分、治療の期間は長くなってしまいます。外出する際に外すことが出来る、というのはとても大きなメリットとなっていますね。

代表的な種類を挙げさせていただきましたが、他にも種類はいくつか存在します。どのマウスピース矯正が適しているのかは、実際に歯医者さんによる診断と検査が必要になります。

インビザラインについて

インビザラインについて
では、この中で最も幅広いケースに対応するインビザラインについて、詳しく解説していきましょう。インビザラインとは、上記でお伝えしたように最初の歯型とりだけで、全てのマウスピースを作製することが可能です。もちろん、予定通りに進まないことは他のマウスピース矯正にもつきものですが、インビザラインは、そのことにも対応出来るようになっているのです。アタッチメントという厚さ1ミリ程度の突起物を取り付けて、修正のズレを防いでしまいます。これには、歯の動きを促進する効果も期待出来るため、より期間を短縮しでき早く矯正を終了できる可能性が高まるでしょう。

インビザラインに適している人とは?

インビザラインはマウスピース矯正の中でも幅広い症状に対応しているために、この方法が一番適している方というのは、とても多いと言えるでしょう。矯正を短期間で終わらせたい、周囲に気づかれずに矯正を進めたい、食事を今までと同じように好きなものを食べたい…など、矯正につきものの悩みを解消することも可能です。また、従来のマウスピース矯正より歯科に通う回数も少なく、忙しい方にはうってつけの方法ということができます。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

2018年05月15日 (火)

歯並びが気になる人にとって、人と話をする時や食事をする際には、他人からの視線が気になりストレスを感じやすくなるでしょう。 ...続きを読む

2018年05月11日 (金)

歯列矯正には、さまざまな方法があります。その中でもよく行われているのが、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」です。使う ...続きを読む

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列 ...続きを読む

2018年05月3日 (木)

手軽で目立ちにくいマウスピース矯正は、歯列矯正の中でも人気がある矯正方法です。特に、体を激しく動かすアスリートには、金属 ...続きを読む

2018年04月27日 (金)

寝ているときや考え事をしているときの「歯ぎしり」について指摘されたことはありませんか?無意識に行っていることが多いため、 ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^