矯正コラム

口角が下がっているのは歯並びが原因かも!

2018年04月23日 (月)

笑顔はコミュニケーションの一つであるとも言われますが、確かに、にっこりと笑ったときに口角がきゅっと上がり、唇がきれいな曲線を描いている方は大変魅力的です。普通にしていても、口角が上がっていれば親しみやすい、話しかけやすい印象を与えます。反対に、口角が下がっていると「機嫌が悪いのかな」「話しかけづらいな」といったマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。鏡や写真を見たとき、自分の口角が下がっているととても気になりますよね。口角を上げようと気を付けていても、なんだかぎこちない笑顔になってしまうという方もいるでしょう。生まれ持った顔の形なのだから仕方がないと割り切るべきなのか…というと、実はそんなことはありません。口角が下がっているのは、実は歯並びが原因かもしれないのです。

理想的な笑顔「スマイルライン」とは

理想的な笑顔「スマイルライン」とは

口角がきゅっと上がっている笑顔は、とても明るい印象を与えてくれます。魅力的で明るい印象をもたらす笑顔は、それだけで周りに良い印象をもたらしますよね。笑顔の形は人それぞれ、まさに十人十色ではありますが、実は笑顔にも、自然で好感度の高い、理想的な笑顔というものが存在します。この理想的な笑顔の状態を、スマイルラインと呼びます。
●下唇の両端が左右の耳に向かって上がっている
●下唇の線がきれいな弧を描いている
●上顎の前歯の先が下唇の中央に軽く乗っている
これら3つがそろった状態がスマイルラインとされています。
笑顔が素敵な方は自然とこの3つの状態が保たれており、口角がきゅっと上がった魅力的な表情をされているのです。

口角が下がっている原因とは

スマイルラインの条件を満たしていれば、理想的な笑顔をつくることができます。しかし、どうしても口角が下がってしまう、うまく笑顔をつくることができないというときは、どうすれば良いのでしょうか。
口角が下がってしまう原因といえば、生まれ持った顔の形や老化による口周りの筋肉の衰えなどが思い浮かぶかと思いますが、実はそれ以外にも、歯並びが大きく影響していることがあるのです。
口角が下がるのには次のような原因が挙げられます。

●出っ歯

実のところ、口角が下がっている人は出っ歯でもあることが多いのです。出っ歯とは、上顎が前に突出している上顎前突症という症状の病気のことなのですが、これにより口が前へと出てしまうことで、口角が下がって見えてしまうことがあります。また、意識をしないと唇を閉じることができないくらいですと、力を入れて口を閉じようとするので、口周りの筋肉に負荷がかかり、筋肉が硬くなってしまいます。口周りの筋肉が硬直していると、口角は下がりやすくなります。

●しゃくれ(受け口)

顎がしゃくれている、受け口の人も口角が下がっていることが多いです。下顎が突出している状態は下顎前突症と呼ばれますが、下顎が前に突き出ていると、下顎が上顎を覆う状態になるため、正面から見たときに口角が下がって見えてしまいます。

●コンプレックス

歯並びに対してコンプレックスを抱いていると、口を開けたりにっこりと笑うことに自信をもてなくなることがあります。口をあまり開かないようにと意識がはたらいてしまうので、自然と口角も下がってしまいます。
口角が下がる原因には、出っ歯やしゃくれ、歯並びに対するコンプレックスなど、まさしく歯並びが原因となるものが多くあります。もちろん、加齢や老化とともに起こる口周りの筋肉の衰えも関係してきますが、治療可能な歯並びと整えることによって、口角が上がった、より魅力的な笑顔ができるようになるはずです。

マウスピース矯正で歯並びを整えよう

マウスピース矯正で歯並びを整えよう

魅力あふれる素敵な笑顔には、スマイルラインの条件と整った歯並びは欠かせません。口角が下がっていることが悩み、歯並びが悪くて笑顔に自信がないという方は、是非一度マウスピース矯正を検討されてみてはいかがでしょうか。マウスピース矯正であれば、従来のワイヤーブラケット矯正のデメリットであった見た目の悪さや痛み、違和感に不安を覚えることはほとんどありません。笑顔でいたいのに、笑うとワイヤーがはっきりと見えてしまい恥ずかしい、痛くて口が開けられないとなっては残念ですよね。マウスピース矯正であれば、無色透明のマウスピース型をした装置を装着するだけですので、見た目も自然で、矯正をしているとは思わないほどです。さらに、ワイヤーなどは使用しませんので、金具が合わなくて痛いということもありません。
メリットだらけのマウスピース矯正ですが、装置の特性上、人によって向き不向きがありますので、必ずかかりつけの歯医者や歯列矯正専門の歯医者に行ってしっかりと相談されてください。マウスピース矯正で治療をすることで、口角や歯並びに対するコンプレックスを払拭し、理想的な笑顔と歯並びを目指してみてはいかがでしょうか。素敵なスマイルラインを手に入れて、さらに素敵な明るい印象を手に入れましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

2018年05月15日 (火)

歯並びが気になる人にとって、人と話をする時や食事をする際には、他人からの視線が気になりストレスを感じやすくなるでしょう。 ...続きを読む

2018年05月11日 (金)

歯列矯正には、さまざまな方法があります。その中でもよく行われているのが、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」です。使う ...続きを読む

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列 ...続きを読む

2018年05月3日 (木)

手軽で目立ちにくいマウスピース矯正は、歯列矯正の中でも人気がある矯正方法です。特に、体を激しく動かすアスリートには、金属 ...続きを読む

2018年04月27日 (金)

寝ているときや考え事をしているときの「歯ぎしり」について指摘されたことはありませんか?無意識に行っていることが多いため、 ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^