矯正コラム

マウスピース矯正の治療内容は?ワイヤー矯正との違いは?

2018年06月15日 (金)

マウスピース矯正が気になっているけれど、治療内容やワイヤー矯正と比べてどのようなメリットやデメリットがあるのか違いが知りたいという方に向けて、マウスピース矯正の治療内容やワイヤーとの違いをご説明します。歯列矯正を検討されている方で、治療方法を迷っている方にもおすすめです。それぞれの治療内容や違いを把握することで、自身により適した方法を見つけ、納得のいく矯正治療を選択したいですね。

マウスピース矯正の治療内容

マウスピース矯正の治療内容

マウスピース矯正は比較的新しい歯列矯正方法で、最新の技術を駆使して治療をしていきます。新しい技術が必要なため、マウスピース矯正を行っている歯医者はまだまだ少ないのが現状です。専門的な治療として、近年注目を浴びています。
マウスピース矯正の治療内容とその流れですが、はじめに歯や歯並び、噛み合わせの状態について詳しく検査を行います。目視での検査や、レントゲン撮影での検査などによって治療前の歯の状態をしっかりと確認します。検査結果で治療をしても問題ないと判断されれば、次にマウスピースを作成するための歯型を採取します。マウスピース矯正にも種類があり、歯型を採取した後にコンピューターで矯正過程の歯の動きを計算し、その段階ごとに合わせた型のマウスピースをあらかじめまとめて作成するものと、まずは最初のマウスピース作成し治療経過ごとに繰り返し歯型を採取し都度マウスピースを作成するものとがあります。一定期間マウスピースを装着し、歯が動いてきて次の段階になったら新たなマウスピースを装着するということを繰り返して矯正していきます。マウスピースは患者さん自身で簡単に取り外すことができ、食事の際や歯磨きといった口内ケアの際に一時的に取り外す分には問題ありません。ただ、取り外す機会や時間が長いと治療効果が出にくく計画的な治療に支障が出ることがありますので、なるべく取り外さずに装着していることが大切です。マウスピースで歯を矯正している間は、数か月おきの頻度で歯医者での診察を受け、歯の動きの状態を確認します。この時、治療計画に沿ってしっかりと歯が動いていれば次のマウスピースに取り換えるということも行われます。

ワイヤー矯正との違いはどんなところ?

マウスピース矯正の治療内容についてご説明しましたが、治療内容はもちろん治療中の過ごし方などはワイヤー矯正とどんなところに違いがあるのでしょうか。
まず、ワイヤー矯正の治療内容ですが、ワイヤー矯正は歯型を採取することはなく、矯正装置をつけて状態観察をしながら、歯の動きを都度確認してワイヤーの強度を調整することで歯を動かしていきます。通院頻度は1ヵ月に1回程度で、その時の診察結果によってワイヤーを調整します。先ほどご説明したマウスピース矯正に比べると、歯医者に通う回数は少々多めです。
マウスピース矯正とワイヤー矯正の大きな違いは、見た目に目立つかどうかという点にあります。マウスピース矯正の場合はぱっと見ただけでは矯正をしているかどうかわからないくらい目立ちにくいのですが、ワイヤー矯正は歯の表面に金具とワイヤーを固定するためどうしても見た目に矯正をしていることがわかってしまいます。ワイヤー矯正にも見た目が目立たないように工夫された器具があるのですが、それでもマウスピース矯正と比較するとどうしても目立ちやすい治療方法ではあります。次に、取り外しが可能かどうかの違いがあります。ワイヤー矯正は、患者さん自身で取り外すことができません。治療のはじめに装着してからは、治療が終わるまで基本的にはそのまま装着していることになります。もう一つ、治療期間の違いがあります。歯並びや噛み合わせの状態などによっても変わってくるのですが、一般的にはマウスピース矯正で1年~2年程度、ワイヤー矯正の場合は2年~3年程度の治療期間が必要とされています。ワイヤー矯正の方が治療に時間がかかるということになります。

見た目が気になる、生活で制約がある方はマウスピース矯正がおすすめ

見た目が気になる、生活で制約がある方はマウスピース矯正がおすすめ

思春期の子供や仕事で人前に出るという方、見た目に歯列矯正をしていることはあまり知られたくないという方には、目立たないマウスピース矯正がおすすめです。また、金属アレルギーをお持ちの方にも、金属を使用しない歯列矯正であるマウスピース矯正が適しているといえます。取り外しが可能なため、食事の際に違和感を覚えたり噛みにくいといった問題はありませんし、歯磨きの際は歯をすみずみまで磨くことができマウスピースも洗浄できるので衛生面で安心です。歯列矯正をしている間、生活や趣味に大きな制限があると大変ストレスです。1年~2年程度の治療期間を必要としますから、なるべく負荷が少ない治療方法を選択したいですよね。歯並びや噛み合わせの状態によって対応できないという場合もありますが、マウスピース矯正が気にあるという方は是非相談なさってください。
マウスピース矯正が気になっているけれど、治療内容やワイヤー矯正と比べてどのようなメリットやデメリットがあるのか違いが知りたいという方に向けて、マウスピース矯正の治療内容やワイヤーとの違いをご説明します。歯列矯正を検討されている方で、治療方法を迷っている方にもおすすめです。それぞれの治療内容や違いを把握することで、自身により適した方法を見つけ、納得のいく矯正治療を選択したいですね。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年06月15日 (金)

マウスピース矯正が気になっているけれど、治療内容やワイヤー矯正と比べてどのようなメリットやデメリットがあるのか違いが知り ...続きを読む

2018年06月11日 (月)

歯列矯正は長期間の治療が必要ということがよく言われていますが、長期間とは具体的にどのくらいのものなのでしょうか。歯並びや ...続きを読む

2018年06月7日 (木)

歯列矯正をしようと考えたときに、気になるのはどの治療方法を選べば良いのかということ。矯正方法にもいろいろな種類があるので ...続きを読む

2018年06月3日 (日)

鏡や写真で自身の顔を見たときに、「あれ、歪んでる…?」と思ったことはありませんか?左右が全く対象である顔の方が珍しく、若 ...続きを読む

2018年05月27日 (日)

マウスピース矯正は、透明で見た目に響かないことから人気がある矯正方法です。一口にマウスピース矯正と言っても、さまざまな種 ...続きを読む

2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^