矯正コラム

子供用の甘い歯磨き粉の落とし穴!マウスピース矯正の際の注意点

2017年07月15日 (土)

今は歯磨きをする際に歯磨き粉を使うのが当たり前の時代です。その歯磨き粉も非常に種類が豊富ですが、大人用の歯磨き粉はミントやハッカなどを使用した清涼感のあるものが主流となっています。それに対し、子供用の歯磨き粉は甘い味がするものばかりとなっています。
この子供用の歯磨き粉に対し、虫歯になる危険性があるのではないかと考えられているようです。

特に大人用の歯磨き粉の味が苦手であるために、子供用の歯磨き粉を使用してみようと考えている人たちのあいだで、このことが議論されている模様です。
そこで今回は、子供用の歯磨き粉は虫歯リスクはないのか、大人が使用しても大丈夫なのかについてまとめてみました。

子供用の歯磨き粉が甘い理由

子供用の歯磨き粉が甘い理由

多くの子供は大人用の歯磨き粉の味が苦手です。
口のなかがスースーして冷たく感じるほか、少し辛い味付けとなっていたりするものもあり、また大人でも苦手な人がいるくらいです。
そういったこともあり、子供が歯磨き粉を使用できるようにするため、やさしく甘い味付けが施されている子供用の歯磨き粉が販売されています。
その甘さから、子供用の歯磨き粉には甘味料が使われており、歯磨き粉を使うと虫歯になってしまうのではと思う保護者もいるようです。

たしかに、一部の歯磨き粉には「人工甘味料」や「糖アルコール」を使用しているものもあります。しかしそれらは基本的に砂糖とは異なる甘味料であるため、使っても歯が虫歯になる心配はありません。

実際に「糖アルコール」の一種として「キシリトール」があります。「キシリトール」は多くの方がご存知のとおり、虫歯の菌を減らす効果があることから虫歯予防の代名詞となっています。そのためガムやタブレットだけでなく、最近は食品の甘味料として使用されるようにもなってきています。無論、子供用の歯磨き粉としても使われています。

また「キシリトール」以外の「人工甘味料」も使われていることがありますが、先程言ったとおり虫歯が増える心配はないため、歯磨き粉として安心してご使用いただけます。

いちごやオレンジやメロンといったさまざまなフルーツの味を再現している歯磨き粉も、使用されているのは「人工甘味料」もしくは「糖アルコール」と「香料」です。「香料」はあくまで口のなかに入れた際にその食べ物の味をほうふつとさせる効果をもたらせるものであり、正確には甘味料ではありません。
そういったことから、子供用の歯磨き粉を使用しても虫歯になる心配はなく、子供に限らず大人も使用していただいて何も問題はありません。

砂糖とキシリトールの違い

ここで「人工甘味料」や「糖アルコール」が通常の甘味料として使われる「砂糖」といったいどのように違うのだろうと思われた方もいるのではないかと思います。たしかにどちらも甘い味がすることは同じです。
ではその具体的な違いを、「砂糖」が虫歯を増やしてしまう原因についてと「人工甘味料」や「糖アルコール」の代表的なものをご紹介しながら説明したいと思います。

●砂糖が虫歯を増やす理由

「虫歯」は口のなかにいる虫歯菌が吐き出した「酸」によって歯のなかのミネラルが溶け出してしまい、スポンジのようにスカスカになってしまった状態を指します。
また虫歯菌が出す「酸」とは、虫歯菌が食べ物のなかに含まれる「糖質」を吸収し代謝したことで生み出された乳酸です。

「糖質」は非常に多くの食品に含まれているもので、言い換えれば「炭水化物」でもあり、体にとって必要なエネルギーです。
また「砂糖」の主成分は「ショ糖(スクロール)」という糖質であり、「ショ糖」は虫歯が「酸」を生み出すスピードをもっとも高めてしまうことがわかっています。
そのため「砂糖」はもっとも虫歯のなりやすさを高めてしまう甘味料であり、「砂糖」を使用した食品の摂取には注意が必要となっています。

さらに「ショ糖」をはじめとしたさまざまな糖質にはそれぞれのタイプがあり、「ショ糖」のように虫歯を増やしてしまうものから虫歯を増やさないものもあります。
つまり「キシリトール」は虫歯を増やさない糖質の代表的なものであり、「キシリトール」のように虫歯に影響しない糖質はほかにもあります。それが「人工甘味料」や「糖アルコール」などになってくるのです。

●キシリトール

「キシリトール」は名前だけが非常に有名になっていますが、「糖アルコール」という糖の一種であり、化学的に生み出されるものでありつつ「人工甘味料」とは異なります。
「ショ糖」とほぼ同じ甘さを持っているものの、一部の虫歯菌の代謝を阻害することがわかり、虫歯予防に効果があることが認められました。
またカロリーが低く、体が吸収するスピードもゆるやかになるため、血糖値があがりにくく糖尿病への影響が少ないことからも評価されています。
しかし逆に腸が吸収しにくいため、一度に多量を摂取すると消化不良を起こし、腹痛や下痢を引き起こす特徴もあるので注意が必要になっています。

●スクラロース

「スクラロース」は人工甘味料のひとつです。この名前を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

砂糖の主成分であるショ糖の600倍近くの甘味を持ちながらも、体内に吸収されないことから体質に影響を与えないダイエット効果のある甘味料として有名になりました。
さらに虫歯菌の代謝に影響しない糖質であることもわかり、同じく人工甘味料であるサッカリンに並び、歯磨き粉や洗口液の甘味料としても使われています。

歯磨き粉よりも歯磨きの仕方が重要

歯磨き粉よりも歯磨きの仕方が重要

子供用の歯磨き粉は虫歯に影響しない甘味料を使用している上に、キシリトールやフッ素といった虫歯予防や歯質の強化に効果のある成分を使用しているものがほとんど。
またその甘味料も体に吸収されにくいものが多く、病気が理由で糖質の制限をしなくてはいけない方でも安全に使用することができます。

しかし歯磨き粉を使用しているからといって虫歯がしっかり予防できるわけではなく、歯に歯垢や歯石がたくさんついていればどんなに歯磨き粉を使用しても効果はありません。

つまり重要なのは歯の磨き方であり、歯磨き粉は虫歯菌の活動を阻害したり歯を丈夫にする手助けをするものと考えるのが正しいです。
また最近はマウスピース矯正が非常に流行しています。
マウスピース矯正をしている方の場合、何時間も装置をつけていることで通常よりも虫歯になりやすい状態となっています。

そのため歯磨き粉を積極的に使用していても歯に汚れがついていれば虫歯になる可能性は十分あります。
したがってマウスピース矯正をしている方は、歯磨き粉の使用の有無よりも歯の磨き方によく注意するようにしましょう。

歯磨き粉の成分表に注目

すべての歯磨き粉には成分表というものが記載されています。そこに使用している甘味料の名前も記載されているため、もし気になる方は調べてみるとよいでしょう。

また虫歯予防のためにと歯磨き粉に依存してしまうと、逆に歯磨きの仕方がおろそかになってしまうこともあります。重要なのは歯の汚れがしっかり落ちているかどうかであることを忘れないようにしてください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年05月23日 (水)

多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台となるのが、結婚式です。たくさんの人に写真を撮られることの多い結婚式では、素敵な笑顔 ...続きを読む

2018年05月19日 (土)

すきっ歯とは、上の前歯と前歯の間に空間があいている状態の歯のことをいいます。子どもの歯が生え変わる時期にすきっ歯になって ...続きを読む

2018年05月15日 (火)

歯並びが気になる人にとって、人と話をする時や食事をする際には、他人からの視線が気になりストレスを感じやすくなるでしょう。 ...続きを読む

2018年05月11日 (金)

歯列矯正には、さまざまな方法があります。その中でもよく行われているのが、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」です。使う ...続きを読む

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列 ...続きを読む

2018年05月3日 (木)

手軽で目立ちにくいマウスピース矯正は、歯列矯正の中でも人気がある矯正方法です。特に、体を激しく動かすアスリートには、金属 ...続きを読む

2018年04月27日 (金)

寝ているときや考え事をしているときの「歯ぎしり」について指摘されたことはありませんか?無意識に行っていることが多いため、 ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^