矯正コラム

差し歯やブリッジの歯があってもマウスピース矯正はできる?

2017年09月12日 (火)

口腔内に差し歯やブリッジがあると、歯列矯正ができるのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。差し歯やブリッジがあっても矯正治療は可能なのか、またどのような影響があるのかについてご紹介します。

ブリッジや差し歯などの補綴物があっても矯正治療できるのか

ブリッジや差し歯などの補綴物があっても矯正治療できるのか
結論から申しますと、ブリッジや差し歯があっても矯正治療は可能です。神経のない歯を動かすことは可能なのかと思われるかもしれませんが、差し歯は歯の根っこは残っています。歯を動かすためには、歯の周りの組織(歯根膜)などがしっかりしているかどうかが重要となるため、矯正治療を行っても問題はありません。

●ブリッジの場合

ブリッジの場合、状態や治療方針によりブリッジをどうするか変わってきます。と言うのも、治療方針によりブリッジそのものを除去する場合があるからです。他の天然歯同様、ブリッジにもブラケットとワイヤーをつけて歯を動かして歯並びを整えていきますが、歯列矯正を行うことで歯が動き、噛み合わせに変化が生じてしまう場合は、矯正治療終了後に再度ブリッジを作り直すことがあります。
また歯のないダミーの部分をカットすることがあります。このようなケースではダミー部分をカットして矯正治療を行うことで、歯がない部分(支台歯と支台歯の間)の隙間をなくし、歯並びを整えていきます。矯正終了後はブリッジがなくなり、クラウン(被せ)を作ることになります。

●差し歯の場合

差し歯の場合、大きな問題にはなりません。乱れた歯並びに合わせて作られた差し歯の場合、矯正治療終了後に新しい歯を作り直す必要があります。または矯正治療を始める前に差し歯を新しく作り直してから矯正装置を付けて歯並びを整える場合もあります。特に前歯においては、審美要素を重要視し、歯並びとともに保険の差し歯からセラミックへと白く美しい歯に変える場合があります。この場合、先にセラミックに変えてから歯列矯正を始めるか、保険の差し歯を外して一旦仮歯にし、歯列矯正を終えてからセラミックを被せるのか、歯科医師の判断により異なってきます。

いずれにしても、被せ物が入っている場合でも問題とならず、矯正治療を進めることができます。なお、被せ物がセラミックの場合、天然歯に比べて接着力が弱いと言われています。このためセラミックに付けているブラケットが外れることがあります。

このように、差し歯やブリッジが入っている場合でも矯正治療は可能です。矯正治療前に差し歯やブリッジを新しく作り変えるか、矯正治療後なのかは、お口の中の状態や、担当医の判断によります。

矯正治療を始める前に済ませておくこととは

歯並びや噛み合わせに問題があり、歯列矯正を行う必要がある場合、まずは虫歯治療などを事前に済ませておく必要があります。またこれまでに根の治療を行い、差し歯が入っている部分が二次カリエスになっている場合があります。この場合、いちど差し歯を外して内部の虫歯をきれいに治しておきます。このように、矯正治療を始める前に虫歯治療を済ませておいてから矯正治療を始めます。

差し歯やブリッジが入っている場合の矯正方法

差し歯やブリッジが入っている場合の矯正方法
差し歯およびブリッジが入った状態で歯列矯正を進める場合、ブラケットとワイヤー矯正が一般的です。しかし、最近ではインビザラインやアソアライナーなどといった、マウスピース矯正を選択する方が増えてきています。マウスピース矯正は噛み合わせもしっかりと考えられた治療法です。またブラケット治療に比べ、口腔内の衛生管理が行いやすいこともメリットです。ブラケットの周りについた汚れは取りにくい上、ワイヤーが通っていることでフロスが非常に通しにくいことから、汚れが残りがちになります。そのため矯正期間中は虫歯リスクが高くなってしまいます。一方マウスピース矯正の場合、取り外し式のため衛生管理が行いやすく、虫歯リスクはブラケット治療に比べて低い傾向にあります。とは言うものの、歯と歯が重なっている部分などは特にプラークが残りやすいため、しっかりとした歯みがきが必要です。
マウスピース矯正は、ステップに応じて何度か型取りを行い、新しいマウスピースに交換しながら少しずつ歯を動かしていきます。目立たず矯正治療を進めたい場合は、裏側矯正もありますが、マウスピース矯正と比べて矯正装置の不快感が強いと感じるかもしれません。また費用も裏側矯正の方が高くなります。ブラケット矯正に比べてマウスピース矯正は治療期間が長くなりますが、目立たず矯正治療を行いたい方、費用を抑えたいという方にマウスピース矯正は適しているでしょう。

差し歯を長持ちさせるためには

ご紹介したとおり、差し歯があっても歯列矯正を行うことはできます。しかし、差し歯に問題が出てしまうと、せっかく行った歯列矯正が台無しになってしまいます。差し歯を長持ちさせることは、他の歯も大切にすることにも繋がります。

●フロスを使い二次カリエスにならないようにする

差し歯は神経を取った歯に被せる被せ物です。一度治療した歯が再び虫歯になることを二次カリエスと言いますが、神経を取った歯は痛みを感じないまま虫歯が進行します。自覚症状がないまま虫歯が進行すると、差し歯が合わなくなり、動いてしまうなどの不具合が出てきます。そして二次カリエスになってしまうと、差し歯を外して内部の虫歯を治療しなければいけないため、手間と費用がかかります。一度虫歯治療を行った歯は、必ずと言っていいほど二次カリエスのリスクが高まります。二次カリエスにならないためにはプラークを溜めないことです。そのためにも、デンタルフロスを使って、歯と歯の間の汚れをしっかりと取り除くことが、差し歯を長持ちさせる秘訣です。

●土台を金属ではなく、グラスファイバーコアにする

差し歯を被せるためには土台が必要ですが、その土台を金属素材のものにすると、歯の根が割れてしまうことがあります。金属素材は強度が強すぎるため、歯の根にかかる負担が大きくなってしまいます。一方グラスファイバーコアはしなやかで、強度が歯とほぼ同様であることから歯の根に対するダメージが少なく、歯が割れにくいという特徴があります。歯や歯の根が割れてしまうと、ほとんどの場合抜歯になります。

●虫歯や歯周病にならないよう、定期的なメンテナンスを受ける

矯正治療を行った歯とともに、差し歯を長持ちさせる一番の秘訣は、定期的なメンテナンスです。家庭でのケアだけでなく、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが、健康な歯や差し歯を長持ちさせる最も効果的な方法です。

マウスピース矯正で理想的な歯並びと噛み合わせを

マウスピース矯正は、差し歯やブリッジが入っていても治療ができます。治療の過程はそれぞれの状態により相違があるため、担当医とよく相談し、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^