矯正コラム

歯並びが悪いと太る!?なかなか痩せない方におすすめのマウスピース矯正

2017年09月20日 (水)

「歯並びが悪いと太る」という話は本当なのでしょうか。実は、歯並びが悪いということが引き金となって起こる弊害のひとつに「肥満」が関係しているというのです。では「歯並びを治せば痩せることができるの」と思ってしまいます。矯正することでのダイエットは可能なのでしょうか。

今回は、もしかすると歯並びが悪いことが痩せにくい体質を作ってしまっているかもしれないということや、関連する「食事を噛む」ということに関してもお話ししたいと思います。

歯並びが悪いと太るのは本当!?

歯並びが悪いと太るのは本当!?
歯並びが悪いからといって、誰でも肥満になるというわけではありません。しかし噛み合わせが悪いことが起因して肥満になりやすいという要素は持っていることになります。
実は「食物を上手に噛めないまま飲み込む」ということに大きなポイントがあるようなのです。

●歯並びが悪いと上手に噛めない?

「正しい歯並び」というのは、単に歯の並びが揃っているだけではなく、上下左右の歯と歯の噛み合う場所が決まっています。歯並びが悪いと、どうしても噛み合わせにもズレが生じてしまいます。噛み合わせが合っていないと歯がそれぞれの機能を発揮することができず、食事をしても上手く噛むことが難しくなるのです。

●知らないうちに早食いしてしまっている

そうして、十分に噛み砕かれないまま無理に飲み込むクセがついてしまうと、自分では気付かないうちに「早食いしてしまっている」ということになってしまいます。早食いは脳の満腹中枢に指令が届かず、いつまでも満腹感が得られません。そのため、つい大食いしてしまいます。その結果が肥満に繋がり、「あまり食べてないのに痩せない」ということが起こってしまうのです。

●消化吸収作用がうまく働かない

また、十分噛み砕かれないまま飲み込まれた食物は、消化吸収作用が思うように働きません。そこで胃腸への負担も大きくなってしまいます。こうして消化吸収が障害されることによって、さらに肥満を加速させてしまう事態を招くことにもなるのです。

●うまく噛めるようになれば太らないのか?

なかなか痩せないことが「歯並びが悪くてうまく噛めていないことが関係している」と思い当たる方は、歯列矯正することでよく噛める歯並びにすることもよいでしょう。噛めないことによる負のサイクルが改善されれば、自然と太りやすいサイクルからも改善されるかもしれません。

歯並びが整えば噛めるようになるの?

「歯並びは綺麗なのにうまく噛めない」という方もいます。実は歯が綺麗に並んでいても、噛み合わせがずれていたら正常な歯並びとは言えません。「綺麗な歯並びイコール正しい噛み合わせ」ではないのです。

●歯並びは綺麗に見える

歯列は上下左右できちんと噛み合う場所が決まっています。見た目上の並びはきれいでも、噛み合う点がずれていると歯の持っている機能が上手に働かないため、うまく噛めないまま食べ物を飲み込むというようなことが起こります。見た目は綺麗な歯並びでも、実はきちんと噛めていない歯並びがあり得るということなのです。

●噛み合わせがずれていることで別の弊害も

また、噛み合わせのずれがあると噛む筋肉のバランスが崩れます。一部に強い力が掛かってしまうことで、くいしばりや頭痛を招くこともあります。また、上顎骨に力がかかることで鼻閉感の原因となることもあります。このように、噛み合わせのずれはさまざまな弊害を招くことになってしまうのです。

●歯並びだけではなくお口周辺の筋肉も鍛えましょう

お口周辺の筋肉が弱いと舌の位置が下がってしまいます。これにより顔の骨格や歯並びの発育状態にも影響します。このことが原因で歯並びが悪くなることもあります。また、せっかく矯正していても、筋肉が弱いことでの影響が矯正の動きを邪魔してしまい、なかなか結果が出ない場合もあります。ですから、歯並びや噛み合わせの矯正と併せて、お口周辺の筋肉も発育訓練が必要になるのです。

原因がわからない肥満に「マウスピース矯正」を試してみましょう

原因がわからない肥満に「マウスピース矯正」を試してみましょう
マウスピース矯正は、比較的簡単な歯並びを整えていく矯正などに用いられる方法です。
歯並びが悪いことで食事中正しく噛むことができず、満腹感を感じないことから食べ過ぎてしまうなどを招いているかもしれないとお悩みであれば、簡単な矯正法を試して見られるのも方法のひとつでしょう。

●マウスピース矯正とは

透明のマウスピースをお口に合わせて作製し、約2週間に1回新しいものに交換しながら動かしたい部分に圧力を加えて動かす矯正法です。
1日20時間以上装着したままにはなりますが、透明で矯正していることが目立ちにくいメリットがあります。また、ブラケットやワイヤーを使った矯正のように装着したままではなく取り外しも可能です。

●誰でも使用可能なの?

マウスピースを装着しておくだけですので、他の矯正法と比べて手軽な矯正法のように感じます。しかし、この方法は歯を抜いてスペースを作ったり顎を広げたりというような過程の必要ない比較的簡単な症状でないと適応しない場合が多いのです。また、おこなうことでダイエット効果があるといったような装置ではありません。あくまでも「噛み合わせと食べ物をしっかり噛む」という事が大切なのです。

●食事中にしっかり「噛む」ことを意識することを心掛けましょう

脳の視床下部にある満腹中枢を刺激することで、人は食べることに満足し抑制する事ができます。満腹中枢は胃の中にある程度の量の食べ物が入ることの他に、血糖が上がることでも刺激されます。

食べ物をしっかり噛むことで唾液が分泌し、デンプンを糖に分解して満腹中枢を刺激します。少量でもよく噛めばお腹いっぱいになったと感じることができるのです。少なくても1口30回噛むことを心掛けましょう。続けていると少しの量でも満腹感を感じることができるようになります。

まとめ

あまり食べないのに痩せられないという人の原因のひとつには、もしかすると歯並びが悪いことによる早食いや消化不良が関係しているかもしれません。だからといって歯並びを整えただけではお口の機能が不良なままになるため意味が無いのです。

単に前歯をきれいに並べるという矯正ではなく、正しい噛み合わせに誘導できる方法で且つ取り入れやすい方法がよいでしょう。マウスピース矯正もおすすめですが、まずは自身に合った矯正法であるかどうか歯科医院で相談してみましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^