矯正コラム

マウスピース矯正着用期間終了後の保定期間とは

2017年11月12日 (日)

従来の矯正治療では、矯正装置を外したあと保定装置を装着しますが、マウスピース矯正後もこの保定装置を装着します。マウスピース矯正後の保定期間と、保定装置が必要な理由についてご説明します。

矯正治療後は保定期間が始まります

矯正治療後は保定期間が始まります

歯がきれいに並び、噛み合わせにも問題がないことを確認したあとは、一定期間の間、保定装置(リテーナー)を装着して歯並びの後戻りを防ぐ「保定期間」に入ります。やっと矯正装置を外すことができた、これでストレスのない生活を送ることができると喜んだのも束の間、またお口の中に新たの装置を入れることにガッカリするかもしれません。しかしリテーナーをつけることは、歯並びと噛み合わせを保つ上で欠かすことができないのです。これはワイヤー治療だけでなく、マウスピース矯正でも同じで、きれいになった歯並びを保つために必要な処置なのです。

歯が動く理由と矯正治療後にリテーナーが必要な理由とは

ではなぜ矯正治療後は保定装置が必要なのでしょうか。
リテーナーをつける最大の理由は、歯並びを整えたあとの後戻りを防ぐためです。歯は、自分の力で戻ろうとする力があります。例えば抜歯をしたあとや、虫歯などで歯を失ってしまった場合、そのままにしておくと前後の歯が傾斜し、噛み合わせが変化してしまいます。このように、歯は動く性質があるのです。
特に矯正治療後は歯の根が動きやすい状態のため、装置を外したままにしておくと歯が動いてしまうリスクがあります。きれいに整えた歯並びを理想の位置で維持するために、一定期間はリテーナーをつけて後戻りを防ぐ必要があります。

リテーナーの種類について

リテーナーの種類について

リテーナーには色々な種類があり、取り外しができるものと出来ないものがあります。歯科医院により、取り扱いが異なることがあります。

●ベッグタイプリテーナー(取り外し式)

一般的によく使われている取り外し式のリテーナーです。床矯正の装置と似た形ですが、ネジを巻いて装置を広げる拡大式ではありません。ワイヤーで歯列全体を固定し、裏側はプラスチックのプレートが歯列を押さえる形で歯を固定します。
プラスチック部分は割れやすいため、落としたり衝撃を与えたりしないように注意が必要です。

●ホーレータイプリテーナー(取り外し式)

ベッグタイプと似ていますが、こちらは後戻りしやすい前歯のみワイヤーで固定するタイプです。
なおワイヤー部分が目立ちにくい透明タイプのものもあります。

●クリアリテーナー(取り外し式)

マウスピース矯正と同じような見た目をしているクリアリテーナーは、アクリル樹脂などからできています。透明で目立ちにくいため、リテーナーを入れていることがほとんどわかりません。

●フィックスタイプ(リンガルリテーナー/ 固定式)

取り外しができないリテーナーで、歯の裏側にワイヤーを固定することで、歯の後戻りを防ぎます。保定力は高いですが、ワイヤーを固定するため歯磨きが行ないにくく、プラークや歯石が溜まりやすくなることがデメリットです。

いくつかのリテーナーの種類をご紹介しましたが、取り外し式のリテーナーは、マウスピース矯正と同様、食事と歯磨き以外は装着しておく必要があります。矯正治療ではないため、歯が動く痛みはありません。マウスピース型のリテーナーは、メーカーによりリテーナーが若干硬い場合があります。

マウスピース矯正後の保定期間の必要性について

リテーナーをつけて後戻りを防ぐための保定期間は、ワイヤー矯正だけのものと思われガチかもしれません。しかしマウスピース矯正もワイヤー矯正と同じく、歯が動く仕組みを利用して歯並びを整えるという意味では全く同じです。矯正の治療方法が異なるだけであって、歯並びを整えることも後戻りを防ぐことも同じです。したがって、マウスピース矯正を行ったあとも、リテーナーによる保定期間が必要となります。

マウスピース矯正後の保定期間はどのくらいなのか

マウスピース矯正後の保定期間はどのくらいなのか

では保定期間はどのくらいなのでしょうか。矯正終了後の歯はかなり動きやすい状態であることは、先ほどお話しました。目立たず保定期間を過ごすことを焦点とし、ここではマウスピース型のリテーナーおよび保定期間に定めてお話を進めていきます。基本的に取り外し式のリテーナーは同様に考えてくださって構いません。
保定期間は、個人差がありますが、基本的に矯正期間と同じくらいと考えてよいでしょう。一般的に1年から3年くらいの保定期間を要します。
装着時間は、リテーナーの種類によって若干異なりますが、取り外し式の場合は基本的に食事と歯磨き時以外、ずっとつけたままにしておきます。はじめの1年くらいはほぼつけたままの状態で過ごし、歯科医師の指示の元で、少しずつ装着時間を短くしていきます。

保定期間中もきちんと通院し、歯科医師の指示を守ることが大切

リテーナーをつけている期間も、通院が必要です。歯並びや噛み合わせに問題はないか、きちんと歯が固定しているかどうかなどを確認するとともに、リテーナーの装着時間をも判断します。歯科医師が判断し、一日24時間の装着から徐々に装着時間を短くして最終的
にリテーナーを外すようにします。

気をつけなければいけないことは、歯科医師の指示を守ることと、定期的に通院し、歯並びや噛み合わせのチェックを受けることです。自己判断で勝手にリテーナーを外したり、通院を疎かにしてしまうと、歯の後戻りが起きてせっかくきれいに揃った歯並びや正しい噛み合わせが台無しになってしまいます。このように、保定期間中はとても大切な時期なのです。歯科医師の指示をしっかりと守り、通院を疎かにしないようにすることが美しい歯並びを保つポイントです。リテーナーを外したときが、本当の矯正治療が終了したことになるのです。美しい歯並びを保つためにも、保定期間はとても大切です。

なお保定期間および使用するリテーナーは、矯正歯科や患者様の状態により異なります。詳しいことは、かかりつけの歯科医師にお尋ねください。

まとめ

今回は、保定期間が必要な理由と、リテーナーについてお話をいたしました。
当院では、患者様の歯並びや噛み合わせを第一に考え、最適な治療法を提案しております。また矯正治療が終了した後も、患者様のお口の中の美と健康をサポートいたします。矯正治療や保定期間など、歯並びに関してご不明な点や心配な点は、当院にてご相談ください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^