矯正コラム

歯周病菌もデトックス?オイルプリングの効果

2017年11月26日 (日)

「オイルプリング」をご存知でしょうか。ここ2~3年の間に流行したデトックス効果があるとされるココナッツオイルなどでうがいをすることです。意外に思われるかもしれませんが、オイルでうがいをすることで、全身のデトックスや歯周病予防につながるといわれているのです。

今回は歯科の観点から、「本当にオイルプリングはデトックス効果があるのか」ということや、「お口の状況に合わせて使用すべきか」などを詳しくご紹介します。

「オイルプリング」とは

「オイルプリング」とは

まずは「オイルプリング」についてどのような方法で行うのか。またどのような効果があるのかを詳しくご紹介します。

●「オイルプリング」ってどんなもの?

この健康法はインドの自然療法として最近注目されている「アーユルヴェーダ」の健康法のひとつで、オイルをお口に含んでうがいをするというものです。本場インドではゴマ油でおこなうのが主流ですが、海外セレブやモデルが行っていることで流行したのがヴァージンココナッツオイルを使用する方法です。

●どんな効果があるといわれているの?

「デトックス」とは、体内に溜まった老廃物を体外に排出することをいいます。口の中には300種類以上の細菌が存在し、虫歯や歯周病の原因になったり、体に侵入して病気を引き起こす原因となったりすることがあります。オイルプリングによって、水のうがいでは取り除くことのできない、口の中に常在している悪いウイルスやバクテリアを体外に排出してくれる効果があるといわれています。

●お口からのデトックスは難しいという事実

しかし残念ながら、オイルプリングによるデトックス効果自体医学的根拠はありません。もし口内の細菌をオイルで殺菌したり排出したりすることができたとしても、それがお口全体の細菌を排除したり、全身への影響を予防するほどの効果は無いと考えられます。

オイルプリングがお口の細菌を排出できない理由

オイルプリングによるデトックスに関して、実際はそのようなエビデンスはないとご紹介しましたが、なぜそう言えるのでしょうか。そこで次は、歯科的観点からその根拠を詳しく解説します。

●まずは口内細菌の在りかたを理解しましょう

口の中には確かにさまざまな細菌が存在します。その細菌は口の中でそのまま存在している訳ではなく、汚れの塊である歯垢や歯の表面を覆っているバイオフィルムの内部に存在しています。これらは台所のシンクや排水溝にできるヌメリや水垢に似ていて、洗い流した程度では落ちません。同じように、消毒効果のあるものを使用したとしても、うがいだけで全てに作用して取り除くというのは難しいのです。

●口内細菌はいろいろな場所に潜んでいる

また、口の中の細菌は、歯の露出している部分だけに付いているわけではありません。特に虫歯や歯周病に罹患している人は、歯茎が弱って歯周ポケットが深くなっていることもあります。歯の根っこに沿って歯ぐきの内部にも付着しているため、うがいをした程度では奥深くの細菌までは行き届かないでしょう。もしも、オイルが汚れを絡めて一緒に流す効果が働くとすれば、歯の表面に付着した食べかすなどが主で、隠れた場所に潜む細菌に作用するとは考えにくいのです。

●口内細菌を除去するには歯科医院へ

もし、お口の中の細菌を本当に排除したいとお考えであれば、歯周病予防な治療を積極的におこなっている歯科医院を受診することをおすすめします。どんな細菌が常在しているのか検査ができる歯科医院もありますし、歯科医院でクリーニングを受けたり自宅での清掃法などの指導を受けることができます。

矯正治療をお考えの方もネット上の情報ではなくまず歯科医院へ

矯正治療をお考えの方もネット上の情報ではなくまず歯科医院へ

今回、オイルプリングに関して歯科の見解から考察するにあたり、現代の情報社会において様々な情報が錯綜してしまっているのが現状です。そこでぜひ、歯並びを整える歯列矯正をお考えの方へ知っていただきたい情報をご紹介します。

●虫歯や歯周病があると矯正治療を始めることができません

歯列矯正は圧力をかけることで徐々に根っこから動かします。虫歯や歯周病のまま矯正治療を始めてしまうと、骨の形成がうまくいかず上手に歯を並べることができない場合もあります。

また装置などが邪魔で歯磨きしにくくなるため、虫歯や歯周病を悪化させる原因となってしまう可能性もあり、マウスピース矯正やブリッジによる矯正治療を開始することができません。矯正治療の相談に行く場合、虫歯や歯周病の有無をチェックし、罹患している場合は先に治療を終えてから歯列矯正を始めることになります。進行の度合いが重度の場合、治るまでにかなりの時間を要します。歯列矯正を早く始めたい人や、治療に通う時間が取れない人は、「自宅でケアできないのか」とまずはネットで調べてしまいがちですが、きちんと歯科医師の診察を受けましょう。

●ネットで拡散されている健康記事は慎重に!

スマートフォンの普及により、今やネット上にはさまざまなサイトがあり、解らないことはすぐに検索する人も多いでしょう。しかし、虫歯や歯周病をより早く治したいと考え、自己判断でネットに掲載されている健康法を試すにはリスクがあります。効能や効果には根拠のないものが多く、誤った方法であっても誇張して掲載されていることもあります。しかしその情報のどれが正しくてどれがニセ情報なのかの判断も難しいのが現状です。

●歯列矯正をする場合には歯科医院でメンテナンスを受けましょう

歯列矯正を受けるために自宅でオイルプリングをし、歯周病を改善しようと思ってもなかなか難しいでしょう。歯周病菌は歯周ポケットの奥で繁殖しており、ホームケアでは限界があります。特に歯周病の症状が進行している方や、これから矯正治療を受ける方は、歯周病予防や治療を積極的に行っている歯科医院で専門家による治療や指導を受けることをおすすめします。

まとめ

昨今はさまざまな健康情報も簡単に閲覧できる時代です。しかし情報過多ですから、健康に関する情報は根拠がある情報かどうか気を付けなければなりません。

オイルプリングによるデトックスや歯周病予防に関してはそのようなエビデンスは無く、そもそも口内細菌を万が一オイルで殺菌できても、全身のデトックスにまでつながることは難しいでしょう。また、歯周病の状態によってはマウスピース矯正やブリッジによる矯正が受けられないことがあり、だからといってこういった民間療法に頼るのはおすすめできません。

マウスピース矯正中の歯磨きとしてもおすすめできない方法ですので、矯正中の方は自宅でのケアをかかりつけ矯正歯科にきちんと指導を受けましょう。

歯列矯正に関することでお悩みの方は、ぜひ「銀座矯正歯科」へご相談ください。当院ではデジタル矯正で歯の動きを事前にシミュレーションしてから矯正治療を進められる矯正専門医院です。皆様のお悩みに安心・満足していただける治療をご提供いたします。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^