矯正コラム

子供の負担をできるだけ軽く!「インビザライン」で歯列矯正を始めよう

2017年12月19日 (火)

子供の将来を考え歯科矯正を考えている親御さんは多いのではないでしょうか。しかし、「金属アレルギーが心配…」「スポーツのときに邪魔になるかも…」など様々な悩みから、子供の歯科矯正に踏み切れない親御さんもいらっしゃいますよね。そんな悩みを解決する歯科矯正方法があるんです! その名も「インビザラインティーン」。ご存じない方のために、これからインビザラインティーンの概要やメリットについて詳しく見ていきましょう。

インビザラインティーンってなに?

インビザラインティーンってなに?

インビザラインティーンとは、ワイヤーやブラケット等の金属を使わず取り外し可能なマウスピースを用いる歯科矯正の一種です。
インビザラインティーンのマウスピースは透明なため目立ちません。また、取り外し可能なため歯磨きがしやすく虫歯になりにくいところが従来の歯科矯正とは大きく異なります。

インビザラインティーンのメリット

インビザラインのメリットの1つ目は、目立ちにくいところです。ワイヤーを使った従来の歯科矯正だと、笑った際などにワイヤーが目立ってしまいます。そのため多感な思春期の子供にとっては抵抗感を持ってしまう場合も少なくありません。しかしインビザラインティーンは、透明で目立たないため抵抗感なく装着することができます。

メリットの2つ目としてインビザラインティーンは、取り外し可能なためストレスなく普段通りの食事を楽しむことができます。

メリットの3つ目は、ブラッシング等のお手入れが簡単にできることです。従来の歯科矯正は、ブラッシングが上手くいかず虫歯になってしまうことがありました。しかしインビザラインティーンは、取り外し可能なため簡単にブラッシングができます。そのため歯を清潔な状態を保ちやすいです

メリットの4つ目は、矯正装置が壊れる心配が無いことです。ワイヤーを用いた従来の矯正装置は、壊れやすいため何度も歯科医院にいかなくてはならない手間がありました。インビザラインティーンはマウスピースをはめるだけなので壊れる心配がありません。

メリットの5つ目は、通院回数が少ないことです。インビザラインティーンは、マウスピース10日~2週間に1回、ご自身で新しいものに交換をしながら治療を進めていきます。インビザライン開始時のみはアタッチメントの装着等の調整のために歯医者さんへの通院回数が増えますが、それ以降は2~3か月に一度の通院のみです。そのため習い事や部活動等の予定が入っていて忙しいお子様もスケジュールを崩すことなく治療に専念できますね。

メリットの6つ目は、矯正している間の痛みが少ないことと口内炎になりにくいことです。
そもそも、歯科矯正は歯に力を加えて正しい位置にずらしていくため痛みを伴います。しかし、マウスピースを使用するインビザラインティーンとワイヤー矯正では痛みの度合いが変わってきます。

インビザラインティーンは、0.2mm~0.3mm程度に細かく歯の移動を行えるのに対し、ワイヤー矯正は人の手で調節していくため、細かい調節ができず痛みが出てしまうことも多いです。
また、ワイヤー矯正は、矯正装置が口腔内を傷つけてしまうために口内炎ができやすく痛みに耐えなければならないというデメリットがありました。しかし、インビザラインティーンはマウスピースをはめるだけなので口腔内を傷つける心配がなく口内炎ができません。よってインビザラインティーンは痛みの少ない歯科矯正といえるでしょう。

どんなお子様におすすめ?

どんなお子様におすすめ?

習い事や部活動等で、スポーツや吹奏楽をしているお子様も多いですよね。スポーツをしているお子様の場合、ワイヤー矯正をしたままではスポーツ中に転んだりぶつかったりして口腔内を傷つける心配があります。
また吹奏楽を行っている、お子様は担当している楽器によっては口腔内のワイヤーが邪魔になり集中して演奏に打ち込めない場合もあります。
安全かつ集中して習い事や部活動打ち込むためにもインビザラインティーンをお勧めします。
次に金属アレルギーを持つ、お子様にお勧めです。従来のワイヤー矯正の場合、矯正装置が金属で作られているため金属アレルギーをお持ちの、お子様は歯科矯正を断念せざるを得ませんでした。インビザラインティーンは、金属を使わずマウスピースをはめるだけなので金属アレルギーのお子様でも安心・安全に歯科矯正を行うことができます。

まとめ

ここまで、マウスピース矯正であるインビザラインティーンについて、ご紹介してきました。従来のワイヤー矯正のデメリットから、お子さんの歯科矯正に踏み込めなかった親御さんもいらっしゃったでしょう。しかしインビザラインティーンは、そんなデメリットを打ち消した歯科矯正なのです。お子様の矯正方法にはいろいろな選択肢があることを覚えておきましょう。その中でも、この先、お子さんの歯科矯正を検討するならインビザラインティーンをおすすめします。ぜひとも近い歯医者さんに向かい、話を聞いてみましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^