矯正コラム

クリアライナーとインビザラインの違いは?それぞれのメリットを徹底解説!

2018年01月10日 (水)

歯並びの悪さによる歯列矯正は、一般的に行われるようになってきました。でも、歯列矯正にはたくさんの種類があってどのタイプを選んだらいいのかよくわからない…そう思っている方はとても多いはずです。では、「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」の違いとはご存知でしょうか。ワイヤー矯正というのは金属などで作られた特殊な器具を歯に装着するものです。一方、マウスピース矯正は、透明なマウスピースを歯に装着するものになっています。ワイヤー矯正に比べて、マウスピースのほうが目立たない、という利点があります。では、そのマウスピース矯正にもいくつかの種類がありますが、その中でもお薦めしたい「クリアライナー」と「インビザライン」の違いを解説していきましょう。

そもそもマウスピース矯正にはどんな種類がある?

そもそもマウスピース矯正にはどんな種類がある?
マウスピース矯正には、「インビザライン」、「クリアライナー」、「イークライナー」、「DENマウスピース」、「アクアシステム」、「エシックス」、「オペラグラス」などがあります。通常は1~2種類のマウスピースを使用しますが、時には複数のマウスピースを組み合わせて使うこともあります。どのマウスピースを使うかは、個人差があります。一部の歯だけの矯正の場合や、全体的に歯並びが良くないなど症状によって、使うマウスピースは変わってきます。これらは、歯医者さんの判断の元で、どのマウスピースを使用するか決めていきますが、特に代表的な「インビザライン」と、「クリアライナー」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

「クリアライナー」と、「インビザライン」の違い

両方とも、透明で取り外しの出来るマウスピースになっていて、治療中も周囲から気づかれにくくなっています。取り外しが出来るということは、食事中や、歯を磨くときに外すことが出来て、衛生面でも優れていると言えるでしょう。ワイヤー矯正などは歯ブラシが行き届きにくいために、矯正中に虫歯や歯周病になってしまうケースが多く見られます。その場合は、一旦装置を外し治療をしなければならないので、手間も掛かる上に期間が延びてしまう難点があるのです。その点、取り外しが出来れば、虫歯になる可能性もかなり減少されていきますよね。

●クリアライナー

クリアライナーというのは、主に前歯の歯並びの悪さや、矯正終了後の後戻りが原因でなってしまう、小さなスペースの閉鎖などに適しています。クリアライナーの場合、抜歯が必要な重度の歯並びの悪さや、複雑な歯、上下のあごの大きなズレなどの治療は困難となるでしょう。クリアライナーは日本国内で最も多く歯科医院で使われていて、奥歯に問題のない歯などに適しています。マウスピースを制作する時間が短いため、すぐに治療を始められるのが大きなメリットです。そういった面でも、とても安心だと言えるのではないでしょうか。

●インビザライン

クリアライナーに比べて、インビザラインというのは幅広いケースに対応しています。インビザラインの中にもいくつかの種類があり、部分的な矯正はもちろん、奥歯を含む全体的な矯正、11歳から17歳まで対応出来るものなどがあります。治療の初期段階で交換するマウスピースを制作してしまうので、歯科に通院する手間が省け、忙しい方にはうってつけの矯正方法と言えるでしょう。そして、3Dによるシュミレーションで、治療後の口の中を自分で確認することが出来ます。しかし、こちらも全てのケースに対応しているわけではないので、歯医者さんと相談と検査が必要になります。

どの種類を選べばいい?

どの種類を選べばいい?
やはり、これは歯科に行き歯医者さんと相談することが必要になってきます。まずは、診療し、どの矯正方法が一番適しているのかを調べなければなりません。マウスピース矯正の他にワイヤー矯正などもあり、年齢、歯の生え方、噛み合わせなどをしっかりと調べる必要があります。時にはマウスピース矯正とワイヤー矯正を併用する場合もあります。ただ、インビザラインや、クリアライナーには、他の矯正期間より短く済むというメリットがあり、通院する回数も減ってきます。他の矯正方法よりも、手軽に始められるというのが大きなメリットなのではないでしょうか。

マウスピース矯正を失敗しないために

マウスピース矯正にとって大きなメリットとなる、手軽に外せるということがデメリットに変わるという場合もあります。もちろん歯医者さんの指示にきちんと従って矯正を行えば、何も問題はありません。ただ、慣れないうちはどうしても違和感や痛みを感じることがあるでしょう。その時に一時的に外すことは可能ですが、外している間には効果はありません。取り外せるからといって自分の判断で装着時間を短くしてしまうといつまでも矯正が終わらなくなってしまいます。一日に20時間を目安にきちん装着しましょう。そして定期的に歯科に通院し、医師の指導も守り毎日のケアを行ってくださいね。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

2018年10月27日 (土)

マウスピース矯正は、透明で目立ちにくく、異物感なども比較的少ない矯正治療法ですが、仕事やデートの際など、外したいと思うと ...続きを読む

2018年10月23日 (火)

歯並びはきれいに整えたいけれども、高額な治療費がネックとなって、矯正治療を受けることをためらっている人は沢山いらっしゃい ...続きを読む

2018年10月19日 (金)

原因はよくわからないけれども、長年、頭痛や肩こりが治らないという人は結構いらっしゃいます。病院に行っても、根本的な原因を ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^