矯正コラム

マウスピース矯正を始めてから気になる?口臭の原因と対策は?

2018年02月11日 (日)

歯並びを良くするために、マウスピースで矯正治療をはじめた人の中に「口臭」について気になっている人がいるかもしれません。なぜ、マウスピースを付け始めてから口臭が気になり始めたのか、やはり原因はマウスピースにあるのでは…と推測できるのではないでしょうか。そこで、マウスピース矯正治療中に口臭が悪化する原因とその対策についてみてみましょう。

マウスピース矯正が口臭の原因になる理由は?

マウスピース矯正が口臭の原因になる理由は?
マウスピース矯正を始めてから口臭が悪化する原因は、確かにマウスピースにあるといえます。しかし、厳密にはマウスピースが関わっている事柄が、口臭を悪化させているということは間違えないようにしてください。
マウスピース矯正による口臭悪化でキーワードとなるのは「唾液」です。誰の口の中でも分泌される唾液には、口の中にいる細菌の活動を抑える抗菌作用があります。これにより、私達の歯や歯茎は虫歯や歯周病の脅威から保護されているのです。
なぜマウスピース矯正が唾液と関わるのかと言えば、マウスピースの形状に問題があります。矯正治療用のマウスピースは、患者さんの歯にピッタリとはまるように精巧に作られています。この時、装着した歯の表面には唾液が行き届きません、ピッタリとはまっているマウスピースによってシャットアウトされています。
前述の通り、唾液には抗菌作用があります。抗菌作用が行き届かなくなってしまったマウスピースの内部では、唾液の影響から逃れた細菌たちが容赦なく繁殖しています。マウスピース矯正による口臭は、その内部に唾液の抗菌作用が行き届かず、増殖した細菌の影響です。細菌は糖を分解して臭いの元を作り出しており、これが口臭を悪化させているのです。

マウスピース矯正で悪化する口臭に有効な対策は?

マウスピース矯正を受けている以上、口臭が悪化したからとマウスピースの装着をやめるわけにはいきません。装着時間が短くなってしまえば、十分な矯正効果を得られない可能性があります。マウスピース矯正を継続しながら、マウスピース矯正による口臭悪化に対処するためには、いくつか注意したいポイントがあります。
まず、毎食後の丁寧な歯磨きを心がけましょう。食事する時にはマウスピースを外しますが、食後に歯磨きせずにマウスピースを装着してしまうと余計に細菌の増殖を促してしまうことになります。食後にマウスピースを装着する前には、歯間ブラシなども利用してきちんと歯を磨いてください。
次に、マウスピースの洗浄もこまめに行ってください。歯列矯正におけるマウスピースは短期間で交換するものではありますが、それでも清潔な状態を維持しなければ口臭が悪化することも抑えられません。洗浄の頻度ですが、できれば「毎食後」「就寝前」「起床時」に洗浄することをお勧めします。洗いにくいところは歯ブラシを使い、それ以外の部分については水洗いで十分です。なお、綺麗になるからと歯磨き粉を使用するのはNGです。配合されている研磨成分がマウスピースを傷つける原因になります。

マウスピースの汚れを落とせないときの対処法

マウスピースの汚れを落とせないときの対処法
こまめに洗っていれば水洗いだけでも十分に汚れを落とせます。しかし、洗浄を疎かにしている場合だと、歯ブラシを使っても落とせない汚れが発生しているケースもあります。この場合、そう簡単に汚れは落とせません。そこで活用したいのが「マウスピース洗浄剤」です。マウスピース専用の洗浄剤であり、通常は落とせない汚れも落とすことができる可能性があります。これを使っても落とせない場合は歯医者さんで相談してください。

気にすべき口臭とそうでない口臭

口臭には、「気にすべき口臭」と「気にすべきでない口臭」があります。マウスピース矯正を続けるに当たっては、これらの口臭の違いについて理解しておくことも重要です。
まず、気にすべき口臭は「病的口臭」と言います。文字通り、何らかの病気を原因として発生している口臭です。考えられる病気でよく見られるのは歯周病です。細菌が繁殖し、進行すると膿が出るようになります。この膿が特に口臭の原因になります。重度の歯周病は歯が抜ける原因になりますので、早めに治療を受ける必要があります。
次に考えられるのは虫歯です。これも膿が出るため、口臭の原因となります。歯周病にしても虫歯にしても、歯医者さんの治療の範囲内です。
しかし、これらを原因としない病的口臭もあります。例えば「糖尿病」「腎臓病」「胃腸機能の低下」といった原因です。病的口臭というだけあって、その全てが病院での治療の対象となります。
気にする必要がない口臭は「生理的口臭」です。例えば、みなさんも朝起きたときは口が臭くなっていませんか?あれも生理的口臭の一環でありその原因は就寝中の唾液分泌量の低下による細菌増殖が主な原因です。他にも、病気を原因とせず一時的に唾液が不足することで口臭が悪化することがあります。しかし一時的なものであり、治療の必要性は基本的にないでしょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^