矯正コラム

すきっ歯になってしまう意外な原因。マウスピースで矯正しよう

2018年03月7日 (水)

「すきっ歯をなんとかしたい!」そう思っている方にとって、最適な治療方法とはどのようなものなのでしょうか。前歯にだけ隙間が空いてしまっている、全体的に隙間があるなど様々な症状があるかと思いますが、すきっ歯になってしまうのには意外な原因があるのです。すきっ歯は、治療せずに過ごしてしまうと生活に大きな影響を与えてしまうこともあります。では、その意外な原因と生活に与える影響、そして最適な治療法を解説いたしましょう。

すきっ歯の原因

すきっ歯の原因

すきっ歯になってしまう原因は、遺伝的なものが一番多いと言われています。歯に対して顎が大きすぎる、顎に対して歯が小さすぎるなど顎と歯のバランスの悪さから、歯の間に隙間ができてしまうのです。また、生えてくるはずの歯が生えてこなかったりすると、歯の間に隙間ができてしまいますね。しかし遺伝だけではなく、生活習慣が原因になっていることも大いにありえます。むし歯で歯を失いそのまま放置してしまえば、当然そこに隙間ができて、他の歯も次第に広がっていってしまいます。また、歯周病で歯茎が下がってしまえば、歯に隙間が生じてしまいます。頻繁に頬杖をつく癖がある場合も注意が必要です。そして、口を開けたままの方に多いのが、舌で歯を押し出してしまうという癖です。これをずっと続けていることによって、出っ歯やすきっ歯の原因を作ってしまうのです。すきっ歯というのは放置しておくと、年々酷くなっていく傾向にあります。それは、加齢により歯茎が下がり、その分歯の隙間が広くなってしまうということが原因です。また、歯ぎしりや、歯に掛かる力が強すぎるといったことも原因になります。

生活へ与える影響とは

顔の印象というものは、歯によって大きく異なるものです。特に、前歯に隙間が空いていると目立ってしまい、コンプレックを感じてしまうという方も多いでしょう。しかし、すきっ歯というのは、前歯だけでなく、奥歯や、歯全体においても体に様々な影響を与えているのです。

●顎関節症

すきっ歯を放置しておくと、噛み合わせの悪さから「顎関節症」を引き起こしてしまうことがあります。顎の痛みや口が開かなくなる、顎が外れたりするなどの症状があり、酷くなれば顎周辺だけでなく全身の様々な部位に痛みが出ることがあります。

●むし歯や歯周病

隙間に食べカスが詰まりやすいことから、細菌が繁殖し、むし歯や歯周病になる可能性が高くなります。

●発音がしにくい

歯の間に隙間があると息が漏れ、発音が不明瞭になってしまいます。サ行やタ行が特に喋りづらいようです。

すきっ歯の治療方法とは

すきっ歯の治療方法とは

すきっ歯の治療法には、いくつかの種類があります。出来ることなら歯医者さんには行かず、自力で治したいと考えている方も多いかもしれませんが、基本的は自力ですきっ歯を治すというのは難しいと言えるでしょう。

●ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングというのは、歯と歯の隙間をプラスチックで埋めていく方法です。元の歯はそのままで、治療は一回で済むのでとても手軽に行える治療法です。そして、むし歯の治療と一緒に行う場合は、健康保険が使えるというメリットがあります。ただ、使用する素材がプラスチックなので欠損しやすく、数年後に変色してくる可能性もありますが、やり直しもすぐに行うことができます。

●ラミネートべニア

歯の表面を軽く削って、表面にセラミックを張り付けるという治療法です。プラスチックよりも耐久性に優れ、歯の表面をセラミックで覆うために、色や形を整えることが可能です。プラスチックと違って変色しないため、審美的には優れています。しかし、健康な歯を削るということと、数回通院する必要がある、健康保険が適応されないというようなデメリットが存在します。

●マウスピース矯正

透明のマウスピースを使用して、歯の矯正を行っていきます。矯正というと、金属を歯に装着するというようなイメージがあると思いますが、マウスピース矯正では歯の移動の進み具合に応じてマウスピースを交換していきます。自分の歯を移動して矯正を行っていくために、期間は長くなってしまいますが、透明なので目立たないというようなメリットがあります。また、部分矯正ですと、装置をコンパクトにして治療期間を短くするといったことも可能でしょう。

●ワイヤー矯正

これはブラケットという金属を歯に装着し、ワイヤーで力を加えて歯を動かしていくという方法です。装置は自分では取り外すことが出来ないので、食事に制限が掛かったり、歯磨きがしにくいなどのデメリットがあります。歯を削らなくて済むことと、大きな隙間にも対応が可能です。

健康な歯を削るということ

なるべくなら健康な歯は残しておきたいものですよね。歯を削ったことにより、知覚過敏などを起こしてしまう可能性も考えられます。マウスピース矯正であれば、透明なので目立たないということと、食事のときには取り外すことが可能なので食事にも制限が掛かりません。今、すきっ歯を治療したいと考えている方は、一度検討してみてはいかかでしょうか。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^