矯正コラム

マウスピース矯正器具を清潔に保つためのお手入れ方法

2018年03月15日 (木)

マウスピース矯正というのは、他の矯正装置に比べて取り外しができるということから、とても気軽に行える矯正方法となっています。しかし、その手軽さからついつい日々のお手入れを怠ってしまうということがあるかもしれません。そうなれば、口の中は清潔を保てず、細菌が増殖しむし歯を引き起こす原因を作り出してしまうでしょう。また、間違ったお手入れ方法で装置を破損させてしまえば、新たに作り直す手間から矯正の期間が伸びてしまうことも考えられます。そうなってしまわないように、今回はお手入れの方法をしっかりと解説していきましょう。

間違ったお手入れをするとどうなる?

間違ったお手入れをするとどうなる?

これは他の矯正装置にも言えることですが、お口の中に長時間装着し続けなければならないマウスピースは、お手入れを怠れば細菌が繁殖してしまい、むし歯を引き起こす原因となってしまいます。また、歯磨きはマウスピースを外して行う必要がありますが、装着中は歯を守ってくれる役割のある唾液が流れにくくなっているので、装着していないときと比べむし歯のリスクが高まってしまうのです。取り外しのできないブランケット矯正などに比べると格段にケアが楽なため、つい油断をしてしまうことがあるかもしれません。歯だけではなくマウスピースにも注意を向けることは、矯正を続けるにあたりとても大切なことです。そして、気を付けなければならないのは、破損したまま装着を続けていると、口の中を怪我してしまう可能性があるということです。破損してしまった場合は、すぐに歯医者さんに相談をして、新たにマウスピースを作製する必要があるでしょう。

食事や飲み物を飲む際の注意点

マウスピースの使用法は、まず、食事のときには絶対に外すということです。装着したまま食事をしてしまうとマウスピースの間に様々な食材が入りこみ、その食材によってマウスピースが汚れ、着色してしまいます。そして、そのままの状態にしていれば、細菌が繁殖し、匂いやむし歯の原因となってしまうでしょう。考えただけで酷い状態ですね。そのようなことをなんども繰り返しているうちに、マウスピースの着色が酷くなり、洗浄しても色が落ちなくなってしまいます。また、飲み物を飲む際の注意点としては、コーヒーや赤ワインなどマウスピースが着色するものや、糖分のある清涼飲料水はむし歯のリスクを高めてしまうので外してから飲む必要があります。水はマウスピースを外す必要はありません。せっかく取り外し可能な矯正装置を選んだのですから、食事の際には外し、飲み物にも注意をしていきましょう。

正しいお手入れ方法とは?

正しいお手入れ方法とは?

マウスピースのお手入れ方法は、基本的に歯磨きと同様に歯ブラシと歯磨き粉を使って行う場合が多いですが、メーカーによって若干異なることがあるようです。また、研磨剤配合の歯磨き粉を使用し歯ブラシで強くこすると、表面に細かい傷を作ってしまい、そこから菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのことから、口臭の原因やむし歯の原因になってしまう場合がありますので注意しましょう。一般的なお手入れの方法としては、洗浄するときは取り外し、力を入れ過ぎずに弱い力でゆっくりと磨くことを心掛けてくだい。また、熱いお湯などを使用すると変形してしまう恐れがありますので、ぬるま湯を使って洗い流すことが大切です。また、マウスピースには専用のクリーニング剤もあり、通常の洗浄に加えて専用のクリーニング剤を使用することで、より清潔に保つことが可能です。これは、かかりつけの歯医者さんに相談をして購入し、指示通りの洗浄を行いましょう。また、マウスピースを外したら専用のケースにしまう癖をつけましょう。ケースにしまうことで埃がついてしまったり、破損や紛失してしまったりというようなリスクが防げます。マウスピースは口に入れるものなので、衛生状態に気を配り清潔なものを使用することが大切です。

マウスピース矯正を成功させるために

上記でもお伝えしたとおり、食事の際には外し飲み物にも気を付ける、そして、正しい方法でお手入れを行っていくというのはマウスピース矯正を成功させるためにとても重要なことです。ご自身で取り外しができるという気楽さから、ついつい外している時間が長くなってしまうかもしれませんが、マウスピース矯正というのは1日に20時間装着する必要があります。それを怠ってしまえば、当然矯正のスピードは遅れ、場合によっては矯正が失敗に終わってしまうことも考えられます。ですので、しっかりと装着時間を守り上記の注意点に気を付けながらマウスピース矯正を続けていきましょう。矯正中というのは、なにかとストレスを感じやすくなってしまうものです。しかし、好きなものを食べられるという楽しみはなにものにも代えがたいものです。食事のときは取り外し、好きな食べ物や飲み物を大いに楽しみ、装置を装着している間は水を飲んで過ごすなど、メリハリを付けて生活することで、少しでもストレスを和らげていきましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

2018年10月27日 (土)

マウスピース矯正は、透明で目立ちにくく、異物感なども比較的少ない矯正治療法ですが、仕事やデートの際など、外したいと思うと ...続きを読む

2018年10月23日 (火)

歯並びはきれいに整えたいけれども、高額な治療費がネックとなって、矯正治療を受けることをためらっている人は沢山いらっしゃい ...続きを読む

2018年10月19日 (金)

原因はよくわからないけれども、長年、頭痛や肩こりが治らないという人は結構いらっしゃいます。病院に行っても、根本的な原因を ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^