矯正コラム

マウスピース矯正後の後戻りを防ぐ!リテーナーの重要性

2018年03月19日 (月)

綺麗な歯並びを手にするための歯列矯正ですが、矯正装置で歯を動かすことが終わったとしても、それで治療が完了というわけではありません。矯正装置を外すと、歯は自力で元の状態に戻ろうとします。そのまま放置してしまうと、せっかく行った歯列矯正が台無しになってしまうのです。綺麗な状態を維持していくためには、歯が完全に安定した状態になるまで保定装置である「リテーナー」を装着して過ごす必要があります。これは、マウスピース矯正だけでなく、どんな矯正にも同じことが言えます。では、今回は「リテーナー」について、詳しくお話しましょう。

どうして「後戻り」をしてしまうのか

どうして「後戻り」をしてしまうのか

歯列矯正というのは、矯正装置を装着し歯に力を加えることで、徐々に歯を動かして歯並びを整えていくというものです。しかし、矯正装置を外すとその力から解放されるために、歯が元の位置に戻ろうとしてしまうことがあります。また、唇を強く噛む癖や舌で歯を押す癖があると、せっかく整えた歯並びは再び乱れてしまうことになります。歯が移動するときには、進行方向の歯を支える顎の骨が溶け、動いた後に骨が再生されていきます。そのために、歯が「後戻り」をしてしまわないようにするに、装置を外した後も「保定期間」といって、「リテーナー」を装着する必要があります。そうすることで、顎の骨や歯茎の内部の繊維などを安定させ、綺麗な歯並びを維持していくことが可能になってくるのです。

「リテーナー」ってどんなもの?

保定期間には、歯並びに合わせた「リテーナー」を装着しますが、リテーナーにもいくつかの種類があるので、詳しく解説していきましょう。

●床タイプ

歯の表面をワイヤーで固定し、内側にはプラスチックのプレートがついているというものです。取り外しが簡単なので、食事の時には外すことが可能です。また、歯磨きもしやすいというメリットがあります。しかし、口を開けたときにワイヤーが目立ってしまうために、審美的な面を気にする方には適していないと言えるでしょう。

●ワイヤータイプ

歯の裏に細いワイヤーを装着し固定します。そのために、取り外しが出来ないということから、むし歯や歯周病を防ぐために日ごろのお手入れをしっかり行うことや、定期的な歯医者さんでのクリーニングが必要となるでしょう。しかし、このタイプは、コンパクトで噛み合わせや発音にも違和感がなく、目立たないというメリットが存在します。審美的な面を気にされる方に適しています。

●マウスピースタイプ

歯や歯茎を透明なマウスピースですべて覆うタイプのリテーナーです。プラスチックでできているために、強度はあまりありませんが、透明なので目立ちにくいというメリットがあります。こちらも取り外しが可能になっていますので、食事などもしやすく、歯磨きもしやすいでしょう。

期間はどのくらい必要?

期間はどのくらい必要?

一般的に保定期間というものは、矯正に掛かった時間と同じくらいと考えてください。矯正を1年掛けて行ったという方は、1年掛けて保定します。そして、矯正装置を外してから約半年から1年は、とても歯が動きやすい状態にありますので、床タイプやマウスピースタイプのように取り外しができるリテーナーの場合でも、食事や歯磨きのとき以外は、常にリテーナーを装着する必要があります。しかし、時間が経つにつれて歯は安定してきますので、装着する時間を徐々に減らしていうことになります。もちろん、これは歯医者さんの検査を定期的に受け、指示に従って行っていってください。

リテーナーを装着することでどんなメリットが?

保定期間にリテーナーを装着することには、もちろん後戻りを防ぐという大切な役割があります。しかしそれだけではなく、他にもリテーナーを装着するメリットというものが存在します。それは「治療の期間を短縮する」というものです。リテーナーを使用しない場合は、矯正の治療の期間は2倍になってしまう可能性があります。また、リテーナーは矯正装置に比べて、細かく歯を移動させることができるため、噛み合わせを整えるという役割も担っています。矯正装置だけでは、噛み合わせが上手くいかない場合もあるので、リテーナーで細かい調整を行っていくことが必要になってきます。ということは、保定期間にリテーナーを付けないで過ごしてしまうということは、矯正の治療自体、中途半端に終わらせてしまうということなのです。後戻りを防ぎ、歯の噛み合わせを整えるために、しっかりと保定期間を過ごしていきましょう。

リテーナーを使用する際の注意点

取り外しが可能なタイプのリテーナーというのは、食事や歯磨きに負担が掛からないという反面、その手軽さからついつい装着する時間を短くしてしまいがちです。歯医者さんの指示通りの装着時間を守らなければ、効果が半減してしまうので注意しなければなりません。また、リテーナーは、矯正と同様、装置の定期的なお手入れが必要です。むし歯や歯周病を防ぐために、しっかりとお手入れを行ってください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

2018年10月27日 (土)

マウスピース矯正は、透明で目立ちにくく、異物感なども比較的少ない矯正治療法ですが、仕事やデートの際など、外したいと思うと ...続きを読む

2018年10月23日 (火)

歯並びはきれいに整えたいけれども、高額な治療費がネックとなって、矯正治療を受けることをためらっている人は沢山いらっしゃい ...続きを読む

2018年10月19日 (金)

原因はよくわからないけれども、長年、頭痛や肩こりが治らないという人は結構いらっしゃいます。病院に行っても、根本的な原因を ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^