矯正コラム

虫歯があってもマウスピース矯正はできる?治療の順番

2018年03月27日 (火)

綺麗な歯並びを手に入れたい方にとって、痛みや違和感が少なく、透明で周囲から気づかれにくいマウスピース矯正というのは、とても手軽に治療を始めることのできる矯正方法と言えます。しかし、虫歯がある場合には虫歯の治療を優先させる必要があります。虫歯を治療すればマウスピース矯正を行うことは可能です。綺麗な歯並びを手にするためには、まず虫歯を治療して、見た目だけでなく歯の健康も取り戻していきましょう。

矯正前に虫歯を治療する理由

矯正前に虫歯を治療する理由

どのような部位に虫歯があったとしても、まず虫歯を治療してから矯正を始める必要があります。マウスピース矯正はブランケット矯正などとは違い、歯磨きのときには取り外しができることから、磨き残しなどの心配は少なくなります。しかし、マウスピースを装着していると、口の中を守る役割のある唾液の循環が悪くなってしまうために、虫歯になる可能性がとても高いと言えます。細菌が増殖しやすく、ただでさえ、虫歯になりやすい環境ですので、治療していない歯があれば、その虫歯はどんどん進行してしまい、ひどい状態になってしまうことも考えられます。ただし、歯並びを整えるために抜歯をするような予定の歯は治療をする必要はありません。しかし、痛みが酷いようなら先に抜歯をすることも可能です。そして、被せものをする場合は、一時的に仮止めをして矯正後にかみ合わせなどを調節しながら被せものをする、という流れになります。矯正を行うと歯が動いてしまうので、先に被せものをするとズレてしまう可能性が高いからです。しかし、さまざまなケースがありますので、歯医者さんとしっかりと相談をして治療を進めていってください。

矯正中にむし歯ができたら

矯正中は、歯と歯の間に小さい虫歯ができたりしても、レントゲンには映らないという可能性もあります。しかし、歯が動くにしたがって虫歯が見えてくれば、矯正の途中でも虫歯の治療に当たらなくてはなりません。放置すれば虫歯は広がり、歯へダメージだけではなく、被せものをすることになった場合にはマウスピースが合わなくなってしまう可能性も考えられます。そうなってしまえば、マウスピースを新たに作製しなおすことになってしまい、余計に手間や時間が掛かってしまうことになります。また、矯正中は歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなどを使って歯と歯の間の汚れをしっかりと落とす必要があります。歯磨き後にはマウスウオッシュを使うと虫歯予防だけではなく、歯周病や口内炎なども防いでくれるでしょう。また、マウスピースを清潔に保つこともとても大切です。マウスピースを洗浄する際は、破損を避けるために力を入れ過ぎず丁寧に磨き、ぬるめのお湯で洗い流しましょう。熱いお湯をかけると変形してしまう恐れがあります。専用のクリーナーを使うとさらに効果的です。マウスピースの洗浄の仕方や、正しい歯磨きの方法は、矯正を行っていく際に歯医者さんからの指導が必ずありますのでしっかりと守り、虫歯を防いでくださいね。

他の矯正方法との比較

他の矯正方法との比較

どの矯正方法でも、先に虫歯の治療を行っていく必要があります。一般的なブランケット矯正と比べると、マウスピース矯正は取り外しが可能なために虫歯にはなりにくいというメリットがあります。ブランケット矯正とは、歯にブランケットという装置を装着して、ワイヤーで繋ぐというものですが、取り外しができないために歯ブラシが行き届かずに、虫歯になってしまう場合が見られます。もちろん、虫歯になってしまえば装置を取り外し先に虫歯の治療をする必要があるので、その分、治療の期間は長引いてしまうでしょう。その点、マウスピース矯正であれば、ご自身での取り外しが可能なため、いつも通り歯を磨くことも可能ですし、マウスピースも清潔に保つことができるのです。

差し歯がある場合は矯正できる?

差し歯やブリッジがあるような場合でも、矯正は可能です。ブリッジの場合は歯の状態や治療の方針によってどうするかは変わってきます。治療方針によってはブリッジを除去する必要があります。付けたままで矯正を行うと、歯が動き噛み合わせに変化が生じてしまうために、矯正終了後に再びブリッジを作り直す必要があるためです。差し歯の場合は、乱れた状態の歯並びに合わせて作られた差し歯を、矯正治療後に作り直すか、治療を始める前に差し歯を作り直して矯正を行っていく場合があります。これも、かかりつけの歯医者さんによって治療法が変わってきますので、よく相談をして治療していきましょう。また、歯根を失い差し歯にしている場合は、差し歯の入っている箇所が、むし歯になっている可能性もあります。その場合は1度、差し歯を外して内部を綺麗にしてから治療を行っていきます。差し歯の箇所が再び虫歯にならないためには、やはりデンタルフロスなどを使用し、歯と歯の間を清潔に保つことがとても重要になるでしょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^