矯正コラム

マウスピース矯正中の歯でもクリーニングできる?意外なメリットとは

2018年04月11日 (水)

必要なときに取り外しができるのがマウスピース矯正です。歯磨きなどの口内ケアをする際も、装置を簡単に取り外すことができ、普段通りに歯を磨くことができるので便利ですよね。一般的な歯列矯正と比べると、ブラケットやワイヤーがない分凹凸がなく、器具が邪魔をして歯ブラシが届かないなんてこともありません。自分自身で口内ケアができるのは大変助かりますが、さらに適切なケアもできるということも知っておいて損はありませんよ。

歯のクリーニングはしていますか?

歯のクリーニングはしていますか?

ブラケットやワイヤーを常に装着している一般的な歯列矯正方法だと、自分で歯を磨くのにも一苦労です。ワイヤーと歯の隙間がなかなか磨きづらかったり、そもそも器具が邪魔をして歯の奥まで歯ブラシが届かないということがあります。そんな時は、歯医者さんで歯のクリーニングをしてケアをするわけですが、マウスピース矯正の方はどうされていますか?歯のクリーニングはしっかりとしていますか?
マウスピース矯正の場合、歯を磨いたりデンタルリンスをする際は、装置を取り外すことができ細かなケアを行うことができますから、いちいち歯医者さんでクリーニングをしなくても良いだろうと考えてしまいがちです。しかし、「しっかり口内ケアができている!」と自信をもって言えるかというと、どうでしょう。ほとんどの方が自信をもってまでは、確実にケアができているとまでは言えないのではないでしょうか。実際、マウスピース矯正中に虫歯になってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。
個人でケアをするにも、素人には限界があるものです。きちんと口内ケアをしようと思うならば、歯医者さんなど専門家に相談したり、実際に口内ケアをしてもらうことが一番です。

マウスピース矯正中でもクリーニングが必要です

クリーニングと聞くと、「そこまでする必要があるの?」と思われるかもしれませんが、取り外しが可能なマウスピース矯正でも、汚れや細菌が溜まってしまうことは十分にあるのです。そして意外にも、毎日歯磨きや口内ケアを丁寧にしていても、虫歯や歯周病にかかってしまう可能性は大いにあります。

●マウスピース矯正の落とし穴

毎食後や就寝前には装置を外してしっかり歯を磨いているという方でも、虫歯や歯周病には注意が必要です。しっかりとケアをしているつもりでも、歯列矯正中とそうでない時では口内の状況はまるで違います。マウスピース矯正の場合、一日のほとんどの時間に装置をつけたままで過ごします。歯の表面は常に装置でおおわれているわけですから、密封状態と同じです。マウスピース矯正中の歯は、唾液に触れることができず、必要なミネラルの吸収もできない状態になってしまいます。この状態が長く続いてしまうと、歯と歯の隙間に歯垢がたまりやすくなり、密封状態のため細菌が増えて虫歯や歯周病を引き起こす可能性が高くなります。虫歯や歯周病の進行に気が付かず、歯医者さんにも行かずに過ごしてしまうと、状態が悪化して大掛かりな治療が必要になる場合もあるのです。
矯正中とそうでない時、あまりケアは変わらないと思いがちですが、装置を装着しているのといないのとでは口内環境はがらりと変わってしまうということは、覚えておきたいですね。
マウスピース矯正は装置の取り外しができますから、歯医者さんで歯の隅々までクリーニングをお願いすることが可能です。自己流の歯磨きでは落としきれない汚れをしっかりと除去してもらえます。また、歯の黄ばみなど色素沈着がきになる方は、着色汚れも改善することができます。歯列矯正治療後に歯が黄ばんでいては残念です。きれいな歯並びを手に入れる前に、歯の表面もきちんときれいにしていきたいものでしょう。クリーニングだけでは落ちない着色汚れに関しては、ホワイトニングを行うことも可能ですので、歯医者さんに相談してみましょう。

定期的に歯のクリーニングをしよう

定期的に歯のクリーニングをしよう

日々しっかりケアができていると思っても、意外と虫歯や歯周病のリスクは潜んでいます。マウスピース矯正だからといって気を抜かずに、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受けましょう。矯正の経過観察時にクリーニングをしてくれる歯医者さんもあれば、お願いする必要があるところもあります。
「そういえば、歯列矯正を始めてからクリーニングをしていないな」と心当たりのある方は、是非とも早い段階でクリーニングを受けてください。
歯列矯正で歯並びをきれいに整えても、虫歯や歯周病になってしまっては、口臭や痛みなど、歯並び以外のところで悩むことになってしまいます。歯並びを整えるならば、同じように口内環境にも気を使い、お口全体を整えたいものです。虫歯がなく、歯周病の心配もなく歯茎の色もきれいであれば、歯列矯正で整えた歯並びも一層魅力的になります。歯並びばかりに気を取られることなく、定期的なクリーニングを通して、お口のトータルケアをしていきましょう。様々な歯のクリーニングができることは、マウスピース矯正の大きなメリットですね。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^