矯正コラム

マウスピースで気になる前歯のみを部分矯正

2018年05月7日 (月)

歯並びが気になる人の中には、ひとまず目立ちやすい前歯だけでも治したいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、歯列矯正には気になる部分だけを治すことができる「部分矯正」という矯正方法があります。部分矯正にもさまざまな種類がありますが、前歯の歯列矯正に向いているのがマウスピースを使った部分矯正です。そこで今回は、マウスピースを使った前歯の部分矯正について解説します。

前歯の部分矯正をするならマウスピース矯正がおすすめ

前歯の部分矯正をするならマウスピース矯正がおすすめ

「部分矯正」とは、気になる部分の歯並びだけを治す矯正方法です。全体矯正とは違って、気になる歯だけを移動させるので、治療期間が短くなるだけでなく費用も安くなります。結婚式の前に歯並びを治しておきたいなど、短期間で歯並びを治したい場合に向いている矯正方法と言えるでしょう。
部分矯正の中でも多いのが、前歯の矯正です。前歯の歯並びが悪いと、人と話す時や写真を撮る時に、どうしても目立ってしまいます。そのため、見た目だけでもよくしたいと部分矯正での治療を希望する人も増えてきています。
そんな見た目を気にしている人にとって、ワイヤー矯正のように目立つ矯正器具を使うことは、「見た目を治すために目立つ装置を付けなくてはいけないなんて」とストレスを感じることもあるのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、「マウスピース矯正」です。
マウスピース矯正では、自分の歯に合わせたマウスピースを使用します。このマウスピースは薄くて透明な素材でできているため、付けていることが周りの人に気付かれることはまずありません。そのため、見た目が気になる前歯を治したいと思っている人にはぴったりの矯正方法と言えます。
また、付け外しが簡単にできるので、歯磨きの邪魔になることもありません。そのため、歯周病や虫歯になる可能性が低くなります。TPOに応じて外すことができるのも、マウスピース矯正の魅力の1つと言えるでしょう。

前歯だけを動かす部分矯正が向かない場合もある

マウスピース矯正は、基本的に軽度の歯列矯正に向いています。なぜなら、1度つけたら外せないワイヤー矯正に比べると、矯正力はあまり大きくないからです。そのため、前歯が重なり合って歯を抜かないと矯正ができない場合や、歯があちこちを向いている場合には、マウスピース矯正ではなくワイヤー矯正を勧められることが多くなるでしょう。
また、あごの骨格や噛み合わせに問題がある場合には、部分矯正では治せないため、全体矯正の適応となります。
実際に部分矯正やマウスピース矯正が行えるかどうかは、歯医者で診察してみないと分かりません。まずは、歯医者を受診して相談をしてみましょう。

前歯だけを治すマウスピース矯正にかかる費用と期間

前歯だけを治すマウスピース矯正にかかる費用と期間

前歯のみを治す部分矯正は、全体矯正に比べると費用や期間が短くなります。しかし、実際にどれくらいの費用と期間がかかるのか知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは部分矯正の中でもマウスピース矯正にかかる費用と期間の目安を紹介します。ただし、部分矯正は基本的に自費治療となるため、歯医者によって費用に差があります。実際の費用については、受診する歯医者でしっかり確認するようにしましょう。

●マウスピース矯正にかかる費用

マウスピース矯正にかかる費用には、次のようなものがあります。
 ●検査料
 ●マウスピース代
 ●毎月のメンテナンス料
このうち、最も高額となるのがマウスピース代です。マウスピースにはさまざまな種類があり、どの会社のマウスピースを使うかによって使用数が変わってきます。基本的には、使用数が多いほど費用も高くなると言えるでしょう。
具体的な目安としては、検査が3千~5千円程度、マウスピース代が片あご3万円~、追加分は2万円~、毎月のメンテナンス料に5千円程度となります。トータル費用は約35~60万円が相場です。

●マウスピース矯正にかかる期間

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、自分で取り外しができるため、矯正期間の個人差が大きくなります。歯科医の指示通りきちんと装着できていれば、1年~1年半程度できれいな歯並びを手に入れることができます。ただし、部分矯正は後戻りしやすいため、歯医者によっては保定期間を長めに設定しているところもあります。実際の期間については、歯医者での相談時に確認するようにしましょう。

まとめ

歯列矯正と聞くと、歯全体を動かす方法しかないと思いがちです。しかし、前歯だけといったように、気になる歯だけを治す部分矯正もあります。目立たない矯正方法であるマウスピース矯正が普及したことにより、前歯のみを矯正する人も増えてきました。マウスピース矯正であれば、矯正中も見た目を気にすることなく歯並びを整えることができます。前歯だけでも歯並びを治したいと考えている人には、マウスピース矯正は最適の矯正方法と言えるでしょう。まずは、矯正歯科のある歯医者で相談してみてください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^