矯正コラム

マウスピース矯正にかかる費用は?ブラケット矯正との違いは?

2018年06月7日 (木)

歯列矯正をしようと考えたときに、気になるのはどの治療方法を選べば良いのかということ。矯正方法にもいろいろな種類があるので、自分自身に適したものはどれなのかわからないことも多いと思います。また、どのくらいの費用が必要なのかもとっても気になるところです。今回は、マウスピース矯正とブラケット矯正を比較して、それぞれの治療方法や費用の違いをご説明したいと思います。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

あまり馴染みがないという方も多いかもしれませんが、歯列矯正にはマウスピースを装着して歯を動かす「マウスピース矯正」というものがあります。プラスチックでつくられた透明のマウスピースを長時間装着することで、歯を少しずつ動かし理想に近い位置に矯正していく方法です。マウスピースは患者さんの歯並びに合わせて個別に作成するのですが、治療開始前にコンピューターで歯の動きを計算し、歯の動きの段階ごとにそれぞれのマウスピースをあらかじめ作成する場合と、治療の経過ごとに歯型をとってそれに合わせて都度マウスピースを作成する場合とがあります。これは、使用するマウスピースの種類によって異なります。
マウスピース矯正の特徴は大きく2つあり、1つは装着していてもあまり目立たないということです。矯正に使用するマウスピースは無色透明または半透明なので、歯に装着していてもぱっと見た限りでは歯列矯正をしているかどうかはわからない程です。2つ目は取り外しが可能ということです。矯正をするので長時間や長期間外してしまうことは治療効果が出にくくなり控えたほうが良いのですが、食事や歯磨きといった短時間のみの取り外しは問題ありません。日常生活にあまり支障がでないというところは他の歯列矯正方法に比べてメリットといえます。

ブラケット矯正とは

最も一般的な歯列矯正方法として知られるもので、歯の表面にブラケットと呼ばれる金属の装置をとりつけ、そこにワイヤーを通して矯正を行う治療方法です。よく子供の歯列矯正で見かけることがあるかと思います。ワイヤーを引っ張ることでブラケットに力を加え、その力を利用して歯を動かしていきます。広く知られているのは歯の表面に装置を取り付ける表側矯正ですが、歯の裏側に装置を取り付ける裏側矯正というものもあります。ブラケット矯正の特徴としては、広い範囲の歯並びの症例に対応できるということが挙げられます。歯が大きく前後して並んでいたり噛み合わせがとてもずれているといった場合、先ほどご紹介したマウスピース矯正では対応できないことがありますが、ブラケット矯正では治療が可能という場合は多くあります。また、患者さん自身では取り外すことができないので、しっかりと固定されているという安心感があり、子供が装置を取り外してしまうということやなくしてしまうということは少ないでしょう。ただ、ワイヤーやブラケットを歯に取り付ける必要があることから、見た目に目立ってしまうということは避けられません。金属ではなくセラミックでできた白色や透明の装置もありますが、それでも矯正をしているとわかってしまいます。

マウスピースかブラケットか、適しているのはどちら?

マウスピースかブラケットか、適しているのはどちら?

マウスピース矯正かブラケット矯正か、どちらが適しているかは、患者さんの生活スタイルや仕事、歯並びや噛み合わせの状態で変わってきます。接客業など人前に出て仕事をされている方や、見た目にとても気を使わなければいけないという方は、あまり目立たないマウスピース矯正が適しているでしょう。スポーツをされる方、楽器を演奏されるという方も、ワイヤーを使用するブラケット矯正に比べてケガの心配がすくないマウスピース矯正がおすすめです。一方で、歯並びや噛み合わせの状態がかなり悪いという方や気になってすぐ取り外してしまいそうという方にはブラケット矯正が適しているでしょう。自身の歯並びがどの程度なのか、どの歯列矯正方法なら対応可能なのかは、歯医者での診察で判断してもらうことになります。状態が悪いからブラケット矯正かなと思っていても、歯医者での診察結果によってはマウスピース矯正で対応できるということもあります。

気になる、治療にかかる費用について

マウスピース矯正とブラケット矯正についてご説明しましたが、気になるのはその費用についてですよね。それぞれ、使用する装置や矯正する歯の本数や位置によっても異なってはきますが、マウスピース矯正もブラケット矯正も歯全体の治療でおよそ80万円程度が相場のようです。費用についてはあまり違いがありませんが、治療期間については大きな差があります。一般的に、マウスピース矯正の場合は1年~2年程度、ブラケット矯正の場合は2年~3年程度の治療期間が必要といわれています。マウスピース矯正とブラケット矯正では、2倍近くの期間の差があります。もちろん、歯並びや噛み合わせの状態や個人差はありますので簡単に比較することは難しいのですが、費用ももちろんですが治療にかかる期間も歯列矯正を検討する際に考慮したいところでしょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^