矯正コラム

値段やカウンセリングが違う?マウスピース矯正をするクリニックの選び方

2018年06月27日 (水)

「マウスピース矯正をしたいけれど、どの歯医者・クリニックが良いのかわからない」「比較する点など、歯医者やクリニックの選び方を知りたい」このような方に向けて、マウスピース矯正をする歯医者やクリニックを検討する際にどのようなことに気を付ければよいのか、安心・信頼して治療を任せることのできる歯医者・クリニックの選び方についてご説明します。

マウスピース矯正はどんな歯医者でも行える?

マウスピース矯正はどんな歯医者でも行える?

マウスピース矯正での歯列矯正計画や実際にマウスピースの作成をする際には、最新技術を用いたコンピューター処理でデータを算出します。レントゲンやコンピューターに取り込んだ歯並び・噛み合わせの現状のデータをもとに、機械で矯正のシミュレーションを行って、どんな歯の動き方をするのか、どのような経過をたどっていくのかを治療前に計算して導き出してしまうのです。実際にマウスピースを作成する以外の多くの部分がコンピューター上での計算やシミュレーションとなり、歯科医師が口内を入念に確認して治療計画を綿密に立ててということはあまりありません。コンピューターによって作成された治療計画と治療段階ごとの歯の動きに合わせたマウスピースの作成データを歯科技工所に送り、患者さんごとのマウスピースを作成してもらって、あとは計画通りに矯正できているか経過を見ながら治療をしていきます。マウスピースによる歯列矯正治療の大部分が自動化されているのはとても効率的ではあるのですが、一方でマウスピース矯正の経験が少ない歯医者や歯科医師でも治療を始められるというデメリットがあるのです。

認定医や専門医がいる歯医者・クリニックを選ぼう

実は、歯列矯正における学会に参加していなくても、専門医がいなくても「矯正歯科」という看板を掲げることができるというのをご存知でしたか?歯科医師免許さえあれば、歯科診療の範囲であれば診療科目を問わずにどの科目でも掲げられることになっています。つまりは、「矯正歯科」とうたっていても、実際は認定医や専門医がいるわけではないということが多くあるのです。マウスピース矯正に限ったことではありませんが、歯列矯正を受ける際は「日本矯正歯科学会」の認定医や歯列矯正の専門医がいる歯医者・クリニックを選ぶことをおすすめします。マウスピース矯正では、治療できる症例の幅が一般的な歯列矯正方法と比べて狭く、自身の歯並びや噛み合わせの状態でマウスピース矯正ができるのかどうかしっかりと判断してもらう必要があります。歯列矯正について詳しい認定医や専門医でないと、この判断を誤ってしまい、折角マウスピース矯正をはじめたのに途中で治療継続が難しくなる可能性がありますし、万が一治療継続が困難な時に適応範囲の広いワイヤー矯正に切り替えるといった対処が取れずトラブルとなることも考えられます。

値段は安くすませたい…けれどよく考えてみましょう

値段は安くすませたい…けれどよく考えてみましょう

歯列矯正は少々高額な費用が必要になる、保険の適応範囲外である自由診療で行われています。きれいな歯並びや噛み合わせになれるという効果は大きいものですから、治療をして損ということはないのですが、それでも費用を考えるとためらってしまうこともあるでしょう。一つ注意したいのは、治療費が相場よりも極端に安い歯医者やクリニックは安い分何かを妥協していることがあるということです。実際、マウスピース矯正は治療前の検査や診察、コンピューターでのシミュレーションが終わりマウスピースが作成されると、歯科医師のすることは数か月ごとの経過観察とマウスピースの確認程度です。治療計画、経過に応じたマウスピースさえできていれば、医師が治療中に歯や器具を調整するということはあまりありません。であれば、安い治療費で矯正可能な歯医者やクリニックでも変わらないのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、治療前のカウンセリングとマウスピース作成時の指示だしがいかにしっかりとなされているかどうかは、治療の経過や完成度に大きく影響を及ぼします。治療を始める前のカウンセリングで歯の隅々まで状態を確認し、想定できるトラブルをあらかじめ回避し、コンピューターの算出した矯正計画に改善点はないかを熟考して初めてマウスピース作成の依頼を出すという歯科医師もいれば、あまりカウンセリングをせずにデータだけをとってあとはコンピューターの計算と歯科技工士におまかせという歯科医師も残念ながらいます。費用が安くはなくとも、事前のカウンセリングをしっかりと丁寧に行ってくれる歯医者やクリニックは安心して治療を任せることができるでしょう。
マウスピース矯正を実施する歯医者やクリニックが増えてはきたものの、まだまだ認定医や専門医がしっかりと在籍し治療症例数や実施数が豊富なところというのは少ないのが現状です。マウスピース矯正をするクリニックの選び方としてこちらの内容を是非参考にしていただき、ご自身に合った満足のいく治療を行える歯医者やクリニックを選んでいただければと思います。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

2018年09月15日 (土)

歯並びにお悩みを抱えている人にとっては、矯正治療ほどありがたいものはありませんよね。コンプレックスの原因であり、自分自身 ...続きを読む

2018年09月11日 (火)

目立ちにくく、装着感も良好なマウスピース矯正は、その利便性の高さから、治療を希望される患者さんが急増しています。そんなイ ...続きを読む

2018年09月7日 (金)

マウスピースを使った矯正治療は、言うまでもなく歯並びを改善するための処置です。そのため、主な治療の成果は乱れた歯並びの改 ...続きを読む

2018年09月3日 (月)

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎がよく見えてしまう状態で、日本人でもこの症状に悩まされている方は珍しくありません。また ...続きを読む

2018年08月27日 (月)

マウスピース矯正は、目立ちにくく着脱可能で、金属アレルギーの心配もない素晴らしい矯正治療法です。そのため、「矯正治療を受 ...続きを読む

2018年08月23日 (木)

矯正中には、お口のなかにさまざまなトラブルが生じることがあります。なかでも口内炎は厄介で、原因となる矯正器具を外すことが ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^