矯正コラム

マウスピース矯正とホワイトニングの同時施術について

2018年07月3日 (火)

「とにかく歯の見た目の印象を確実によくしたい」と強く望んでいる方は、歯科矯正とホワイトニングの同時治療をおすすめします。
歯並びをよくして、歯を白くすれば歯の印象はグッと上がります。

「歯の矯正中にホワイトニングなんてできるの?」と思った方もいるでしょう。
答えは「できます」。
歯の矯正治療には、金属製のワイヤーを使わないマウスピース矯正を採用することで、ホワイトニングと同時に施術することができるのです。

マウスピース矯正は進化している

マウスピース矯正は進化している

歯科矯正としては、金属製のワイヤーで歯を引っ張るワイヤー矯正がよく知られていますが、最近はマウスピース矯正の人気が上がっています。それはメリットが多いからです。

歯科矯正に詳しい方ですと「マウスピース矯正はワイヤー矯正より歯を移動させる力が弱いのではないか」と思ったのではないでしょうか。
もしくは「マウスピース矯正は、ワイヤー矯正を終えた後に『念のため』に行う方法だったはず」と思った人もいるでしょう。
その知識は間違っていないのですが、それは昔の話です。

マウスピース矯正は素材の改良や製造方法の技術革新が進み、性能が格段に上がっているのです。歯科矯正治療を専門にしている歯医者のなかには、「マウスピース矯正とワイヤー矯正の治療成績はほとんど変わらない」と感じている人もいます。

マウスピースは患者さんの歯にジャストフィットする形状にするのではなく、歯を少し移動させた位置の形状にします。それを患者さんが装着すると、マウスピースが歯に圧力をかけます。その圧力で歯が動いていくのです。
マウスピース矯正はその名のとおりマウスピースを装着するだけなので、食事や歯磨きなど「口を使うとき」に外すことができます。さらにマウスピースは透明なので目立ちません。

機能が向上し、メリットも多いため、マウスピース矯正が注目を集めているのは当然といえば当然です。

ホワイトニングには2種類ある

歯科クリニックが提供しているホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの方法があります。

オフィスホワイトニングは、歯科クリニックに通院して施術を受けます。歯科クリニックでしか使えない濃厚なホワイトニング剤を歯の表面に塗布していきます。
すべての歯に塗布し終えたら、特殊な光を歯全体に当てて仕上げをします。たった1回でも「白くなった」という実感が得られる、即効性のある方法です。
ただ1回だけではまだ十分な白さではありませんし、「色の後戻り」現象も起きてしまうので、定期的に施術を受ける必要があります。

一方、ホームホワイトニングは、歯科クリニックでキットを受け取り、患者さんが自宅で行う方法です。
キットのなかには、施術用のマウスピースとホワイトニング剤などが入っています。ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤は、患者さんが自分で取り扱うことなるので、安全を考えてオフィスホワイトニング用のホワイトニング剤より薄まっています。

ホワイトニング剤をマウスピースの裏に塗り、それを歯に装着して2時間ほどそのままにします。ホームホワイトニングをしているときはスポーツなど激しい運動はNGですが、本を読んだりお風呂につかったりすることは問題ありません。

オフィスとホームの2つのホワイトニングで、歯が確実に白くなります。

「矯正+ホワイトニング」の同時施術の流れ

「矯正+ホワイトニング」の同時施術の流れ

それではいよいよ、マウスピース矯正とホワイトニングの同時施術の流れを紹介します。
同時施術はどの歯医者でもできるわけではありません。そのため、同時施術を行っている歯医者かどうか、歯科クリニックのホームページを見たり電話で問い合わせたりして確認しなければなりません。

同時施術ではまず、マウスピース矯正から行います。歯型を取り、マウスピースができたら、それを装着して生活します。1日最低20時間装着したほうがいいので、寝るときも付けたまま眠ってください。

マウスピース矯正では数週間に1回、歯科クリニックに通院し、次のマウスピースと交換します。
このタイミングでオフィスホワイトニングも行ってしまうのです。わざわざオフィスホワイトニングのために通院する必要がないので、とても合理的です。

患者さんは自宅でもホームホワイトニングをします。
同時施術をしている歯科クリニックでは、マウスピース矯正用のマウスピースとホームホワイトニング用を兼用するマウスピースをつくります。
この兼用マウスピースをつくることが、一般的な矯正歯科クリニックでは難しいことがあるのです。
ホームホワイトニングは1日1回2時間行うのですが、兼用マウスピースならその2時間も歯に力を加えることができるのです。

同時施術では「マウスピース矯正→通院→マウスピース交換→同時にオフィスホワイトニング→ホームホワイトニング」を1セットとして、これを繰り返していくことになります。

ホワイトニング効果は数回の施術で実感できますが、「本当に白くなった」と感じるまでには数カ月~半年ほどかかります。
マウスピース矯正の効果は1年半~2年ぐらいで現れます。

まとめ~同時にやるから早くて合理的

マウスピース矯正とホワイトニングの同時施術は、早く「きれいな歯」を手に入れることができる合理的な治療法といえます。
結婚や就職が控えている方は、ぜひ検討してみてください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^