矯正コラム

マウスピース矯正はどんな歯並びにも適用できるのか

2018年07月7日 (土)

歯並びを治す歯科矯正の治療で、マウスピース矯正の認知度が上がっています。
歯科矯正というと、従来は歯にびっしりと金属製のワイヤーを張る方式が主流でしたが、マウスピースの素材開発や製作方法が格段に進化して性能が向上したからです。

また、ワイヤー矯正だとワイヤーが目立ちすぎてビジネスパーソンは治療を受けづらいという欠点がありました。
しかしマウスピース矯正用のマウスピースは透明なので目立ちません。

ただ、マウスピース矯正が「苦手とする歯」があります。
マウスピース矯正に向いている歯、向いていない歯、そして料金などについて詳しく解説します。

マウスピース矯正に向いているのは接客業の人

マウスピース矯正に向いているのは接客業の人

マウスピース矯正は、矯正していることを周囲に知られたくない人に向いています。「マウスピース」と聞くと、ボクシング選手が試合中に口のなかに入れるマウスピースをイメージすると思いますが、マウスピース矯正で使っているマウスピースは、それとはまったくの別物です。
マウスピース矯正用のマウスピースは透明なうえに薄いので、短時間の会話なら相手に気づかれないでしょう。また人前でスピーチするときは、そのときだけ外すことができます。スピーチが終わったら、またマウスピースを装着すればいいのです。

販売店の店員や営業職など人と接触する機会が多い人は、マウスピース矯正に向いているといえるでしょう。

マウスピース矯正に向いているのは口のなかを頻繁に使う仕事の人

ワイヤー矯正は見た目の問題のほか「口のなかに金属が入っている」という欠点があります。金属は硬いので、仕事で口をよく使う人はワイヤー矯正には向いていません。
例えばトランペット奏者は口のなかに力を込めるので、ワイヤー方式だと頬などを傷つけてしまう恐れがあります。
また、スポーツ選手も歯を食いしばって力を出すことがあるので、ワイヤー矯正は向きません。

仕事で口を使う人は、マウスピース矯正が向いています。マウスピースの材質は歯を移動させるには十分硬いのですが、ワイヤーに比べるとかなりソフトです。
そのため口のなかを激しく動かしても、力を入れても、食いしばっても口のなかが傷つくことはありません。

マウスピース矯正に向かない人

一方、眠っているときに強い歯ぎしりをする人は、残念ながらマウスピース矯正には向いていません。マウスピース矯正では夜間寝ているときもマウスピースを装着しなければならないのですが、強い歯ぎしりをするとマウスピースが壊れてしまうのです。

マウスピースを装着してもすぐに壊れてしまったら、再びマウスピースをつくり直さなければなりません。すると新しいマウスピースが完成するまでの間に、せっかく動かした歯が元に戻ってしまうこともあります。

また、虫歯がある人は、まずは治療を優先することになります。というのも、思いのほか虫歯が進行していて抜歯をするような事態になれば、せっかくつくったマウスピースが使えなくなってしまうからです。
虫歯の治療が終わってからマウスピース矯正をスタートすることになります。

そもそもマウスピース矯正とは

そもそもマウスピース矯正とは

ここまで「マウスピース矯正について知っている」ことを前提に解説しましたが、マウスピース矯正についてよく知らない方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの治療法について紹介します。

マウスピース矯正は、動かしたい歯をマウスピースの圧力によって少しずつ動かしていく治療法です。
歯型を取ってマウスピースをつくるのですが、このとき患者の歯にジャストフィットする形にはしません。動かしたい歯を少しだけ動かした形のマウスピースをつくり、それを患者さんが装着することで歯にプレッシャーを与えるのです。

そのためマウスピースを装着すると、患者さんは「きつい」「引っ張られる」という違和感を持つでしょう。しかし歯がマウスピースの形とおりに動くと、違和感が徐々に収まります。そのようになった段階で、新しいマウスピースに取り替えます。新しいマウスピースを装着するとまた「きつい」「引っ張られる」感覚があり、その力で歯をまた少し歯を移動させていきます。
これを繰り返すことで歯が希望の位置に移るのです。

マウスピース矯正の大体の料金

マウスピース矯正の治療は自由診療ですので、医療保険が使えません。そのため治療費は全額患者さん負担になります。
マウスピースの材質やつくり方によって、マウスピース矯正の料金は大きく変動します。

患者さんの歯型情報を3Dデータで採取したり、歯の移動をしっかり誘導する特殊な素材でマウスピースをつくるタイプですと、80万円くらいすることもあります。
一方、歯並びの乱れが軽症な人なら、40万円ぐらいのマウスピースもあります。
また1~2本の歯を集中して移動させるタイプは、10万円程度で済むこともあります。
いずれも患者さんの歯との相性もありますので、歯医者と相談しながら決めていくことになります。
ちなみにワイヤー矯正は10万~150万円ほどです。

まとめ~歯医者さんに遠慮なく相談しよう

マウスピースは長所が多い矯正器具といえるでしょう。ただ料金が高額になることから二の足を踏むこともあるでしょう。
もし迷ったら、遠慮なく矯正歯科クリニックの歯医者に相談してみてください。歯医者は患者さんが料金の心配をしていることを知っていますので、気兼ねなく質問できます。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

2018年09月15日 (土)

歯並びにお悩みを抱えている人にとっては、矯正治療ほどありがたいものはありませんよね。コンプレックスの原因であり、自分自身 ...続きを読む

2018年09月11日 (火)

目立ちにくく、装着感も良好なマウスピース矯正は、その利便性の高さから、治療を希望される患者さんが急増しています。そんなイ ...続きを読む

2018年09月7日 (金)

マウスピースを使った矯正治療は、言うまでもなく歯並びを改善するための処置です。そのため、主な治療の成果は乱れた歯並びの改 ...続きを読む

2018年09月3日 (月)

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎がよく見えてしまう状態で、日本人でもこの症状に悩まされている方は珍しくありません。また ...続きを読む

2018年08月27日 (月)

マウスピース矯正は、目立ちにくく着脱可能で、金属アレルギーの心配もない素晴らしい矯正治療法です。そのため、「矯正治療を受 ...続きを読む

2018年08月23日 (木)

矯正中には、お口のなかにさまざまなトラブルが生じることがあります。なかでも口内炎は厄介で、原因となる矯正器具を外すことが ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^