矯正コラム

結婚式にとびきりの笑顔になれるように…マウスピース矯正は花嫁の味方

2018年07月15日 (日)

「よし、今度こそ歯科矯正を始めよう」と決断した矢先に結婚が決まってしまったという、花嫁予定者の方は「どうしたらいいだろう」と悩んでいませんか。

結婚式となれば、何百枚も写真を撮ります。そのとき歯科矯正のワイヤーが歯にびっしり張っていたら「生涯の汚点」になりかねません。

では歯科矯正をあきらめたほうがいいのでしょうか。しかし、そもそも歯科矯正を決断したのは、結婚が近いと思ったからではないでしょうか。
歯並びをきれいに整えてからお嫁に行こうと思ったのに、想定より早くプロポーズされたから困っているわけですよね。
だとしたら、せっかく決断した歯科矯正を先送りするのも、残念な話です。

こうした問題を一挙に解決する方法があります。
この方法なら悩める花嫁予定者の方を救ってくれます。
それは「マウスピース矯正」です。

マウスピース矯正はなぜ悩める花嫁の味方なのか

マウスピース矯正はなぜ悩める花嫁の味方なのか

一般の人が想像する歯科矯正治療は、歯の上に金属製のワイヤーを張るワイヤー矯正だと思います。これは止め金具で固定されているので、装着したり外したりするのに手間がかかります。しかもその装着や取り外しは歯医者しかできません。患者さん本人ではできません。
そのため、一度ワイヤー矯正を始めてしまったら、中断することは絶対に不可能というわけではありませんが、原則つけっぱなしになります。中断するとせっかく途中まで動いた歯が元に戻ってしまうからです。
これでは花嫁予定者の方は選択できません。

一方、マウスピース矯正はワイヤーや金具は使いません。ボクシング選手が試合中に口のなかに入れるマウスピースのようなものを使い、歯を動かしていきます。
マウスピース矯正でも、歯磨きや食事のとき以外は、寝るときも装着しっぱなしになります。しかしマウスピースは患者さん自身で取り外しできるので、結婚式前の写真撮影や結婚式当日の2~3時間くらいは自由に外すことができます。

そのためマウスピース矯正ならば、花嫁予定者の方でも「思い立ったが吉日」とばかりにすぐに治療に取りかかることができますし、「美しく見せたい」と思ったときだけ矯正を中断することができます。
これが、結婚を間近に控えた花嫁予定者の方にマウスピース矯正をおすすめする理由です。

花嫁予定者がマウスピース矯正をするならホワイトニングもやってしまおう

せっかく結婚式前に矯正歯科クリニックに通うなら、ホワイトニングなど審美歯科治療に力を入れているクリニックを選んではいかがでしょうか。
ホワイトニング処置は、マウスピース矯正の治療と並行して受けることができます。
この機会に整然と並ぶ白い歯を手に入れてみませんか。

そもそもマウスピース矯正とは

そもそもマウスピース矯正とは

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いがいまいちはっきりしない方のためにこの2つの治療法の特徴を紹介します。

ワイヤー矯正は最も一般的な歯科矯正法です。ワイヤーを止める金具を歯に装着し、その金具にワイヤーを引っかけ、テンション(引っ張り)をかけることで歯を移動させます。数週間から6週間に1回の頻度で歯科クリニックに行き、ワイヤーのテンションを徐々に強くしていきます。2年近くかけてゆっくりと理想の位置に移動させます。

マウスピース矯正はまったく新しい概念の歯科矯正法です。患者さんの歯型を取り、マウスピースをつくるのですが、このとき完全にフィットした形にはしません。動かしたい歯を動かしたい方向に移す形状のマウスピースをつくるのです。
そのため、マウスピースをつけた患者さんは「引っ張り」や「押される」といった違和感を持ちます。しかし歯がマウスピースの形に誘導されて移動すると、違和感がなくなります。
その段階でもう少し歯を動かす形状のマウスピースと取り替えて、またマウスピースで歯を押します。このようにマウスピースを何度も取り替えながら歯を理想の場所に移していきます。マウスピース矯正も2年ぐらいかかります。

マウスピース矯正の優位性は

マウスピース矯正が、ワイヤー矯正より優れている点は、見た目がよいことです。マウスピースは透明の素材でできているので、短時間の会話なら相手に気づかれることはないでしょう。
またワイヤーは金属製なので、金属アレルギーがある人は使うことができません。しかしマウスピース矯正では金属を使わないので金属アレルギーがある人でも矯正治療を受けることができます。

また昔は、マウスピース矯正では歯並びが重症化している患者さんの治療には適さないとされていました。
しかし最近は素材の開発が進み、かなり重症の患者さんでもマウスピース矯正で対応できるようになりました。
ただ歯の重なりが二重三重になっている患者さんには、歯医者はワイヤー矯正をおすすめするかもしれません。

まとめ~「結婚式があるんです」と伝えましょう

花嫁予定者の方が歯科矯正治療を受けるときは、歯医者に「近く結婚式があるんです」と伝えてください。矯正歯科クリニックの歯医者は「美のプロ」ですので、最良の答えを出してくれるでしょう。
「悩んだら、迷わず歯医者に相談」が大原則ですよ。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^