矯正コラム

歯並びも老化する?噛み合わせが悪くなる原因と対策

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並びの悪化が進みます。
それは歯並びも老化するからです。

「歯は硬い」「歯は動かない」というイメージを持っている方も少なくないと思いますが、歯は老化するともろくなり、動きやすくなります。
老化した歯並びの「行く末」と、中高年でも噛み合わせを改善できる治療法を紹介します。
キーワードは「マウスピース矯正」です。

歯並びが悪いことによる支障

歯並びが悪いことによる支障

歯並びが整っていないのに歯科矯正治療を受けようとしない方の多くは「あまり見た目を気にしないので」と言います。
確かに歯並びの矯正を受ける患者さんは、審美目的の方がほとんどです。「歯並びの悪さがコンプレックスになっていた」と言う方が、矯正歯科クリニックに通う傾向があります。

しかし歯並びの悪さは、歯の機能も著しく低下させているのです。
歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、口のなかに入れた食材をうまく食塊にすることができません。食塊とは、食材を歯で細かく噛み砕いて唾液と混ぜてドロドロにしたものです。歯で食塊をつくることで、胃や腸が消化吸収しやすくなります。

しかし歯並びが悪いと食塊がうまくつくれないので、あまり噛まずに飲み込むようになってしまいます。その「ツケ」は胃や腸が支払うことになります。胃や腸はフル稼働して消化吸収することになります。
歯並びが悪い人が胃や腸に変調をきたしている場合、両者に因果関係があるかもしれません。胃や腸の不具合の原因が歯並びの悪さだったら、歯科矯正治療を受けることで改善が期待できます。
そのため歯並びの矯正は、何歳だろうと、中高年だろうと受けたほうがいいのです。

老化した歯並びの「行く末」

しかも加齢とともに悪い歯並びが老化するとさらに乱れてきます。年を取ると「歯が動きやすくなる原因」が増えてくるからです。

まず歯周病です。歯周病は歯周病菌に感染して発症し、歯の土台を支えている骨を溶かし、歯を弱らせます。
歯周病を発症した歯は、両隣の歯から押され動き出してしまうのです。
しかも歯並びが悪いと歯ブラシの毛が届かない場所が増えるので、歯周病を悪化させやすいのです。

また中高年の場合は、噛む行為が歯並びを悪化させることがあります。
右の歯だけで(または左の歯だけで)噛む癖がある方は注意が必要です。

人が食材を噛んでいるとき、奥歯から前歯に向かって力が加わります。左右交互に噛んでいれば、右奥歯からの力は左奥歯からの力と相殺され歯は動きにくいのですが、右だけ(または左だけ)で噛むと、力は「右の奥歯→前歯→左の奥歯」と流れていきます。

この力は弱いので、若いころは噛んだときの力で歯が移動することはほとんどありません。若い方の歯は、根もしっかりしているので、その力に打ち勝つことができます。
しかし中高年の方の歯は、この力が長年蓄積されていますし、しかも歯の根が弱くなっているので、歯が移動しやすくなっているのです。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

中高年の方こそ歯科矯正が必要であることをご理解いただけたでしょうか。
しかしそれでも中高年の方は「この年になって歯の矯正をしていることを誰かに知られたくない」と思うかもしれませんね。

歯の矯正では、金属性のワイヤーを歯にがっちり装着するので、矯正していることは周囲の人にほぼ100%知れ渡ります。
しかも「歯科矯正は見た目のためにやる」という間違った先入観を持っている人が多いので、中高年の方が躊躇してしまうのは理解できます。

しかし、目立たない歯科矯正法があるのをご存知でしょうか。それが冒頭で紹介した「マウスピース矯正」です。

マウスピース矯正では、金属製のワイヤーは使いません。使うのは特殊なマウスピースだけです。
このマウスピースは、患者さんの歯にぴったりフィットするようにはつくられてなく、装着すると違和感があります。それは歯を動かしたい方に誘導する「型」になっているからです。
マウスピースを装着すると、しばらくは歯が引っ張られている感触があるのですが、次第にその感触がなくなっています。それは歯が少し移動して、マウスピースにぴったりフィットするようになったからです。

その状態になったらまた少しきつめにつくったマウスピースに換えて、再び歯を少し動かしていきます。

マウスピースは透明なので、装着していても周囲に気づかれにくいでしょう。また、仕事などで人まで離さなければならないとき、患者さん自身でマウスピースを外すことができます。スピーチを終えたらまた装着すれば矯正治療に影響は出ません。

マウスピース矯正は、中高年のニーズに合った治療法の1つといえるでしょう。

まとめ~8020のためにはいまが大事

80歳になっても自分の歯を20本維持する健康歯キャンペーンをご存知でしょうか。「8020」と呼ばれています。中高年の方であれば、80歳まであと30~40年もあります。憧れの8020を達成するには、いま矯正しておくことが大切です。ぜひ、矯正歯科を専門にしている歯医者に相談してみてください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^