矯正コラム

インビザラインでのマウスピース矯正、痛みが強い場合の対応

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さんに痛みを訴える患者さんもいらっしゃることでしょう。では、マウスピース矯正であるインビザラインはどうなのでしょうか。痛みが強い場合は、マウスピース矯正自体を辞めてしまいたくなるかもしれません。ここでは、そんなインビザラインでのマウスピース矯正における痛みとその対処法について詳しく解説します。

マウスピース矯正でも痛みはあるの?

マウスピース矯正でも痛みはあるの?

インビザラインによるマウスピース矯正でも、治療に伴う痛みは生じます。ただ、ワイヤー矯正と比べると痛みの度合いはかなり小さいといえるでしょう。なぜなら、マルチブラケットによるワイヤー矯正ほど、歯列に対して強い力が加わらないからです。とはいえ、マウスピース矯正といえども歯を動かす矯正治療ですので、痛みがまったくないということはありません。

慣れるまでは痛みを感じる

インビザラインによるマウスピース矯正を開始した直後は、どんな人でも大なり小なり痛みや違和感が生じるものです。インビザラインに用いられるマウスピースは、厚さが1mmもない非常に薄い素材で作られています。しかし、やはりお口の中というのはデリケートにできていますので、初めて装着する際には違和感が生じがちです。また、歯列の状態や個々人に痛みに対する感受性にもよりますが、少なからず痛みが生じることも珍しくありません。そのため、慣れるまでの数日間は、痛みや違和感を我慢する必要がでてきます。この点については、矯正歯科の歯医者さんからも必ず説明があることでしょう。

マウスピースを取り外すときの痛み

インビザラインのマウスピースは、歯列にぴったりとフィットし、矯正した方向へと圧力がかかるように作られているため、取り外すときには痛みを感じることがあります。ただ、これもまた着脱を繰り返していくことによって慣れていく人が多い傾向です。また、矯正治療が進んでいくと、歯列に対する締め付けもゆるくなっていくため、取り外す際の痛みも緩和されていくでしょう。

マウスピース交換直後の痛み

マウスピース交換直後の痛み

インビザラインによるマウスピース矯正では、治療に用いるマウスピースを2週間ごとに交換していきます。そうして、徐々に歯並びを良くしていくのがインビザラインの特徴です。けれども、マウスピースを交換する際にも痛みが生じることがあります。なぜなら、マウスピースを交換するということは、治療が次の過程に進んだことを意味するため、歯列への締め付けが一時的に強くなることでもあるからです。そのため、マウスピース交換直後は、初めてインビザラインを付けたときのような痛みを感じることがありますので要注意です。とはいえ、この痛みもすぐに慣れていきますので、あまり不安にならないようにしましょう。

マウスピースを付けたまま食事をすると痛みを感じる

マウスピース矯正をインビザラインで行う場合は、食事の際にマウスピースは外すように矯正歯科の歯医者さんから説明を受けることが一般的といえます。なぜなら、マウスピースを装着したままものを噛むと、強い痛みを感じることがあるからです。これを避けるためには、食事の前にマウスピースを取り外す必要があります。また、食事の際にマウスピースを付けない理由として、装置の破損を防止するという意味もありますので念頭に入れておきましょう。

痛みが強い場合はすぐに歯医者さんへ

上述した通り、インビザラインによるマウスピース矯正では、いろいろな理由で痛みが生じることがあります。そのため、痛みを感じた際には、何が原因なのかを一度じっくりと考えてみるのも良いかもしれません。ただ、あまりにも痛みが強い場合は、すぐに矯正歯科の歯医者さんに診てもらいましょう。矯正装置なり歯列なりに何らかの異常があることが考えられます。

鎮痛剤で痛みを和らげる

鎮痛剤で痛みを和らげる

マウスピース矯正によって、我慢できないほどの痛みが生じた場合は、矯正歯科で鎮痛剤や抗炎症剤などが処方されることがあります。これらは矯正医が判断して処方した薬剤なので、痛みが強い場合は進んで服用しましょう。歯医者さんが休みであったり、今すぐにでも痛みを緩和したかったりするのであれば、市販の痛み止めを飲むのもひとつの選択肢といえます。

食事の際は必ずマウスピースを取り外す

ごはんを食べるときにマウスピースを装着すると、強い痛みの原因となりますので必ず取り外すようにしましょう。マウスピースを付けたまま食事をすることで、マウスピースが変形したり破損したりすることも考えられます。その結果、歯列への悪影響が生じ、強い痛みの原因にもなり得ますので注意が必要です。

まとめ

このように、インビザラインによるマウスピース矯正では、個人差はあるけれども痛みが生じることは珍しくありません。マウスピース矯正は、なんとなく痛みとは無縁に思いがちですが、歯の状況によって痛むかどうかは個人差があります。そうしたインビザラインの特性を理解したうえで、治療を進めていくことが大切です。もちろん、我慢できないほどの強い痛みが生じた際には、適切な対応が必要となりますので、すぐに矯正歯科の歯医者さんに診てもらいましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^