矯正コラム

マウスピース矯正など…金属アレルギーでも矯正したい人にオススメの矯正方法は?

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといった補綴装置が原因となる金属アレルギーです。それに加えて、矯正歯科での治療においても金属アレルギーを発症することがあります。金属アレルギーをもっている人は、矯正することをあきらめなくてはいけないのでしょうか。ここでは、金属アレルギーがあっても矯正治療を受けたいという方に、おすすめの矯正法をご紹介いたします。

どうして矯正治療で金属アレルギーが起こるの?

どうして矯正治療で金属アレルギーが起こるの?

虫歯治療や入れ歯治療では、金属製のインレーやクラウン、それから入れ歯に使われている金属製のパーツが金属アレルギーの原因となるため、とてもわかりやすいですよね。一方、矯正歯科で受ける治療についてはどうでしょうか。

確かに、一般的な矯正装置を思い浮かべてみると、多くのパーツに金属が使われていますよね。ワイヤー矯正であれば、金属製のワイヤーはもちろんのこと、ワイヤーを通すためのブラケットも基本的には金属です。これらが歯列に装着され、常に口腔内に存在しているのですから、金属アレルギーが起こっても何ら不思議ではありません。

金属アレルギーがあるかどうかを知りたい

現在、金属アレルギーを発症したことがない人でも、いざ矯正治療を始めてみると、金属アレルギーの症状が現れることがあります。そこで、おすすめなのが、事前に金属アレルギーの検査を受けておくことです。金属アレルギーの検査は、歯科医院で歯医者さんが行ってくれます。また、パッチテストなど手軽な検査法で、たくさんの金属に対するアレルギーを調べることができるため、非常におすすめの方法といえるでしょう。そのため、自分に金属アレルギーがあるかどうかを知りたいという方は、まず歯科医院で金属アレルギー検査を受けてみることが賢明です。

金属アレルギーがあると矯正治療は受けられない?

パッチテストなどの金属アレルギー検査を歯科医院で受けた際、陽性反応が出たらどうなってしまうのでしょうか。金属のパーツをたくさん使う矯正治療が受けられなくなるのか、心配ですよね。結論からいうと、金属アレルギーにもいろいろな種類があり、矯正治療に使うパーツの中に該当する金属が含まれていなければ、一般的なワイヤー矯正も受けられます。その一方、矯正治療に使用する金属材料にアレルギーが見つかった場合は、他の矯正方法を考えなければいけません。そこで、選択肢として真っ先にあがるのがマウスピース矯正です。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、樹脂製のマウスピースを使って歯を動かす矯正法で、金属材料を一切使用しません。そのため、金属アレルギーがある患者さんでも適用することが可能です。ですから、矯正歯科でも、金属アレルギーをもっている患者さんに対しては、マウスピース矯正をおすすめすることが多いといえます。

マウスピース矯正でアレルギーを起こすことはないの?

マウスピース矯正では、特別な樹脂を使って患者さん専用のマウスピースを作製するため、金属アレルギーを起こすことはありません。ただ、マウスピースに使用されている樹脂にアレルギーがある場合は、アレルギー症状が現れることがありますが、それは非常にまれなケースといえます。そのため、マウスピース矯正を受けることで、治療に伴うアレルギーは原則的に回避することが可能といえるでしょう。

マウスピース矯正は誰でも受けられるの?

金属アレルギーを起こさず、目立ちにくいマウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べてメリットが非常に多い矯正法です。そのため、矯正歯科で治療を受けるにあたって、マウスピース矯正を希望される患者さんは多くなっています。しかし、必ずしもすべての人に適用できるとは限りません。少なくとも、ワイヤー矯正よりは適用の範囲が狭い矯正法であることを知っておいてください。とはいえ、多くの症例に適用可能な矯正法なので、まずは矯正の歯医者さんに相談してみることがおすすめです。

金属を使わない矯正法ならアレルギーが起こらない

金属を使わない矯正法ならアレルギーが起こらない

金属アレルギーがある人には、マウスピース矯正が非常におすすめといえます。しかし、一般的なワイヤー矯正などでも、装置の中に該当する金属を使用しなければ、通常通りに矯正治療を受けることが可能です。

例えば、マルチブラケットを使用したワイヤー矯正では、ブラケットの部分を金属ではなく、セラミックや特殊なガラスを使うことによって、金属アレルギーを回避することができます。また、矯正用ワイヤーについても、アレルギー症状を引き起こさない金属に取り替えることで、金属アレルギーの発症を予防することが可能です。

まとめ

このように、金属アレルギーがある人には、マウスピース矯正がおすすめです。装置の中には一切の金属が含まれておらず、見た目も透明で美しいことが特徴といえます。金属アレルギーの種類は、想像以上にたくさんあるため、自覚がないという人も珍しくありません。どうしても金属アレルギーが心配という人は、事前に金属アレルギー検査を歯医者さんへ依頼しましょう。検査の結果、金属アレルギーがあることがわかってからでも、マウスピース矯正はできます。そんな樹脂製のマウスピースについてさらに詳しく知りたい方は、矯正歯科の歯医者さんに相談してみてください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^