矯正コラム

矯正中に気になる口内炎の対処法!おすすめはマウスピース矯正

2018年08月23日 (木)

矯正中には、お口のなかにさまざまなトラブルが生じることがあります。なかでも口内炎は厄介で、原因となる矯正器具を外すことができないだけに、治りが遅く、再発もしやすい傾向です。矯正中に口内炎になってしまった場合はどのように対処すれば良いでしょうか。そこで、おすすめなのがマウスピース矯正です。ここでは、そんな矯正中に生じる口内炎の対処法について、マウスピース矯正を中心に詳しく解説します。

矯正中に口内炎ができる理由とは?

矯正中に口内炎ができる理由とは?

矯正中にできる口内炎は「カタル性口内炎」といい、矯正器具が口腔粘膜を刺激することで生じます。口内炎のなかでも最も軽度なものに分類されるので、それほど心配はありません。しかし、食事をする際はとくに痛みや腫れなどは気になるものです。それだけに、できれば口内炎は予防したいものですよね。とくにマルチブラケットを用いたワイヤー矯正では、器具を設置すると、基本的には取り外すことができないため、口内炎の症状もなかなか良くなりません。また、繰り返し口内炎が生じることも珍しくないのです。

ブラケットやワイヤーはとても複雑な形をしている

ワイヤー矯正に用いられるマルチブラケットなどのパーツは、とても複雑な形態をしています。部分的にはとがっていたり、金属製のワイヤーなどが歯列から飛び出していたりすることもあるのです。これらの形態は歯を動かすうえで必要なものなのですが、やはり数年にも及ぶ矯正歯科での治療を考えると、もう少し刺激の少ない器具が理想といえるでしょう。そこで、おすすめなのがマウスピース矯正です。

マウスピースは樹脂で作られた滑らかな器具

マウスピース矯正に用いられる器具は、透明な樹脂製のマウスピースで全体的に滑らかな性質を帯びているのが特徴です。ワイヤー矯正のように器具がとがっていることもなく、お口の粘膜に優しい形態となっています。そのため、粘膜を傷つけたり、不要な刺激を与えたりすることもなく、口内炎も発症しにくくなるのです。

マウスピースでも口内炎ができることもある?

マウスピースでも口内炎ができることもある?

マウスピース矯正に使われる器具は、比較的軟らかく、口腔粘膜に優しい素材で作られています。けれども、場合によっては口内炎ができることもあります。なぜなら、樹脂製のマウスピースといえども歯を動かすための器具ですので、ある程度の圧力が歯列へと加わっているからです。また、着脱する際に取り扱いを誤ると、歯茎などを傷つける可能性もあります。そういった理由から、マウスピース矯正の器具でも口内炎は発症することがあるといえるのです。ただ、ワイヤー矯正と比較すると、その確率は非常に低くなります。

口内炎ができても取り外せる!

マウスピース矯正の強みは、いつでも患者さん自身が取り外すことができるという点です。例えば、マウスピースの刺激によって粘膜に口内炎ができたとしても、一時的に取り外して治療に専念することができます。これは、着脱不可能なマルチブラケット装置との大きな違いです。取り外せるからこそ治りも早く、歯列矯正を再開できるタイミングも速まります。

口内炎に対しては何をすればいいの?

矯正中に口内炎ができてしまったら、まずは安静にしましょう。硬いものやからいものなど、口腔粘膜に対して刺激の強い食べものは摂取を控えてください。また、マウスピースが当たって口内炎が生じているケースでは、一時的にマウスピースを外すことが賢明です。症状が悪化しそうであれば、すぐに矯正歯科の歯医者に診てもらうことをおすすめします。もし歯医者へ行く時間がない場合は、口内炎に効く市販の軟こうを試してみても良いかもしれません。

症状の強い口内炎は歯医者に診てもらう

症状の強い口内炎は歯医者に診てもらう

安静にしたり、市販の軟こうを塗ったりしただけでは症状が治まらない口内炎は、すぐに通院している矯正歯科の歯医者に診てもらってください。そもそもマウスピースの形態が悪影響を及ぼしていることもありますし、口内炎の症状が悪化して、別の病気を引き起こし始めていることもあり得ます。とりわけ、矯正中というのは、常に矯正器具を装着している特殊な状況ですので、何より専門家の意見を聞くことが大切です。「あまりひどくないから」と自己判断してしまうと口内炎の悪化だけでなく、矯正にも支障をきたすことがありますので注意しましょう。

歯医者では何をしてくれるの?

矯正中の口内炎に対しては、矯正歯科で症状に応じたさまざまな対応をしてくれます。例えば、矯正器具による刺激が原因で口内炎ができている場合は、矯正用ワックスを使用することがあります。ワックスを塗布することで潤滑性が高まり、粘膜を傷つけにくくなるのです。また、口内炎そのものには医師や歯科医師しか処方することのできない軟こうを出してくれることがあります。そうした軟こうは市販のものより効果が高く、口内炎の治癒を高めてくれることでしょう。

まとめ

このように、矯正治療には口内炎がつきものですが、マウスピース矯正を受けることによってそのリスクは各段に下がります。また、口内炎ができてしまった場合でも、マウスピース矯正であれば矯正器具をいつでも取り外せますし、口内炎に対する処置も施しやすくなっているため非常におすすめです。口内炎は症状としては軽くても、毎日の食事のなかでは不快感が募り、楽しんで食事ができなく恐れもあります。市販の軟こうなどで改善する場合もありますが、不安なときは歯科矯正を行っている歯医者へ相談してみましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

2018年09月15日 (土)

歯並びにお悩みを抱えている人にとっては、矯正治療ほどありがたいものはありませんよね。コンプレックスの原因であり、自分自身 ...続きを読む

2018年09月11日 (火)

目立ちにくく、装着感も良好なマウスピース矯正は、その利便性の高さから、治療を希望される患者さんが急増しています。そんなイ ...続きを読む

2018年09月7日 (金)

マウスピースを使った矯正治療は、言うまでもなく歯並びを改善するための処置です。そのため、主な治療の成果は乱れた歯並びの改 ...続きを読む

2018年09月3日 (月)

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎がよく見えてしまう状態で、日本人でもこの症状に悩まされている方は珍しくありません。また ...続きを読む

2018年08月27日 (月)

マウスピース矯正は、目立ちにくく着脱可能で、金属アレルギーの心配もない素晴らしい矯正治療法です。そのため、「矯正治療を受 ...続きを読む

2018年08月23日 (木)

矯正中には、お口のなかにさまざまなトラブルが生じることがあります。なかでも口内炎は厄介で、原因となる矯正器具を外すことが ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^