矯正コラム

マウスピース矯正中に感じやすいストレスと解消方法

2018年09月15日 (土)

歯並びにお悩みを抱えている人にとっては、矯正治療ほどありがたいものはありませんよね。コンプレックスの原因であり、自分自身では改善することのできない歯並びを、理想に近い形に整えることができるのが歯列矯正です。とくにマウスピース矯正であれば、見た目が気にならず快適に治療を受けることができます。けれども、歯並びの治療にかかる期間というのは、数年にも及ぶため、様々なストレスを感じることがあります。ここではそんなマウスピース矯正中に感じやすいストレスと解消方法を詳しく解説します。

歯を動かす時に生じる痛みや不快感

歯を動かす時に生じる痛みや不快感

マウスピース矯正に限らず、矯正治療全般には、必ずといって良いほど痛みや違和感などを伴います。これはなぜかというと、歯は歯槽骨と呼ばれる顎の骨にしっかりと埋まった組織だからです。その証拠に、自分の手で触ったり揺らしたりしても、びくともしないはずです。そうして強固に固定された歯を強引に移動させるのが歯列矯正ですので、治療中は痛みや違和感が生じても何ら不思議ではないのです。とはいえ、我慢できないほどの痛みを感じることはまずありません。とりわけ、マウスピース矯正はゆっくりと歯を動かしていく矯正治療法ですので、ワイヤー矯正よりも痛みを感じにくくなっています。

矯正期間中に、我慢できないほどの痛みや違和感などが生じた場合は、まず歯医者に診てもらいましょう。マウスピース矯正というのは、コンピューターを使って歯を動かす速度などを厳密に調整していますので、基本的にそれほど強い痛みが生じることはありません。ですから、そうしたトラブルやストレスが発生した場合は、矯正装置に何らかの不備が生じている可能性があります。あるいは、患者さんご自身の歯や歯周組織に異常が発生していることも考えられますので、歯医者による診察が必要です。

矯正装置を装着していることによるストレス

私たちのお口の中は、非常に繊細にできています。例えば、肉眼で確認できるかできないかくらいの小さな砂粒が口腔内に入っても、敏感に感じ取ります。おそらく皆さんも一度は経験したことがあるかと思いますが、砂粒を噛んだ途端に強い違和感や不快感が生じるものです。ですから、矯正装置のような大きな異物がお口の中に入るということは、それだけ大きなストレスがかかっても何ら不思議なことではないのです。

ただ、一般的なワイヤー矯正ではなく、マウスピースを用いた矯正法であれば、比較的ストレスは少なく済みます。なぜなら、マウスピースは歯科医院を受診して、歯医者に型取りをしてもらうことで作製するものであるため、患者さんひとりひとりの歯列にぴったりと適合するからです。厚みもわずか0.5mm程度と薄く、マルチブラケット装置や金属製のワイヤーとは比較にならないほどストレスが少ない矯正法といえます。それでもやはり、ある程度の違和感や異物感は生じますので、その点については使用していく中で慣れることが大切です。早ければ数日、遅くても1~2週間もすれば、マウスピースを装着すること自体の違和感はなくなります。

マウスピースを着脱しなければならないストレス

マウスピース矯正では、毎日数回はマウスピースの着脱を行うこととなります。それは食事をする時と、歯磨きをする時です。その際は、患者さんご自身で取り外すこととなるため、ストレスを感じる人もいらっしゃることでしょう。ただ、そうしたマウスピースの着脱に関するストレスも、時間が経過するとともに、軽減していくことは確かです。逆に、自分自身では取り外すことができず、年中口腔内に装着しておかなければならないワイヤー矯正の方が、ある意味でストレスが大きい治療法ともいえます。つまり、矯正装置を自分の意思で着脱できるということが、ストレス軽減につながるとも考えられるのです。

マウスピースを清掃するのに手間がかかる

マウスピースを清掃するのに手間がかかる

マウスピースは、毎日きちんと清掃しなければなりません。そうしたケアを怠ると、虫歯や歯周病を誘発してしまうため注意しましょう。とはいえ、歯磨きをするだけでなく、マウスピースのブラッシングまで行わなければならなくなるのは、非常にストレスかと思います。そこでおすすめなのが、マウスピース矯正専用の洗浄剤です。メーカーによっては、マウスピースを簡単に洗浄できる薬剤や器材を販売していますので、それらを活用して日々のケアの手間を省くのもひとつの手段です。

まとめ

このように、マウスピース矯正中にはいろいろな面でストレスがかかることがありますが、その都度、上述したような方法で改善するなり、慣れるまで待ったりするのが得策といえます。マウスピース矯正自体、矯正歯科の治療の中ではストレスの少ない施術法ですので、ある程度のストレスは受け入れることも大切といえます。それでも我慢できないほどのストレスや違和感がある場合は、担当の歯医者に相談することをおすすめします。歯医者は矯正治療に伴うストレスなどをできるだけ緩和するよう、対応してくれることかと思います。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

2018年09月15日 (土)

歯並びにお悩みを抱えている人にとっては、矯正治療ほどありがたいものはありませんよね。コンプレックスの原因であり、自分自身 ...続きを読む

2018年09月11日 (火)

目立ちにくく、装着感も良好なマウスピース矯正は、その利便性の高さから、治療を希望される患者さんが急増しています。そんなイ ...続きを読む

2018年09月7日 (金)

マウスピースを使った矯正治療は、言うまでもなく歯並びを改善するための処置です。そのため、主な治療の成果は乱れた歯並びの改 ...続きを読む

2018年09月3日 (月)

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎がよく見えてしまう状態で、日本人でもこの症状に悩まされている方は珍しくありません。また ...続きを読む

2018年08月27日 (月)

マウスピース矯正は、目立ちにくく着脱可能で、金属アレルギーの心配もない素晴らしい矯正治療法です。そのため、「矯正治療を受 ...続きを読む

2018年08月23日 (木)

矯正中には、お口のなかにさまざまなトラブルが生じることがあります。なかでも口内炎は厄介で、原因となる矯正器具を外すことが ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^