矯正コラム

3歳以上の子供を持つ親の半数が矯正を考える! マウスピース矯正が人気

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱れている人はあまり見かけませんが、日本人には珍しくありません。けれども昨今、日本人の口腔への意識は高まりつつあり、自分自身だけでなく、子供の矯正治療を検討する人が急増しているのです。ここではそんな子供の矯正治療について詳しく解説します。

親の半数が子供の矯正を検討

親の半数が子供の矯正を検討

3歳以上の子供を持つ親の約半数が、これまで子どもに矯正治療を受けさせようと考えたことがあるそうです。半数というと、相当な数ですよね。それだけ、自分の子供の歯並びについて、真剣に考えている親御さんが多いということになります。ただ、当然ですが、子供の矯正治療を検討したことがある親御さんの全てが実際に矯正治療を受けさせたわけではありません。やはり、矯正治療となると、気になる点が多々生じてきます。とくに、子供に矯正治療を受けさせるのであれば、目立たない矯正法が好まれる傾向にあります。具体的には、マウスピース矯正ですね。

マウスピース矯正が人気の理由

マウスピース矯正といえば、成人してから歯並びを治したいと考えた人におすすめの矯正法です。金属製のワイヤーを通したり、ブラケットを歯面に接着したりする必要がないため、口元の審美性を害することがありません。マウスピース自体は、透明な樹脂製なので、装着していても目立たないというメリットもあります。そんなマウスピース矯正は、子供の治療にも応用されているのをご存知でしょうか。

厳密には、一般的なマウスピース矯正とは異なるのですが、同じように目立たない矯正装置で子供の歯並びを治せるという点で共通しています。そのため、矯正歯科を訪れる子供連れの患者さんは、マウスピース矯正を希望される方が多くなっています。やはり、ワイヤー矯正のように、目立ちやすい矯正装置だと、学校などで注目されてしまいますので、目立たないマウスピース矯正が人気となっているのです。

子供なら誰でも受けられるの?

子供のマウスピース矯正というのは、すべての子供に適用できるというわけではありません。矯正歯科で診断を受け、歯医者が適用できる症例だと判断した場合に限り、マウスピース矯正を受けることができます。とはいえ、かなり多くのケースでマウスピース矯正が適用されているので、子供に治療を受けさせたいとお考えの方は、まず矯正歯科の歯医者に相談してみてください。治療内容の説明も含め、カウンセリングを受けることで、子供のマウスピース矯正に関する理解が深まるかと思います。

大人のマウスピース矯正とは違うの?

大人のマウスピース矯正とは違うの?

上述した通り、子供が受けるマウスピース矯正というのは、大人が受けるマウスピース矯正とは少し異なります。その違いを簡単に述べると、子供のマウスピース矯正は、顎の発育や顎の筋肉の使い方をコントロールする矯正装置です。発育途上にある子供の時期だからこそ、効果が期待できる矯正法です。

一方、大人が受けるマウスピース矯正は、主に歯並びを整えるものです。歯の向きの異常や歯列の隙間などを正常に戻す上で、有効です。当然のことながら、大人になると顎の発育は止まっていますので、顎骨の成長誘導などは行えません。これが子供と大人のマウスピース矯正の違いです。

費用はどのくらい?

子供にマウスピース矯正を受けさせる上で、気になるのは治療費ですよね。一般的なマウスピース矯正では、数十万円から100万円かかることも珍しくないため、高額な治療費がネックとなって決断できない方もいらっしゃるかと思います。けれども、子供のマウスピース矯正に関しては、それほど高額になることは少ないです。具体的には、50万円以下で治療を受けているケースが大半で、100万円を超えるケースは稀といえます。これは、子供のマウスピース矯正と大人のマウスピース矯正とでは、処置内容や治療目的が異なるからです。使用するマウスピースも異なりますので、気になる方は矯正歯科の歯医者に相談してみてください。子供のマウスピース矯正装置を見せながら、丁寧に説明してくれることでしょう。

まとめ

このように、子供に矯正治療を受けさせたいと考える親御さんは年々増えてきています。それだけ、歯並びや噛み合わせの大切さを実感しているのだと思います。とくに、矯正期間中も子供が困ることが少ないよう、目立たないマウスピース矯正を希望する患者さんが増えています。これまで、マウスピース矯正は大人にしか使えないと思っていた方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。費用も50万円以下で済むケースが多く、経済的な負担は少なく済みます。ちなみに、子供のマウスピース矯正というのは、どの歯科医院でも行っているわけではありませんので、まずは歯医者に問い合わせる必要があります。多くの場合、歯科医院のホームページに掲載されていますので、ネットで下調べするのもひとつの手段です。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^