矯正コラム

うちの子出っ歯かも?いち早くマウスピース矯正がオススメな理由

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せるものではありませんので、コンプレックスになっている方も少なくありません。とくに、日本人に多い出っ歯に関しては、大人になってからもコンプレックスであり続けることが多く、もっと早めに治しておけば良かったと後悔されている方もいらっしゃることでしょう。そこでもしも、お子さまに出っ歯の傾向が見られたら、早期に矯正治療を受けさせてあげることをおすすめします。とりわけマウスピース矯正が推奨されることも含め、その理由について詳しく解説します。

出っ歯ってどんな歯並び?

出っ歯ってどんな歯並び?

出っ歯というのは、上の前歯が前方に突出している歯並びで、その原因は様々です。上の前歯だけが前方に倒れ込んでいたり、斜めに生えていたりすることもあれば、そもそも上の顎の骨が過剰に成長して、前方に突出している場合もあるからです。これらを総称して、専門的には「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と呼んでいます。

いずれにせよ、上の前歯の部分が突出しているような顔貌となるため、見分けはつきやすいかと思います。常に上の前歯が見えているような状態だと、出っ歯の可能性が高いため、一度、歯医者に診てもらうことが大切です。しかも、出っ歯というのは、子どものうちに発見できた方が歯科治療も施しやすくなりますので、早期の受診がおすすめです。

どうして子どもの時期に治療を受けた方がいいの?

矯正治療は、子どもの時期に受けた方が効果的です。なぜなら、多くの歯列不正(悪い歯並び)は、顎の骨の状態に由来しているからです。例えば、乱ぐい歯と呼ばれる叢生(そうせい)は、歯を並べるための顎の骨が小さすぎるために生じる歯列不正です。歯が生えてくる本数というのは、基本的に決まっていますので、それを並べるための顎骨が小さいと、無理矢理つめこむこととなります。その結果、それぞれの歯がバラバラな方向を向いた歯並びになってしまうのです。

これは出っ歯に関しても同じことがいえます。顎の骨が小さいと、前歯がきれいに収まらないため、前方に突出するほかなくなるのです。あるいは、上の顎の骨が過剰に成長したり、下の顎の骨の成長が不足していたりすると、相対的に上の顎が前方に飛び出た状態になりますよね。これもまた出っ歯の原因のひとつです。つまり、出っ歯を根本から治すには、顎の骨が発育途上にある成長期が一番といえるのです。

出っ歯はマウスピース矯正で治せる

出っ歯はマウスピース矯正で治せる

子どもに矯正治療を受けさせる上で心配となるのが、矯正装置による審美性の低下ですよね。大型の矯正装置を常に装着していると、日常生活に支障をきたすだけでなく、周りからからかわれることも少なくありません。ただそれは、歯の表面にブラケットと金属製のワイヤーを設置するワイヤー矯正に関するイメージといえます。それが例えば、マウスピース矯正で出っ歯が改善できるとなると、いかがでしょうか。

実際、ほとんどの歯科医院では、子どもに対するマウスピース矯正を実施しています。透明で目立ちにくいマウスピースを使用するため、口元の審美性が害されることも少ないです。また、マウスピースを装着するのは主に眠っている間ですし、昼間の装着時間も数時間に限られていますので、子どもへの負担は最小限といえるでしょう。

いつから通院したらいいの?

子どもの出っ歯で難しいのが、矯正歯科を受診するタイミングですよね。最初の乳歯が生え始めた時期なのか、永久歯が生え始めて、出っ歯が気になるようになった時期なのか、なかなか判断がつきません。そもそも、乳歯はいずれ抜け落ちる歯なので、すべての永久歯が生えそろってから受診した方が良いように思えます。

けれども、上述したように、出っ歯というのは単なる歯の生え方の問題ではなく、顎の発育と密接な関係があるため「乳歯や永久歯が何本生えそろったから」といった考え方ではなく、あくまで顎の発育状態を見る必要があります。子どもに出っ歯の兆しが見えたら、とりあえず一度歯医者に診てもらうことをおすすめします。かなり早い段階であっても、精密検査をすることで、今後、出っ歯になるかどうかも予測することが可能です。

まとめ

このように、出っ歯というのは、骨格的な問題が背景に潜んでいることが多いため、歯の生え方だけにとらわれず、顎の発育にも注意を払う必要があります。子どもの出っ歯に関しては、小児歯科や矯正歯科を受診することで、その原因から治療法まで、歯医者が詳しく説明してくれますので、まずは早期に受診しましょう。

マウスピース矯正を始めとして、いろいろな方法で出っ歯を治療してくれます。大人になってからだと治しにくい出っ歯も多々あるため、とにかく早期発見、早期治療が何より大切といえます。もしも、出っ歯ではなかったとしても、子どもの歯や顎の発育状態を知ることができるので有益です。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^