矯正コラム

セラミッククラウンでもマウスピース矯正なら跡残さずきれいにできる!

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が目立つ点などが気になって、矯正歯科を受診できなかったケースも珍しくないからです。そんな中、マウスピース矯正が普及したことで、大人になってからの矯正を受ける人が急増しているのです。

そんな審美性が高く、身体への負担も小さいマウスピース矯正ですが、いろいろな制約があることも確かで、とくにセラミッククラウンなどが入っている人は「そもそもマウスピース矯正を受けられないのでは?」と思われているのではないでしょうか。ここでは、セラミッククラウンが入っていてもマウスピース矯正が受けられるかどうかについて詳しく解説します。

マウスピース矯正ってどんな治療?

マウスピース矯正ってどんな治療?

マウスピース矯正というのは、文字通りマウスピースを用いた矯正治療です。最も一般的なワイヤー矯正とは異なり、透明なマウスピースを装着するだけで、歯並びを徐々に改善していくことが可能です。歯の表面にブラケットを設置し、金属製のワイヤーを歯列全体に通す必要がありませんので、一見すると、歯並びの矯正を行っているようには見えないのが特徴です。

矯正期間中に、口元の審美性が害されないという特徴は、大人になってから歯列矯正を受けようと決断する重要なポイントとなっています。けれども、そんなにメリットがばかりが強調されると、デメリットが隠れていないか心配になりますよね。とくに、マウスピース矯正を受けられないケースもあるのではないかと不安に感じることかと思います。

マウスピース矯正が受けられないケースとは?

マウスピース矯正は、すべての人に適用できる治療法ではありません。例えば、歯列全体が大きく乱れていて、マウスピース矯正だけでは改善できない歯並びに関しては、ワイヤー矯正を併用したりすることも珍しくないからです。また、虫歯や歯周病があるケースでは、そちらの治療を先に終えなければ、マウスピース矯正を始めることができません。なぜなら、マウスピース矯正というのは、最初の段階で、治療のゴールまでのマウスピースをすべて作製するため、虫歯や歯周病によって歯の形や歯並びが変わると、装置自体を作り直さなければならなくなるからです。

では、もうすでに虫歯治療が終わっていて、セラミッククラウンが入っている場合はどうなるのでしょうか。セラミッククラウンは人工歯ですし、歯列矯正によって傷がついたり、脱落したりすることはないのか疑問に思いますよね。

マウスピース矯正ならセラミッククラウンでも大丈夫

一般的なワイヤー矯正では、セラミッククラウンのような人工歯が入っている場合は、矯正治療を始める間に取り外し、影響の少ない仮歯などに取り換えることがあります。なぜなら、ワイヤー矯正というのは、ひとつひとつの歯にブラケットを接着して歯を動かす矯正法ですので、セラミッククラウンが入っていると傷がついたり、欠けたり、あるいはブラケットを適切な形で接着できなかったりすることがあるからです。

一方、マウスピース矯正であれば、1本1本の歯に矯正装置を接着する操作がありません。マウスピースは、歯列全体にかぶせる装置ですので、例えセラミッククラウンが入っていても、大きな悪影響は生じないことがほとんどです。もちろん、セラミッククラウンが入っている状況や、患者さんのお口の中の状態によってはマウスピース矯正を適用できないこともありますので、まずは矯正歯科の歯医者に相談してみてください。

セラミッククラウンを入れたままでも歯並びは良くなるの?

セラミッククラウンを入れたままでも歯並びは良くなるの?

マルチブラケットを用いたワイヤー矯正では、個々の歯にブラケットを接着して、強力な矯正力を歯に与えることができます。それだけに、セラミッククラウンが入っていると不都合が生じるのです。そう聞くと、マウスピース矯正はそれほど強い力がかからず、歯並びもあまり良くならないのではないか、と思われる方もいらっしゃることかと思います。

確かに、ワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正の方が歯や歯列に与える矯正力は小さいです。けれども、そもそも力の及ぼし方が異なるため、一概にマウスピース矯正が劣っているとは言い切れません。また、事前検査によってマウスピース矯正を適用することができると診断された場合は、ある程度の治療効果も期待できるということですから、歯並びが良くならないということはまずありません。マウスピース矯正の多くは、専用の3Dシミュレーションソフトによって、治療のゴールまでの歯並びを映像化できますので、治療を始める前に最終的な結果を確認することができます。

まとめ

このように、マウスピース矯正では歯列の中にセラミッククラウンが入っていても、矯正治療を受けることが可能です。せっかく、お金と時間をかけて入れたセラミッククラウンですので、傷を付けずに矯正治療を終わらせたいものですよね。そういった患者さんの要望にも、矯正歯科では対応しています。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^