矯正コラム

マウスピース矯正でのマウスピースでの手入れは面倒?

2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特別な方法でお手入れしなければならない場合は、面倒に感じてしまうこともありますよね。ここではそんなマウスピース矯正に使用するマウスピースのお手入れ方法について詳しく解説します。

毎日洗う必要がある

毎日洗う必要がある

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、当然のことながら毎日お手入れしなければなりません。なぜなら、お口の中には細菌などが常在していますので、マウスピースを1日使用すると、間違いなく汚れが付着してしまいます。その状態で何日も使用し続けると、歯の表面に虫歯菌や歯周病菌、それから口臭の原因となるような雑菌が繁殖しますので、注意が必要です。マウスピースは透明なので、一見すると汚れていないように見えることがありますが、実際はそうではありません。毎日のお手入れは必ず行いましょう。

基本は水洗い

マウスピースのお手入れは、基本的に水洗いで大丈夫です。流水で軽く洗う程度でも洗浄効果はありますが、通常の歯磨き粉と歯ブラシを使って、細かい溝などに付着した汚れを落とすことも大切です。ただ、マウスピース矯正のマウスピースは、比較的軟らかい素材で作られているため、歯を磨く要領でゴシゴシとブラッシングすると、表面に傷がついたり、場合によっては欠けてしまったりするため、注意しましょう。もしも歯ブラシで磨くのであれば、毛先のやわらかいものを使い、やさしく丁寧にブラッシングしましょう。

ちなみに、雑菌を取り除くという意味で、熱湯を使って洗浄する人もいらっしゃいますが、マウスピースが変形する可能性がありますので、使用するのは水に限定しましょう。ブラッシングの後の洗浄で、温水を使うのもあまり良くありません。マウスピースは、歯並びを少しずつ動かすように作られた精密な装置ですので、できるだけ変形しないよう取扱うことが大切です。

専用のクリーニング剤を活用する

マウスピース矯正のシステムによっては、専用のクリーニング剤を提供している場合もあります。そういったクリーニング剤は、マウスピースを傷つけることなく、効果的に汚れを落とすことができるため、非常におすすめです。ただ、クリーニング剤の使用方法は、それぞれのメーカーによって異なりますので、気になる方は問い合わせてみてください。

入れ歯洗浄剤を使っても大丈夫?

入れ歯洗浄剤を使っても大丈夫?

マウスピースと同じような形態をしている補綴物に、入れ歯があります。入れ歯もマウスピースと同様、毎日のお手入れが欠かせないのですが、入れ歯洗浄剤という便利な薬剤が市販されています。そのため、多くの患者さんは毎日入れ歯を洗浄剤でお手入れしています。そこで気になるのが、入れ歯洗浄剤をマウスピースの洗浄に応用できないかという点です。

実際、マウスピース矯正のマウスピースを入れ歯洗浄剤でお手入れしている方はたくさんいらっしゃいますし、製品の性質上、大きなトラブルが生じるリスクもそれほど高くありませんので、禁止している歯医者も少ないことでしょう。お手入れが面倒で、マウスピースが不潔になってしまうくらいであれば、入れ歯洗浄剤を活用して、毎日清潔に保つのもありだといえます。

マウスピースにトラブルが生じたらすぐに連絡する

マウスピースは、お手入れの仕方によっては、様々なトラブルが生じることがあります。上述したように、熱湯で洗うことでマウスピースが変形したり、強いブラッシング圧によって欠けたりすることも十分あり得ます。また、取り外しができることで、どこかに置き忘れることもあり得ます。そうしたトラブルが発生したら、すぐに治療を受けている矯正歯科の歯医者に連絡しましょう。問題のあるマウスピースを使い続けることは、矯正治療だけでなく、お口全体の健康にも悪影響が及ぶことがありますので注意が必要です。

一般的なマウスピース矯正では、事前に精密診断を行うことで、患者さんのお口のデータを保存しています。そのため、1つのマウスピースが壊れてしまったとしても、保存されたデータを元に、新しく複製することが可能です。最も良くないのは、現在使用しているマウスピースが壊れ、自己判断で次の段階のマウスピースへと移行してしまうことです。マウスピースを取り換える時期は、厳密に決められていますので、常に歯科医師の指示に従うようにしましょう。

まとめ

マウスピースのお手入れは大変そうと思っている方もいるかもしれません。しかし、このように、マウスピースのお手入れで面倒な点はありません。歯ブラシでやさしく磨き、水洗いするだけでも大丈夫です。専用のクリーニング剤を利用することができれば、より一層手間が省けることでしょう。いずれにしても、毎日清潔なマウスピースを使うことは、お口の健康にとっても、矯正治療を適切に進めていく上でも必要不可欠なことですので、面倒とは考えずにしっかりお手入れしていきましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

2018年10月27日 (土)

マウスピース矯正は、透明で目立ちにくく、異物感なども比較的少ない矯正治療法ですが、仕事やデートの際など、外したいと思うと ...続きを読む

2018年10月23日 (火)

歯並びはきれいに整えたいけれども、高額な治療費がネックとなって、矯正治療を受けることをためらっている人は沢山いらっしゃい ...続きを読む

2018年10月19日 (金)

原因はよくわからないけれども、長年、頭痛や肩こりが治らないという人は結構いらっしゃいます。病院に行っても、根本的な原因を ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^