矯正コラム

自分の見た目を気にする思春期の子供にこそマウスピース矯正を

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが、思春期のお子さまがいらっしゃるご家庭では、矯正治療を受けさせるかどうか、非常に悩まされる点かと思います。なぜなら、思春期というのはとても多感な時期ですので、矯正治療によって口元の審美性が害されることは、いろいろなリスクを伴うからです。ここではそんな思春期のお子さまにこそ、マウスピース矯正がおすすめである点を詳しく解説します。

マウスピース矯正ってどんな治療?

思春期の子供

従来のワイヤー矯正は、歯の表面にマルチブラケットやワイヤーを設置するため、矯正治療をしていることが一目でわかりました。けれども、マウスピース矯正では、一見すると矯正治療を受けていることがわかりません。というのも、矯正装置が透明な樹脂で作られているため、近づいてじっくりと観察でもしなければ、目で見ることが難しいのです。そのため、マウスピース矯正は、見た目を気にする思春期のお子さまにぴったりの矯正治療法といえます。

マウスピース矯正は自由に取り外しができる

マウスピース矯正の大きな特徴として、患者さまご自身が自由に矯正装置を取り外すことができる点が挙げられます。従来型のマルチブラケット装置は、歯の表面に接着剤で固定するため、歯医者でなければ取り外すことはできないという難点がありました。ワイヤーが外れてしまった場合も、矯正歯科を受診しなければならないのです。その点、マウスピース矯正はいつでも自分の意志で取り外すことができるため、取り扱いが簡便といえます。

さらに、思春期のお子さまというのは、見た目が気になることから、どうしても矯正装置を取り外したい時があります。そんな時は、我慢せずマウスピースを取り外しましょう。一応、マウスピース矯正におけるマウスピース装置の装着時間というのは決められていますが、もしもの時はやむを得ず外しても良いといえます。さらに、インビザラインというマウスピース矯正では、装着時間の確認機能を利用することもできますので、装着時間が不足するような事態はあまり起こらないといえます。

食べたいものを食べられる

マルチブラケットによるワイヤー矯正では、装置の特性上、食べられるものがある程度限られていました。硬い食べものや粘着性の高い食べものを好んで食べていると、矯正装置を壊してしまう恐れがあったからです。その点、マウスピース矯正であれば、食べたいものを食べることができます。なぜなら、食事の際には、マウスピースを取り外すからです。思春期は、体が発育途上にある時期ですので、できるだけいろいろなものを食べて、栄養をつけなければなりません。そういう意味でも、マウスピース矯正は思春期のお子さまに適した矯正法といえます。

お口のトラブルが起こりにくい

バスケットボールをする学生たち

マウスピース矯正の装置は、表面がとても滑らかで、口腔粘膜を傷つけることがなく、お口のトラブルも起こりにくくなっています。そのため、部活でサッカーやバスケットボールをしている人も、気兼ねなくスポーツに励むことができます。そうした滑らかな表面性状は、見た目の良さにもつながっていきます。マウスピース矯正のマウスピースは、歯列とほぼ同じ形をしているので、目立ちにくいと同時に、見た目も美しく作られているのです。

矯正治療は若い時期から受けた方がいい?

マウスピース矯正は、成人になってからでも受けることのできる矯正治療です。そのため、わざわざ見た目を気にする思春期に受ける必要はないのでは、と思われる方も多いかもしれません。けれども、矯正治療というのは思春期あたりに受けた方が最も良い治療結果が得られるものなのです。それは思春期が身体の成長期と重なっているからです。

私たちの歯は、思春期前後で永久歯が生えそろうと同時に、顎の骨の発育も進んでいきます。そういった成長期に歯を動かす治療を施すことで、歯を効率良く移動させることが可能となるのです。それが成人になってしまうと、歯だけを動かすこととなるため、自ずと治療にかかる時間なども長くなります。それは矯正歯科の歯医者であれば、口をそろえて説明する点といえます。つまり、見た目が気にならないマウスピース矯正というのは、思春期のお子さまの矯正治療に最適な装置といえるのです。

まとめ

このように、マウスピース矯正は、非常に目立ちにくい矯正装置だけに、見た目を気にする思春期のお子さまにおすすめです。取り外しが自由であったり、好きなものを食べられたりと、他にもさまざまなメリットがある優れた矯正法ですので、気になる方は、一度、矯正歯科の歯医者に相談してみましょう。

その際は、実際に矯正治療を受けるお子さまも同席することをおすすめします。マウスピース矯正の特性を知ることで、矯正治療へのマイナスなイメージが取り除かれることは間違いありません。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^