矯正コラム

昔矯正していた歯が後戻りしてきた人へ|マウスピース矯正なら痛くない

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきものではありますが、実際にそれを経験すると、もう一度、施術を受けようか迷ってしまいますよね。なぜなら、矯正治療には痛みや不快感、口元の審美性の低下など、いろいろなストレスが伴うからです。そこでおすすめしたいのがマウスピース矯正です。マウスピース矯正であれば、後戻りした歯の治療も快適に行うことが可能です。

マウスピース矯正ってどんな治療?

マウスピース

マウスピース矯正は、患者さまの歯列の形態に沿ったマウスピースを製作し、それを装着することで歯並びを改善する矯正法です。従来、一般的な矯正法として知られていたワイヤー矯正とは、いろいろな点で大きく異なります。おそらく、昔矯正をしていた人は、マウスピース矯正があまり普及しておらず、治療の選択肢としてはあがっていなかったのではないでしょうか。今は、マウスピース矯正のシステムも確立され、安心安全に施術を受けることができます。

マウスピース矯正なら痛くない?

ワイヤー矯正によって動かした歯が後戻りしている人は、痛みについて心配されているケースが多いかと思います。ワイヤー矯正は、矯正力が強い分、治療に伴う痛みも強くなっているからです。それだけに、もう一度あのような痛みを感じたくないという思いから、歯の後戻りの治療に一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。けれども、その点はご安心ください。マウスピース矯正であれば、ワイヤー矯正ほど強い痛みを感じることはまずありません。

マウスピース矯正は、歯列にフィットするマウスピースを装着して歯を動かしていくのですが、形態の異なるものへと徐々に交換していきます。いきなり、理想とするような歯列に近づけるのではなく、少しずつ歯を動かすように設計されているのです。そのため、1つ1つのマウスピースを交換していく過程では、強い痛みが生じないのです。そういう意味で、矯正治療に伴う痛みを心配されている方には、マウスピース矯正が最適です。

口内炎にもなりにくい

口内炎

マルチブラケットを用いたワイヤー矯正を行った方は、歯の表面にデコボコとした複雑な装置を設置したことを覚えているのではないでしょうか。とくにブラケットというのは、異物感が大きく、口腔粘膜に対する刺激も強いものです。そのため、日常的に口内炎が生じるという人も珍しくありません。これは、ワイヤー矯正の経験がある人であれば、すぐに共感できる点でしょう。口内炎というのは、なかなか治らず、しかもそれが繰り返し生じるというのは、非常に大きなストレスといえます。

この点についても、マウスピース矯正なら安心です。なぜなら、マウスピース矯正で使用するマウスピースは、表面が非常になめらかだからです。インビザラインに代表されるマウスピース矯正では、樹脂を使ってマウスピースを製作するため、比較的柔らかく、お口の中に入れても異物感が少ないのです。そして、ブラケットのような突起の部分も存在しないため、口内炎を作る原因にもなりません。これもまた、マウスピース矯正が多くの人に支持されているひとつの理由といえます。

歯の後戻りの改善なら治療期間も短くてすむ

もしも、過去に矯正治療を受けていて、歯の後戻りの改善を希望しているのであれば、マウスピース矯正による治療期間はそれなりに短縮することが可能です。というのも、歯が後戻りしてはいるものの、最初の矯正治療である程度、歯の移動が完了しているため、次に行う歯列矯正では1から治療を開始するというわけではないからです。もちろん症例にもよりますが、多くの場合で、治療期間を短縮することができるでしょう。治療期間に関しては、マウスピース矯正をお願いする矯正歯科の歯医者に問い合わせてみてください。

マウスピース矯正は、ただでさえ痛みや不快感、異物感などが少ない歯列矯正なのですが、さらに治療期間も短いとなると、不安な点はほぼなくなるのではないでしょうか。とはいえ、過去に矯正治療を受けて、歯が後戻りしている場合は、歯列矯正に対する不安や疑問も多々あるかと思いますので、矯正歯科の歯医者に一度じっくりと相談してみることをおすすめします。矯正治療に伴う痛みが不安な患者さまというのはたくさんいらっしゃいますので、矯正歯科の歯医者も有益なアドバイスをしてくれることかと思います。

まとめ

このように、マウスピース矯正は痛みや異物感などが少ない矯正法ですので、過去の矯正治療の痛みが不安で、再治療に踏み出せないという方には、おすすめの矯正法といえます。マウスピース矯正には、その他にも上述したようなメリットがあり、忙しい人や口元の審美性を落としたくない人などにも最適な矯正法となっています。気になる方は、一度矯正歯科を受診し、詳しい話を聞いてみてはいかがでしょうか。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^