矯正コラム

接客業なので、ワイヤー矯正ができない人にはマウスピース矯正がある!

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔であいさつしたとしても、スマイルした口元からのぞく歯並びが悪いと、今ひとつ、印象が良くないということもあり得ます。そこで矯正治療に踏み切る人もいらっしゃるかと思うのですが、ワイヤー矯正となると、装置が目立ちすぎてしまい、かえって仕事の邪魔となります。そんな方には、マウスピース矯正がおすすめです。

クリアで目立ちにくいマウスピース矯正

クリアで目立ちにくいマウスピース矯正

マウスピース矯正では、クリアな樹脂製のマウスピースを使いますので、一見すると矯正治療中であることがわかりません。目を近づけて凝視すると、マウスピースの存在に気付くことはありますが、接客業の方で、普段お客様と接している距離感では、まず気づかれることはありません。これはマウスピース矯正における主なメリットの1つといえます。

やはり、接客業の方は、美しい歯並びを手に入れたいと希望されますが、矯正期間中に口元の審美性が低下するのは許容できないという方も当然多いでしょう。そういった点で、マウスピース矯正ほど適した矯正法はないといえます。

着脱式の矯正装置

ワイヤー矯正は、歯列に金属製のワイヤーを設置する着脱不可能な矯正装置です。金属製のワイヤーは、ブラケットと呼ばれるパーツによってしっかりと固定されていますので、歯医者でなければ外せません。もちろん、患者さまご自身でも無理に外そうとすれば外せないことはありませんが、そうすると矯正治療が中断してしまうどころか、矯正装置自体が壊れてしまうので、原則的に取り外せない装置といえるのです。

一方、マウスピース矯正のマウスピースは、患者さまご自身で自由に取り外すことができます。というのも、マウスピース矯正のマウスピースは、何か特別なパーツや薬剤を使って、口腔内に装着するものではないからです。基本的には、マウスピースをそのまま歯列にはめ込むという形になり、取り外すときも、何か特別な器具が必要なわけではありません。マウスピース矯正のマウスピースは、必要に応じて着脱可能な装置なのです。

好きな時にいつでも外していいの?

マウスピース矯正のマウスピースは着脱可能、と聞くと、いつでも好きな時に取り外せるものと思われるかもしれませんが、実際はそういうわけではありません。マウスピース矯正は、それぞれの矯正システムにもよりますが、基本的に食事と歯磨きの時以外は、装着しなければならない装置です。例えば、インビザラインであれば、1日20時間以上のマウスピース装着が推奨されています。そのため、それぞれの矯正システムで決められた装着時間を守ったうえで、好きな時にマウスピースを取り外せると理解した方が良いかと思います。

金属アレルギーのリスクがゼロ

金属製のワイヤーを使った矯正器具、ブラケット

昨今、歯科治療に用いられる金属によって、金属アレルギーを発症する患者さまが増えてきています。おそらく、これまでも同じくらいの数はいらっしゃったのかと思いますが、それが銀歯などによるものとはわからなかったのでしょう。そのため、最近は歯科治療を始める前に、金属アレルギーの検査を行う歯科も増えてきています。ちなみに、矯正治療にも、いろいろなところに金属が使われることがあります。最もわかりやすいのがワイヤー矯正です。ワイヤー矯正では、金属製のワイヤーを用いており、ブラケットに関しても金属製であることが珍しくありません。これらの金属がアレルゲンとなる患者さまもいらっしゃらないわけではないのです。では、マウスピース矯正はどうでしょう。

マウスピース矯正で使用する装置や器具は、透明な樹脂製のマウスピースのみです。そこにはいずれの金属も含まれていませんので、金属アレルギーを発症するリスクはゼロといえます。治療の開始から、治療の完了まで金属をお口の中に装着する機会のないマウスピース矯正は、体にも優しい矯正法といえるのです。

マウスピースはいつでも洗えて清潔

マウスピースは、毎日取り外して洗うことができます。専用の洗浄剤を提供しているところもありますので、是非ともご利用ください。一方、ワイヤー矯正は、歯列から取り外すことのできない装置ですので、装着した状態で歯磨きをする必要があります。これが非常に難しく、すみずみまできれいに磨けるようになるには、それなりの時間がかかります。それだけに、矯正治療中の虫歯が増える傾向にあるのです。

まとめ

このように、接客業の方で歯並びを良くしたいと希望されているのであれば、マウスピース矯正がおすすめです。クリアでなめらかな形態のマウスピースは、装着していても気づかれません。また、取り外すことも自由に行えますので、使い勝手も良好です。加えて、取り外して清掃することができるため、マウスピース自体はもちろんのこと、お口の中も清潔に保つことができます。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^