矯正コラム

マウスピース矯正って誰でもできるの?不向きな人の特徴と他の矯正治療との併用に関して

2017年01月15日 (日)

マウスピース矯正を検討している人の最初の疑問が、自分には適した方法だろうか、というものではないでしょうか。

今回は、マウスピース矯正が不向きとされる人の特徴と、別の矯正と併用することでマウスピース矯正が受けられるケースについてご紹介します。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正の特徴

一般的な矯正治療のイメージは、痛みや違和感が伴うものという認識が強いかもしれません。ブラケットと呼ばれる装置を使って歯を移動させるワイヤー矯正は、子どもから大人まで、難症例にも対応できるという利点があります。一方で、複雑な装置によって歯垢が付着しやすく落としにくいなどの気になる点も挙げられます。

そこで近年、痛みや不快感の少ないと言われるマウスピース矯正が注目を集めています。一定期間でマウスピースを交換しながら、少しずつ歯列を矯正していく画期的な治療法ですが、全症例に適応するとは限らないと言われています。

歯の移動が大きく抜歯を伴うような難症例には不向きとされ、メリットやデメリットは当然のように存在します。どのような方に適さないのか、その場合、他の矯正を併用することで治療は可能になるのか、それらを知ることは今後の治療にも大きく役に立つでしょう。

矯正治療のメリット

矯正治療でマウスピースを用いると、ブラケットと異なるその特性から複数のメリットがあります。

●透明で目立ちにくい

医療用のプラスチック製でできたマウスピースは透明で目立ちにくいのが特徴です。治療中であることを周囲に知られずに続けられることも多く、接客業や見た目の気になる女性には特に嬉しい矯正装置と言えます。

●取り外しが可能

ご自分で着脱ができるため、食事をする際は外して楽しむことができます。また歯磨きも矯正装置が邪魔になることなく磨きやすい環境な上、特に矯正用の歯ブラシを用意する必要もありません。
だからと言って、正しく丁寧に歯磨きをしなければ虫歯や歯周疾患を引き起こす原因に繋がります。必ず歯間ブラシやデンタルフロスを使いながら、プラークコントロールを徹底していきましょう。
外したマウスピースは、歯ブラシのみで優しく汚れを落とし、水洗いするだけでお手入れができ、清潔に保つことができます。

●痛みや違和感が少ない

マウスピースによって少しずつ歯を移動させるため、交換直後は圧迫感があるものの、抜歯をして大きく動かす矯正と比較すると負担は軽減されます。ワイヤー矯正よりも粘膜に対する刺激や違和感も少ないと言われています。

●被せものがあっても装着できる

ワイヤー矯正の場合、ブラケットの離脱を防ぐために金属やセラミックなどの補綴物を外して仮歯にするケースがあります。マウスピース矯正では、そのまま装着できるために患者様への負担も軽減されます。

●装置が外れてしまう心配がない

自由に着脱のできる装置のため、矯正装置が外れてしまうと言うトラブルがない分、ストレスも少なくて済むでしょう。さらに、10日から2週間で新しい装置と交換しながら矯正していきますので、劣化による破損の心配もほとんどありません。交換直後は圧迫感があったり、着脱がしにくかったりすることもありますが、数日で落ち着くのが一般的だと言われています。

●金属アレルギーの方でも安心

医療用のプラスチック製マウスピースなので、金属によるアレルギーの心配はいりません。

マウスピース矯正のデメリット

目立たない、着脱できるというメリットがある一方、デメリットもあります。メリットだけではなくデメリットも知っておくことで、マウスピース矯正の成功につながります。

●1日20時間以上の装着

決められた装着時間を守らない場合、治療の進行を遅らせる原因に繋がるため、食事や歯磨きのとき以外は常に装着していなければなりません。

●自由に着脱ができる

これは、ときにデメリットになり得ることです。外している時間が長くなれば、それだけ治療も長引くと言うことを念頭におき、必ず装着時間を守るようにしましょう。

●治療費や矯正期間がかかることも

大きな移動や捻転を矯正する場合、マウスピースだけで治療するとなると、それだけ歯の移動に必要なマウスピースの数が増え、矯正期間と費用がかかる場合があります。

マウスピース矯正がおすすめできないケースとは

メリットが多く、人に矯正していることを知られたくないという場合に便利なマウスピース矯正。しかし、誰もが適応するわけではありません。たとえば、次のような人はあまりマウスピース矯正が合わない可能性が出てきます。

●顎や骨格、歯によって不向きなケース

顎のサイズが大きかったり、左右のバランスが悪かったりする場合は、歯の移動範囲が大きくなると言う理由から不向きであると言われています。さらに顎関節症のある方は、主治医と相談の上で治療を決める必要があります。

●成長過程にある子ども

マウスピース矯正では、事前に歯がどのように移動していくのかをシミュレーションして、いくつものマウスピースを作製していきます。

2週間ごとに新しいマウスピースと交換し歯を少しずつ動かしていくわけですから、永久歯の生え揃っていない状態では、骨格も成長過程にあることから予測が困難。作製したマウスピースが合わなくなってしまうため適しません。永久歯が生え揃い、顎の成長が収まる高校生以降が望ましい時期だと言えます。

●抜歯が必要な難症例

いわゆる乱杭歯と呼ばれるような凸凹した歯列では抜歯が必要なケースが多く、軽度の移動が適したマウスピース矯正では不向きだと言われています。しかし、国外の矯正治療では、このように抜歯を伴うような難症例でもマウスピースによる矯正の成功例がいくつも報告されています。日本人との骨格の差はありますが、日本でも積極的に取り組んでいる歯科医師も増え、とても期待の持てる治療法になってきました。

しかし、高度な技術が要求されるため、やはり信頼できる専門医を受診することがポイントと言えます。

●歯ぎしりをする方

就寝中も装着していますので、食いしばりや歯ぎしりがある方はマウスピースの破損に繋がる恐れがあります。まずは歯ぎしりの治療も視野に入れ、普段からストレスを溜めずに過ごせるように心がけましょう。

●自己管理が不十分な方

マウスピース矯正は、自由に着脱できるメリットがありながら、デメリットとしても注意が必要です。どんなに違和感が少ないとされる矯正装置でも、やはり何もない状態は快適です。少しぐらいなら、と言う気持ちの積み重ねが思わぬ結果を招きます。治療が遅れてしまう恐れがあるため、1日20時間以上の装着時間は必ず守るようにしましょう。

また矯正中に限らず、プラークコントロールの徹底は必須です。歯磨きを怠れば、虫歯や歯周疾患を引き起こし、矯正治療も進みません。

矯正器具の併用による治療は可能か?

矯正器具の併用による治療は可能か?

マウスピース矯正は1種類ではなく、数種類の中から歯科医師の方針により優れたシステムを選択し、それぞれ導入しています。メーカーにより装着時間や適応する範囲が異なり、不向きとされた症例でもブラケットのような一般的な矯正装置を併用して治療が可能になるケースもあります。

抜歯が必要な移動範囲の大きい矯正では、まずはワイヤー矯正である程度矯正した後に、マウスピース矯正へ切り替える方法もありますので、専門医に相談されることをおすすめします。

理想の矯正治療で納得の歯並びを

理想の矯正治療で納得の歯並びを

マウスピース矯正は、歯科医院によって取り扱っているシステムが異なることもあり、さらには歯科医の矯正技術によって大きく左右します。難症例だからマウスピース矯正ができないのかと諦めてしまう前に、まずは矯正歯科を受診し相談してみると良いでしょう。

信頼できる歯科医師のもと、ご自分の症状やライフスタイルに合った矯正治療を選択することが、成功への大きなカギだと言えます。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^