矯正コラム

歯科治療で心配しなくて良い違和感とは?合わない詰め物とマウスピース

2017年07月7日 (金)

ふと、上下の歯を噛み合わせた時に違和感がある、と思ったことはありませんか。歯の噛み合わせはとてもデリケートなものであり、ちょっとした変化でもはっきりとした違和感となってあらわれることが多いです。

また噛み合わせに違和感が出ることが多いのは、歯の治療をして新しい詰め物をつけたあとです。数日すると違和感が消える場合もあれば、違和感が残ったままである場合もあり、ひとりひとりの噛み合わせによって千差万別です。

そこで注意が必要なのは、治療後に違和感が残った状態でそれを放置してしまうことです。今回は詰め物による違和感を放置した場合に起こりえることと、歯に違和感を覚えても問題のないケースについてもご紹介したいと思います。

もし違和感を放置すると…

もし違和感を放置すると…

治療後に詰め物をしたことで噛み合わせに違和感があらわれる要因のほとんどは、詰め物をつけているその歯の噛み合わせが「高くなってしまっていること」にあります。

そのため詰め物をしたことで噛み合わせが合わない状態になっているにも関わらず、それを放置してしまうとさまざまな悪影響が出てくるおそれがあります。そこで、噛み合わせが高いまま放置すると、どのようなことにつながるのかについてご紹介します。

●歯の動揺

詰め物をした歯の噛み合わせが高いままにしておくと「歯の動揺」が起こる可能性があります。つまり歯がグラグラしてくるということです。その理由は、特定の歯の噛み合わせが高いことにより、全体の歯にかかるべき負担がその歯に集中してしまうためです。

通常よりも強い負担がかかると、その歯の周りにある歯の骨が次第に失われていきます。それにより時間の経過とともに歯がグラグラしていくことになるのです。最悪の場合、噛む力に耐えられなくなり抜歯しなくてはいけなくなることがあります。

●知覚過敏

詰め物の噛み合わせを高いままにしておくことで次に起こりえることは「知覚過敏」です。「知覚過敏」は虫歯の症状とよく似ており、また「生活歯(神経がある歯)」に銀歯をつけたあとなどにも症状が出やすいため、噛み合わせから来るばかりではありません。

しかし、食事をすることで詰め物をした歯に違和感を覚えると同時にしみる症状があらわれはじめた場合には、噛み合わせの高さから来る「知覚過敏」と考えてよいでしょう。
そのため普段から詰め物をした歯を観察することがとても重要です。

●歯周病

詰め物の噛み合わせに違和感がある方で、かつ普段から「歯周病」になりがちであるという方は非常に注意が必要です。その理由は、噛み合わせが高い歯があることは「歯周病」を進行させてしまう大きな要因となるためです。

実際に歯に強い負担がかかる悪癖である「歯ぎしり」や「食いしばり」をしている方は、「歯周病」になるとその症状の進行が通常よりも早いことがわかっています。

それと同じように詰め物の噛み合わせが高いままにしておくと、その歯に強い負荷がかかり、「歯周病」が早く進行してしまうのです。この現象は先程の「歯の動揺」ともつながっています。

歯以外への影響

詰め物により噛み合わせが合わない状態が及ぼす影響は歯だけではありません。ここでは歯以外に及ぶ影響についてご紹介します。

●顎関節症

噛み合わせと深い関係にあるのが「顎関節」です。歯の矯正治療においても、全体の歯の噛み合わせが悪い場合、「顎関節症」になるリスクが高くなることがわかっています。

そのため詰め物が合わないことで噛み合わせが悪くなると、その影響で「顎関節症」につながる可能性もあります。

●身体能力への影響

顎関節のほかにも「噛み合わせ」が影響するところがあります。それが意外にも「身体能力」なのです。

「運動能力」とも言うことができますが、スポーツをされている方にとって「身体能力」はとても重要なもの。「身体能力」が求められるのは、全身に力を入れる時やバランスを取らなくてはいけない時、つまり瞬発力と安定力が求められる場面です。

しかし噛み合わせが悪くなると、うまく全身に力が入れられなくなり、さらにバランス能力まで失われることがわかっています。そのため詰め物が合わず噛み合わせが悪くなると、以前よりも「身体能力」が低下してしまうおそれがあるのです。またそれにより転倒のリスクもあがるため注意が必要です。

違和感を放置してしまう理由

違和感を放置してしまう理由

噛み合わせが合っていない詰め物を入れているにも関わらず、放置してしまうことにはどういった背景があるのでしょうか。放置してしまう患者は自分の歯に無関心なのでは、と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

詰め物をした歯に違和感があるという程度は、痛みがあることに比べればあまり緊急性を感じません。そのため患者自身だけでなく、医師もすぐには対応しなくてもよいだろうと思うのです。

またそういった考えに陥りやすいのが、日常的に予約患者が多く、忙しい雰囲気が漂っている歯科医院です。たくさんの患者の治療をしなくてはいけない歯科医院は、効率的かつなるべく痛みがある患者を優先的に治療する傾向があります。

詰め物の噛み合わせを調節することは決して早く簡単に終わらせられる治療ではないため、すぐに対応せず後回しにすることが多いのです。

さらに忙しそうな歯科医院の様子を見ている患者も、痛みを感じないうちは医師に相談しなくても大丈夫だろうと、どうしても遠慮の気持ちが働いてしまいます。その結果、詰め物が合っていない状態を放置してしまうことになるのです。

そういったことが連鎖していき、噛み合わせが合っていない詰め物をした歯が悪い状態になってしまってから治療をすることになるという悪循環が生まれるようです。

問題のない違和感

近年ではマウスピース矯正が流行しています。マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正と異なり、装置を調節しながら歯の移動を行うことができません。よって、あらかじめ装置を「歯を移動させたい位置」に動くように調整してあります。

それにより矯正をはじめたばかりの時はマウスピースをつける際に歯に強い違和感が出やすく、マウスピースがしっかりはまっていないのではという不安にもつながるようです。

しかしこの違和感は、まだ歯が動きはじめていないうちはどうしても出てしまうものであり、場合によっては数日続くこともあります。それでもマウスピースを長くつけていることで必ず慣れることができ、違和感もなくなっていきます。

しかし、あまりに違和感が気になったり、違和感だけでなく歯ぐきに痛みも感じるようであれば、無理をせずに医師に相談をしてマウスピースを調整してもらうとよいでしょう。

●さまざまな違和感

歯の違和感の原因は複数あり、詰め物を入れたことが原因とわかっている場合は、長く放置したりせずになるべく早く医師に相談をしましょう。逆にマウスピース矯正に伴う違和感は装置の構造上やむをえないものであり、日常生活に支障がない程度であれば様子を見ても問題ありません。

またそれら以外で歯に違和感をおぼえるようであれば、普段悪癖を行っていないか、あるいは虫歯や歯周病ではないか疑ってみるとよいでしょう。問題のある違和感と問題のない違和感を少しずつ理解し、うまく対処していきましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^