当院の特徴

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方

銀座矯正歯科を選ぶ3つのポイント

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方

①iTeroスキャニングがあるか
②裏側矯正ができるか
③症例数、経験年数、教育場所

①iTeroスキャニングがあるかどうかは大変大きな事です。iTeroがある、歯型の型採り後1週間でインビザリン装置を手に入れる事ができます。また、嫌な気持ち悪印象材での型採りをしますなくて済みます。マウスピース型矯正装置(インビザライン)の性能も向上します。それにより、仕上がりに差が生じます。

次に②裏側矯正ができるかどうかですが、これはあくまで保険です。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、まだ発展途中の装置なので限界があります。そのため、どうしても患者様が希望した結果にならない事もあります。その場合、裏側矯正装置で補えば患者様は安心です。

③医学、歯学の当たり前です。医学、歯学は経験インサイダーラインはアメリカで考察された装置で、基礎研究から臨床研究もアメリカの大学で行っています。博士深澤はアメリカ、ニュースニューヨーク大学で定期的にトレーニングしております。

※写真はDr 深澤とニューヨーク大学教授エプスタインです。

iTeroスキャニングとは

iTeroスキャニングiTeroスキャニング

iTeroスキャニングとは、世界で最新の3Dスキャンする装置で、口腔内をダイレクトにデータとして取り込むことが可能となります。従来はシリコン素材で歯形を採取するため、シリコンが固まるまでの時間やシリコン特有の匂いが気になりましたが、iTeroスキャニングにより精度の高い歯形を採取することが可能となりました。スキャン後のデータはすぐに確認することができるため、取り直しに再来院する必要もなくなりました。それによりマウスピース型矯正装置(インビザライン)の矯正治療開始までおおよそ10〜12日短縮することが可能です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療がスピーディーに開始可能

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療がスピーディーに開始可能

従来のシリコン素材の歯形は、採取した患者様の歯形をアメリカへ空輸する必要がありました。パソコン上でシミュレーション作成するのにも1ヵ月程度かかります。

iTeroスキャニングは既にデジタルデータであるため、即座にデータをアメリカに送りシミュレーション作成へという流れになります。そのため、a3〜5日程度で作成されるため、マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療の開始がスピーティーに対応できます。

お子さまにも安心してご使用いただけます

お子さまにも安心してご使用いただけます

従来のシリコン素材を使用しないため、誤って飲んでしまうこともなく、異物による嘔吐の心配もありません。
スキャニングに放射線を使用していないもの安心の一つです。

精巧なマウスピース型矯正装置が作成可能

ダイレクトに口腔内をスキャニングすることで、非常に正確なデータを取得ことができ、正確なデータを元に作成することにより、精巧なマウスピース型矯正装置が作成可能となります。また従来の方法とは違い、医師のスキルによる差がでることなく、精度の高いデータが取得することができます。

患者様の負担を軽減できます

患者様の負担を軽減できます

従来のシリコン素材を使用しないため、誤って飲んでしまうこともなく、異物による嘔吐の心配もありません。
スキャニングに放射線を使用していないもの安心の一つです。

矯正治療の学会誌JCO掲載

矯正治療の学会誌JCO掲載

矯正治療の学会誌JCOにiTeroスキャニングが掲載されています。
世界的に取り上げられたことは信頼できる一つの指針となります。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年10月15日 (月)

マウスピース矯正は、取り外しが自由にできてとても便利ではありますが、日頃のお手入れに関しては、どうなのでしょうか。何か特 ...続きを読む

2018年10月11日 (木)

成人してから、改めて歯並びを改善したいと希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの頃や学生時代は、矯正装置が ...続きを読む

2018年10月7日 (日)

歯並びの良い歯は印象もよく理想的ではありますが、歯並びの悪い人も多いのが現実です。歯並びの悪さというのは、一朝一夕で治せ ...続きを読む

2018年10月3日 (水)

日本人は欧米人と比べると、オーラルケアや口元の審美性に関する関心が低いといわれてきました。確かに、アメリカ人で歯並びが乱 ...続きを読む

2018年09月27日 (木)

皆さまは「反対咬合」という歯並びをご存知でしょうか。下の前歯が上の前歯よりも前方に出ている歯列不正のことをいいます。本来 ...続きを読む

2018年09月23日 (日)

顎の関節やその周囲に違和感が生じたら、顎関節症のサインかもしれません。顎関節症は、実に多様な症状を呈する病気ですので、気 ...続きを読む

2018年09月19日 (水)

マウスピース矯正は、目立ちにくく、装着感も良い矯正治療法ですが、虫歯のリスクが高まるというデメリットが存在します。せっか ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^