マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の流れ

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の流れ

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の流れ

【Step1】カウンセリング

カウンセリング

まずは、現在の歯に関するお悩みやご希望などをお聞きします。
その上で、患者さまに一番適した治療方法や費用などをお伝えします。

カウンセリングは、患者様が納得されるまで行いますの不安に思われていることや疑問点等なんでもお聞きください。

ポイントは、疑問や不安があれば、どんな小さなことでも質問すること!治療前の不安が解消されないまま治療が進むと、後々トラブルにつながることもあります。

【Step2】精密検査

精密検査

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療を希望される場合は、精密検査に進みます。

精密検査では、口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影を行ないます。

そして、矯正装置(アライナー)を作るために歯の型採りをします。

精密検査・診断料 ¥30,000(税抜)

【Step3】治療シミュレーション・治療計画のご説明

治療シミュレーション・治療計画のご説明

精密検査を元に、専用のコンピュータを使って治療開始から終了までの流れのご説明を行います。3D画像を見ながらご説明しますのでイメージがわきやすいです。

また治療期間や費用についてもご説明をします。納得がいくまで説明をしてもらうことが大切です。患者さまが治療計画と費用についてしっかり納得したら、治療がスタートします。

【Step4】オリジナルマウスピース(アライナー)の発注

オリジナルマウスピース(アライナー)の発注

治療シミュレーションで、患者さまに同意して頂けましたらアライナー(マウスピース)発注を行います。

患者さまお1人お1人オーダーメイドのオリジナルのマウスピースです。

【Step5】矯正治療スタート

矯正治療スタート

患者さま専用に作製されたマウスピース矯正装置(アライナー)を装着します。

取り外しが可能なアライナーの着脱方法やお手入れ方法、注意事項などを歯科医師が患者さまに説明します。

アライナーは、装置の種類によって違いますが、1日に装着する時間が決まっています。指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。

Point!
他の矯正装置による治療とは違って食事の際には装置を取り外せるので、食べ物が装置に挟まったりくっついたりする心配がありません!これまでと同じように食事を楽しむことができます。

Check!
アライナーを装着し忘れたり装着時間が短かったりすると、計画通りに治療が進まず、治療期間が延びてしまうことがあります。より良い治療結果のためには、患者さまご自身できちんと管理することがとても大切です。

【Step6】治療期間→最終ステージ

治療期間→最終ステージ

治療中は2週間に1回のペースでマウスピース矯正装置(アライナー)を交換していただきます。シュミレーションを利用することで治療期間を40%程度短縮できます。

最後のマウスピース矯正装置(アライナー)が完了したら、医院にて最終的な噛みあわせなどをチェックいたします。

【Step7】治療終了→保定期間へ

治療終了→保定期間

3〜4か月ごとに通院して、歯並びをチェックします。

特に問題が無ければ 「リテーナー」という固定装置を使って矯正した歯をしっかり固定し、元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)についてもっと詳しく
マウスピース型矯正装置を(インビザライン)の特徴・料金
マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴・料金
最大の特徴は「目立たない」「取り外しができる」「違和感が少ない」と、従来の矯正システムと全く異なる性質を持っています。
銀座矯正歯科でのマウスピース型矯正装置(インビザライン)症例もご紹介しております。
メリット・デメリット
メリット・デメリット
メリットが多いインビザラインですが、デメリットもあります。デメリットを知ることで、ご自分にあった矯正治療かどうかきちんと見極ることも必要です。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)の流れ
マウスピース型矯正装置(インビザライン)の流れ
マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療の流れをご紹介しています。一通りの流れを把握することで、ライフスタイルにあった治療期間を過ごせるか判断しましょう。
他の矯正治療との比較
他の矯正治療との比較
マウスピース型矯正装置(インビザライン)のような矯正治療と従来のワイヤーブラケットを使用した矯正をわかりやすく比較しています。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年08月15日 (水)

これから矯正治療を受けようとしている人は、いろいろな不安を抱えているかもしれません。矯正中に見た目が悪くなることや治療に ...続きを読む

2018年08月11日 (土)

虫歯治療などの歯科治療では、金属アレルギーを発症することがあります。歯をドリルで削った後に詰めるインレーやクラウンといっ ...続きを読む

2018年08月7日 (火)

顎の関節が「カクカク」と鳴ったり、口を大きく開けたときに閉じることができなくなったりと、顎関節症にはいろいろな症状が伴い ...続きを読む

2018年08月3日 (金)

矯正治療というと、痛みが伴うことも珍しくありません。とくにワイヤー矯正では、かなり強い力が歯列へと加わるため、歯医者さん ...続きを読む

2018年07月27日 (金)

中高年になっても、歯並びは悪化します。特に、これまで歯並びの悪さが気になっていたのに放置してきた方は、年を取るごとに歯並 ...続きを読む

2018年07月23日 (月)

歯科矯正治療を受けている子供が、「ワイヤーが嫌だ」と言っていませんか。口のなかはとても繊細かつ過敏で、長さ1ミリの髪の毛 ...続きを読む

2018年07月19日 (木)

「将来グローバルな仕事をしたい」と思っている方にお聞きします。 歯並びが悪いと言われたことはないでしょうか。 もし世界に ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^