マウスピース型矯正装置(インビザライン)

目立たず取り外しも簡単!インビザラインを使った歯並びの矯正治療

歯並びに関する悩みを抱えている人の中には、マウスピースを使った治療を受けてみようと考えている人もいるでしょう。歯並びが改善するだけで、見た目の印象も大きく違ってきます。マウスピースにもいろいろと種類がありますが、そのうちでもインビザラインが幅広く使われていて、治療例も多いです。ここでは、インビザラインを使用した歯並びの矯正治療について詳しく解説していきます。

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインはマウスピースの中でも、治療実績が豊富で、世界的に見てもかなり幅広く使用されています。これまでインビザラインを使用して歯並びの矯正治療を行った例は、500万件以上 にも達し、矯正歯科でもインビザラインを勧めるケースが多いです。マウスピースの種類がありすぎて、どれを選べばいいのか迷ったら、インビザラインを選ぶのが無難でしょう。治療実績が多いということは、歯科医師もインビザラインを使用した治療を行うのに慣れているということになります。実績や症例が多い手術は安心して受けれることができます。特に、当院(銀座矯正歯科)は矯正歯科ということもあり、インビザラインの実績が多いことが有名です。
不具合への対処なども慣れていることが多く、安心して治療を受けられるでしょう。

インビザラインの特長としては、オーダーメイドで製作するということが挙げられます。最初から形が決まっている既製品ではありません。歯形を取って治療を受ける人の歯並びの状態に合わせて作ります。そのため、自分にピッタリの形をしたマウスピースを使えるのです。
これまでマウスピースを使用した歯並びの矯正治療を受けたことのある人の中には、上手く矯正できなかった人もいるかもしれません。既製品のマウスピースだと、そのようなことも十分あり得ます。しかし、オーダーメイドで自分にピッタリ合うマウスピースを使用するインビザラインなら、少しずつ着実に歯並びを改善していけるでしょう。

マウスピースを使用して治療を受ける際には、普段ずっと装着していなければなりません。そのため、人前に出るときや仕事のときなどにマウスピースを付けているのを人に見られるのを気にする人もいるでしょう。恥ずかしい思いをしてしまうのではないかと不安になる人も多いです。
その点に関しても、インビザラインなら心配いりません。笑ったときなどに気付かれるのを気にして歯を見せないようにする人もいるかもしれませんが、普段通り自然に笑っても大丈夫です。

歯並びの矯正治療と聞くと、金属製の器具を装着するイメージを抱いている人もいるかもしれません。金属アレルギーを持っている人は、そのイメージだけで、歯並びに関して悩んでいても矯正治療は受けられないと思っている人も多いです。
しかし、インビザラインは金属製ではありません。インビザラインを使用した歯並びの矯正治療で金属製の器具を併用することもないため、金属アレルギー持ちの人でも、問題なくインビザラインを使用して矯正治療を受けられます。金属アレルギーで歯並びの矯正治療を諦めていた人は、ぜひインビザラインを使用した治療を検討してみましょう 。

インビザラインを使用した歯並びの矯正治療は、比較的費用が安価です。費用重視で決めるなら、金属製のワイヤーを使用した矯正治療よりもインビザラインがおすすめです。

インビザラインを使った治療方法は、標準的なケースだと80万円前後かかります。具体的な金額は、矯正歯科によって異なるため、他の治療方法との費用の差を考慮した上で、決めるといいでしょう。

インビザラインの特長&メリット

インビザラインの特長はいくつかありますが、その中でも大きな特長は、目立たないことです。マウスピース治療を検討している人の中には、1日中装着していなければならないことに対して抵抗を感じている人もいるでしょう。営業職の人なら、社外の人と会ったり、商談をしたりする機会もあるため、かなり気になるでしょう。

しかし、インビザラインなら装着したまま近くで見ても、何も付けていないのと外見はほとんど変わりません。自分からマウスピースを付けていることをカミングアウトしてじっくり見せない限り、気付かれることはまずないでしょう。

また、インビザラインは厚さが約0.5ミリと非常に薄いです。マウスピース治療は、歯を少しずつ動かして、歯並びを矯正するものですが、インビザラインは1週間から10日程度で新しいものに交換します。そのため痛みや違和感が少なく、装着していても快適に過ごせます。しゃべり方や声なども、何も付けていないときとほとんど変わりません。
装着時の違和感や、しゃべったときに変に思われるのではないかと不安に感じている人もいるかもしれませんが、インビザラインならそんな心配はないでしょう。ワイヤーを使用した矯正治療などと比べてみた場合の大きなメリットと言えます

インビザラインは取り外しも簡単に行えます。ワイヤー治療と違って、取り外しをするときに、わざわざ通院する必要はありません。自分で簡単に外せるのが大きなメリットです。基本的に1日中装着していなければなりませんが、飲食をするときや歯磨きをするときなどには取り外します。そして、再び装着するのも簡単です。
もし大事な用事などで、目立たなくても外しておきたいような場合には、そのときだけ外すこともできます 。

インビザラインは通院頻度においても大きなメリットがあります。インビザラインを使っている場合には、2、3ヶ月に1回の通院だけで済みます。一方、マウスピース矯正を行っている場合には、通院頻度が高いのがややネックになる可能性があります。使用するマウスピースによっては、1ヶ月に2回程度の通院が必要になることもあります。忙しい人の場合には、時間的余裕がなくてマウスピース治療を諦めてしまうかもしれません。

また、歯並びの矯正治療と一言で言っても、具体的な症例は人によってさまざまです。ごく軽い矯正治療で済む人もいれば、大きくずれている人もいます。中には抜歯が必要な人もいるでしょう。
マウスピースによっては、軽めの症例にしか対応できないタイプのものもありますが、インビザラインならほとんどの症例に対応可能です。抜歯が必要な症例でも対応できて、部分的にワイヤーを使用する治療法にも対応しています。もし、歯並びのズレが大きすぎてマウスピース矯正では無理なのではないかと思っている人も、一度矯正歯科で相談してみるといいでしょう。インビザラインを使って治療できるかもしれません。

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の流れ

インビザラインを使用した矯正治療を受けたいときの流れは、概ね次の通りです。

Step1 矯正相談

最初に歯科で矯正相談を行います。まず、歯並びの状態を歯科医師に診てもらい、インビザラインを使って治療した場合に、どのくらいの治療期間が必要なのか、費用はいくらくらいかかるのか説明を受けます。

過去の似たような症例で、治療経過がどのようになったのか、写真などを見せてもらえることも多いです。そして、インビザラインを使った治療を受けるのか、それとも別の治療方法を検討するのか決めることになります。その場で決める必要はないため、家族などと相談しながらじっくりと決めましょう。

Step2 簡易検査(3Dシミュレーション)

無料相談と合わせて簡易検査も行っている矯正歯科も多いです。簡易検査では3Dシミュレーションを用います。現在の歯並びの光学スキャンを取り、それをもとに治療後の歯並びをシミュレーションするものです。治療を受ければ、どのようになれるのか具体的にイメージできます。

Step3 精密検査

精密検査は通常有料ですが、治療を受けるかどうか迷っている人にとっては、かなり参考になるでしょう。
精密検査ではCT撮影やX線検査などを行います。歯並びの状態と併せて、顎の状態などもチェックするためです。
歯科医院によっては、シリコンで歯形を取るところもあります。虫歯や歯周病に関しても、精密検査の段階でチェックが必要です。もし虫歯や歯周病になっている箇所があった場合には、矯正治療を開始する前に治しておかなければなりません。

Step4 詳細な治療計画(クリンチェック)を作成

精密検査の後は、詳細な治療計画です。精密検査で出たシミュレーションを元に、歯をどのように動かして矯正するのか具体的に計画を立てて、その説明を受けます。治療が完了するまでの期間も、この段階ではっきりと決まるでしょう。抜歯や切削が必要になる箇所も、具体的に決まります。
そして、治療のシミュレーションを作成するので、おおまかな流れについて把握しておきましょう。
治療の進め方に関しては、1通りだけでなく何通りか候補に挙がるケースもあります。その場合には、複数の治療シミュレーションを作成することも可能です。その中から、自分に合った進め方を選択することになります。

それから、具体的な治療計画を策定し、詳しい説明を受けるという流れです。治療終了後の歯並びの画像などを見て、本当にそれでいいのかどうか確認します。もし、気になる点があったり、他に希望することがある場合には、この段階で歯科医師に相談しておきましょう。疑問点に関する説明をしてくれたり、希望に合わせて治療計画の変更や修正などを行ったりしてくれます。それから改めて、治療終了後の画像を確認するという具合です。
具体的な治療計画が決まれば、費用の金額も具体的に決まります。変更した内容が多ければ、矯正相談の段階で伝えられた金額との差も大きくなるでしょう。また、追加で費用がかかることがあるかどうかの確認も念のため行っておきましょう。

Step5 初期治療

治療計画と費用に関して同意した後に、治療を開始します。歯並びの状態により、抜歯や切削などの初期治療が必要な場合には、インビザラインを使用する前の段階で行うことが多いです。これも治療計画の説明の際に伝えられるでしょう。
必要な初期治療が済んだ後に歯形を取り、インビザラインを製作するという流れです。

インビザラインが向いている人とは

インビザラインを使用して歯並びの矯正治療を検討している人の中には、本当に自分に合った治療方法なのか分からず、迷っている人もいるでしょう。マウスピースではなく、ワイヤーとブラケットを使用した治療方法の方が合っている人もいます。また、マウスピースには、インビザラインの他にもたくさん種類があります。インビザラインではなく、他のマウスピースの方が合っている可能性もあるでしょう。
自分にインビザラインが合っているかどうか判断するには、自分の希望とインビザラインの特長を照らし合わせてみると分かりやすいです。

まず、自分が歯並びの矯正治療を行っていることを、他人に知られても良いという人と、あまり他人に知られたくないという人がいるでしょう。インビザラインはかなり薄くて透明です。そのため、他人に知られずに歯列の矯正治療を行えます。人に知られることを気にしてしまう人に向いている治療方法だと言えます。
また、営業職や販売員などの仕事をしていて人前に出る機会の多い人にもおすすめです。前歯を見せて微笑んでも、マウスピースを付けていることはほとんど気付かれません。

食事に関してもインビザラインならこれまで通り楽しみたい人にも向いています。インビザラインは簡単に取り外しできるため、食事をするときには外しておけば、何を食べても問題ないでしょう。固いものでも、歯と歯の間に引っかかりやすいものでも大丈夫です。
ワイヤーやブラケットの場合には、引っかかったり傷ついたりすることを気にしなければなりませんが、インビザラインはそんな心配はなく食事を楽しめます。友達と一緒に食事をしたり飲みに行ったりする機会が多い人にもおすすめです。

金属アレルギーがある人も、インビザラインを使った矯正治療が合っているでしょう。金属アレルギーがあると、ワイヤーとブラケットを使用した矯正治療は行えません。そのため、マウスピースで治療をすることになります。
また、ワイヤーとブラケットで矯正治療をすると、口の中の粘膜に当たるなどして、痛みを感じることも多いです。擦れて血が出てしまったり、口内炎になってしまったりする人もいるでしょう。インビザラインなら、擦れることがないので安心です。インビザラインを装着した状態で、激しく動き回るスポーツなどもできます。

インビザラインは自由に取り外せるという点でも安心感が強いでしょう。洗浄も行えるので、衛生面を重視したい人にもおすすめです。
ただ、自由に取り外せると、つい外したままになってしまう人も少なくありません。基本的に1日中装着することを想定している治療であるため、装着時間が短いと計画通りに治療が進まないでしょう。そのため、自由に取り外せても装着時間をしっかりと守るような、セルフコントロールができる人に向いています。

インビザラインの注意点

インビザラインの注意点

インビザラインを使用した矯正治療は、負担が小さくおすすめの方法ですが、注意点もいくつかあります。注意点を守らずに治療を続けると、十分な効果を得られないかもしれません。また歯並び以外の点で不都合が生じてしまう可能性があるでしょう。

インビザラインを使う上で、普段から守らなければならないことは、飲食をするときに取り外すことです。取り外すのは簡単ですが、面倒に感じてしまうあまり、ついインビザラインを装着したまま飲食をしてしまう人もいるでしょう。ちょっと水分補給をするくらいなら大丈夫だろうと考えてしまう人も多いです。
しかし、インビザラインは歯に密着した状態で取り付けます。唾液が触れにくくなるため、隙間から食べ物や飲み物の成分が入り込むと、虫歯になってしまう可能性が高いです。水やお茶であれば問題ありませんが、糖分が入っている飲み物や味の付いている飲み物を飲むときには、面倒でも取り外すようにしましょう。ちょっと一口だけお菓子を食べるような場合も同様です。

また矯正治療を始める前の段階で、虫歯があったり歯周病にかかっている人もいるでしょう。その場合には、歯並びの矯正治療に先立って、虫歯や歯周病の治療を済ませておく必要があります。虫歯の治療を行うと詰め物などを使用することもあるため、歯の形が変わることもあるでしょう。その場合には、オーダーメイドで製作したインビザラインが合わなくなってしまいます。再検査を行い作り直さなければならず、治療期間が長引き、費用も多くかかるでしょう。
矯正治療を始める段階で虫歯がなかった場合でも、矯正治療中に虫歯ができてしまうこともあるため、注意が必要です。歯並びの矯正治療中の歯磨きは、普段よりも念入りに行う必要があります。

インビザラインで治療を行う際には、会話に不便が生じることも認識しておかなければなりません。インビザラインを装着すると、ワイヤーとブラケットを使用する場合ほどではありませんが、しゃべるときに多少の違和感があります。人と話をする際は、相手が聞き取りづらいと感じることもあるかもしれません。仕事でプレゼンをしたり、大事な商談をしたりするときには、インビザラインを外した方が無難です。
ただ、前述の通り装着時間が短くなりすぎると十分に矯正できません。インビザラインを外していた時間が長かった場合には、治療担当の歯科医師に相談しておきましょう。交換時期を遅らせるなどの対応策をとってもらえます。

そして、インビザラインは抜歯を伴う矯正治療も行える治療方法です。ただ、治療を担当する歯科医師によっては、経験の浅さや治療の難しさなどから抜歯を推奨しないこともあります。経験豊富な歯科医師は矯正治療を専門とする歯科医師なら、抜歯を伴う治療にも対応してもらえるため、歯科医院選びも大事です。もちろん、抜歯に対して抵抗がある場合には、抜歯なしでの治療にも対応してもらえます。

まとめ

マウスピース矯正は、負担が小さくハードルの低い治療方法ですが、その中でもインビザラインは治療実績がかなり豊富です。装着しても目立たず、自由に取り外せるので、日常生活や仕事にもほとんど支障なく行えるでしょう。歯並びに関して悩んでいる人は、ぜひインビザラインを使用した矯正治療を受けてみましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^