マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザラインでの歯の矯正は治療期間が長い?それとも短い?

歯の矯正治療の中でも、インビザラインを使用した治療方法は幅広く行われています。

インビザラインはマウスピースの一種で、治療期間が短く来院間隔が長いため人気のある治療方法です。歯並びに関して悩んでいる人は、インビザラインを使用した治療を検討してみるといいでしょう。

ここでは、インビザラインを使って歯の矯正治療を行う場合にかかる期間について説明していきます。

インビザラインの治療期間はどれくらい?

インビザラインの治療期間はどれくらい?


歯の一部分のみに関してコンプレックスを抱いている人もいれば、全体的に歯並びを良くしたいと思っている人もいます。インビザラインを使って歯の矯正治療を行う際には、歯全体に対して行うことも、一部分だけに対して行うことも可能です。

どちらにするかは、費用や期間などを考慮しながら、クリニックで矯正歯科医に相談して決めることになるでしょう。

インビザラインを使用して歯の全体を動かす場合には、ある程度の年月がかかります。やや幅が広いと感じる人もいるかもしれません。治療開始時の歯の状態や治療の経過などによって、必要な期間に差が出ることが多いです。

インビザラインを含め、マウスピースは自由に取り外し可能であるため、外している時間が長いと歯をなかなか動かすことができず、治療が長期化してしまう場合があります。

インビザラインで歯の一部分だけ矯正したい場合には、全体を矯正する場合と比べて治療が早く完了するケースが多いです。1年以内で済むことも少なくありません。また、一部分だけ矯正する場合には、本数の違いも大きいです。

基本的に、動かしたい歯の本数が多いほど時間がかかると思っておいていいでしょう。1本や2本など少ない場合には、数ヶ月程度で治療が完了する場合もあります。

また、歯全体の治療を行う場合と同様に、治療開始時点での状態や治療の経過による影響も大きいです。大きくずれているのを動かすには、1本や2本といった少ない本数でもそれなりに時間がかかります。

それでも、歯全体の矯正治療を行う場合と比べると短期間で済むため、負担は小さいでしょう。1本や2本だけであっても、笑ったときの印象などに差が出ることが多いです。1年以上かかる場合にはためらってしまう人でも、数ヶ月程度で済むのであれば、インビザラインで矯正治療を受けてみたいと思う人もいます。

具体的にどの程度の期間で治療が完了するのか知りたい場合には、カウンセリングを受けたときに矯正歯科医に聞いてみるといいでしょう。

インビザラインとワイヤー矯正では治療期間に違いはある?

インビザラインとワイヤー矯正では治療期間に違いはある?

歯の矯正治療を検討している人の中には、ワイヤーを使用した矯正方法とインビザラインのどちらを選ぶか迷っている人も多いでしょう。それぞれ特徴があるため、治療にかかる期間やメリット、デメリットなどを把握しておく必要があります。

治療期間はワイヤー矯正よりも、インビザラインの方が短くて済むことが多いです。ワイヤー矯正の場合には平均で2年から3年程度かかります。人によっては、もっと長期化する場合もあるでしょう。

これに対してインビザラインなら、平均してみると1年半ほどです。治療期間中は器具を装着して過ごさなければならないため、早く治療が終わるのは大きなメリットと言えるでしょう。

インビザラインでも、治療の状況によっては平気的な治療期間よりも長くかかってしまう人もいるかもしれません。しかし、インビザラインによる歯の矯正治療は、最長でも5年とされています。この5年という期間は、インビザラインを開発したアメリカのアライン・テクノロジー社が定めている期間です。

また、ワイヤー矯正とインビザラインでは、1回で動く歯の量に違いがあります。ワイヤー矯正の方が多く動き、インビザラインの方はあまり多く動きません。このことから、ワイヤー矯正の方は早く済むのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、インビザラインの場合には歯の動きにほとんど無駄がないのが特徴です。そのため、1回で動く量が少なくても、治療期間が短くて済むのです。

来院間隔に関しても、ワイヤー矯正よりもインビザラインの方が長くて済みます。ワイヤー矯正で治療を受ける場合には、調整のため、4~6週間に1回くらいのペースでクリニックに来院しなければなりません。

インビザラインなら来院するのは数週間に1回くらいのペースです。もし、治療にかかった期間が同じであったとしても、インビザラインによる矯正治療なら、来院する回数は少なくて済むということになります。

来院時に処置を受ける時間が短くて済む点も、インビザラインのメリットです。インビザラインなら、1回の来院で15分から30分程度の処置を受けるだけで済みます。ワイヤー矯正だと、処置にかかる時間は数十分程度です。

また、ワイヤーだと装置が外れてしまうなどの緊急事態が発生することが稀にあります。その場合には急遽来院して処置を受けなければなりません。その影響で治療が長引いてしまうこともあるでしょう。インビザラインなら外れても自分で取り付けられます。破損するような緊急事態が発生することもほとんどありません。

インビザラインの治療期間を少しでも短縮するには?

インビザラインの治療期間を少しでも短縮するには?

インビザラインは、比較的短期間で済む歯の矯正治療ですが、中には治療期間が長引いてしまう人もいます。マウスピースを装着することで、歯を少しずつ動かしていく仕組みであるため、装着時間を守らないと十分に歯を動かすことができません。その結果、予定よりも治療期間が長引きやすいです。

インビザラインは自分で簡単に外せて、付け直すのも自分でできますが、食事や歯磨きのとき以外はなるべく外さないようにしておきましょう。インビザラインを装着するのに慣れていないと、痛みを感じたり違和感を覚えることで外してしまう人もいるかもしれません。

そのようなときには、クリニックの矯正歯科医に相談しましょう。痛みや違和感が出にくいように対処してくれます。そうすれば、外さなくて済むため、治療期間短縮に繋がるでしょう。
インビザラインのご相談は銀座矯正歯科へ。

矯正治療中は虫歯にならないようにすることも大事です。少しの虫歯であれば、削る箇所も少ないため、歯の形が大きく変わることはありません。しかし、大きな虫歯ができてしまうと、その虫歯の治療を行った後に歯の形が大きく変わってしまいます。インビザラインは虫歯になる前の時点の歯の形に合わせて作っているため、合わなくなってしまうことが多いです。

インビザラインを作り直さなければならず、治療期間も長引いてしまいます。費用も余分にかかってしまうでしょう。

インビザラインで歯の矯正治療を行っているときには、虫歯にならないように、お口の中を常に衛生的に保つことが大切です。毎日の歯磨きはこれまで以上に念入りに行いましょう。

また、歯だけでなくインビザラインを衛生的に保つことも大事です。歯を綺麗に磨いていても、インビザラインに雑菌が付着している場合があります。それが原因で虫歯になってしまうケースも多いです。

最低でも1日1回はインビザラインを洗浄しなければなりません。歯磨きのためにインビザラインを取り外したときには、インビザラインの洗浄も行うのが望ましいでしょう。

まとめ

インビザラインによる歯の矯正方法は、治療期間が短めで来院する回数もあまり多くありません。1年から3年程度で治療が終わるとされていますが、平均すると1年半くらいで済みます。部分的に行うのであれば1年未満で済むことも多いです。

ただし、装着時間を守らなかったり途中で虫歯になったりすると、予定通りに治療が終わらなくなるため注意しましょう。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^