当院の特徴

歯並びが悪いってどんな状態?悪い歯並びの代表例をご紹介

「歯並びが悪い」とは、どのような状態のことを言うのでしょうか。悪い歯並びには多くのタイプがあり、個々に違いがあるため矯正法もさまざまです。

今回は悪い歯並びの定義や矯正の方法についてもご紹介します。
矯正治療を検討される際のご参考にご覧ください。

歯並びが悪い条件とは

歯並びが悪い条件とは

一見並びは整っていても、噛み合わせのズレなどにより歯並びが悪いとされるものもあります。
まず良い歯並びとは何かを知ることと、悪い歯並びの代表例をご紹介する中で「歯並びが悪い」ということはどんなことであるかを知っていただければと思います。

よい歯並びの基準

よい歯並びの条件として最もみなさんが重要視されるところといえば、重なりが無くきれいに整い並んでいることではないでしょうか。ただし、よい歯並びの条件とは、単にきれいに並んでいるだけではなく、歯の形や大きさが左右対称であり、上下の噛み合うべき場所できちんと噛み合っていることも必要です。

さらに、顔を横から見た際、バランスの良い美しいラインとして、鼻先と顎を一直線に結んだ
「Eライン」状に唇があることなどが挙げられます。

悪い歯並びの代表例

■叢生(乱ぐい歯)

顎の成長が不足し、歯が一列に並びきれず前後にデコボコと生えてしまった状態です。
上の犬歯が飛び出した八重歯や、下の前歯がガタガタになっているケースがよく見られます。

■上顎前突(出っ歯)

上の前歯が下の前歯に比べて大きく前に突出している状態です。上顎が大きく前方にある骨格的な問題の場合と、歯の角度が大きく前に突出してしまっている場合との2パターンがあります。

■下顎前突(受け口)

通常は噛み合わせた際に上の前歯が下の前歯に被りますが、逆に下の前歯が前に出ている状態です。下顎が上顎の動きや成長をロックしてしまうことで正常な成長や動きを阻害してしまいます。

■開咬

噛み合わせた際に奥歯は噛み合っているのに前歯がまったく噛み合っておらず隙間ができている状態です。指しゃぶりや舌を突出させる癖などが原因になっているケースが多く見られます。

■空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に明らかな隙間が見られる状態です。乳歯の場合には成長のために必要ですが、永久歯の場合は歯の萌出や数、小帯などに異常がある場合も考えられます。

■過蓋咬合

噛み合わせた際、通常よりも上の前歯が下の前歯に対して深く噛み込んでいる状態です。
上下顎の成長のアンバランスや、歯の萌出に異常がある。またはお口周辺の筋肉の過度の緊張なども考えられます。

■交叉咬合

上下の奥歯の噛み合わせが本来の場所と異なった位置で噛み合っている状態です。
常にずれた位置で噛み合っているため、顔貌の歪みの原因になることもあります。

歯並びが悪いと困ること

歯並びが悪いと自覚があったとしても、食事中や痛みなど不具合が無い場合、そのまま日常生活を送っていらっしゃる方もおおいのではないでしょうか?
実は歯並びの悪さから、からだやこころにも不具合を招く要因となっている場合があります。

歯並びが悪いと起こるからだの問題

■お口に起こる不具合

歯並びが悪いとどんなに歯磨きを頑張ったとしても、毛先が行き届かない場所ができてしまいます。同じ場所に歯垢(プラーク)が蓄積してしまうと、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

また、歯並びが悪い人は口元の筋力が弱い傾向にあり、口呼吸になりがち。口内が乾燥しやすいことも口内細菌の繁殖を促してしまい、歯並びのよい人に比べて虫歯や歯周病のリスクは高くなります。

■肩こりや頭痛、腰痛にも繋がってしまう

歯並びが悪いことで噛み合わせにズレが生じます。歯はとても精密な形で噛み合っており、少しズレるだけでも、強く当たる部分に大きく負担がかかったり、筋肉に過度な緊張を与えます。

顎周辺の筋肉は頭や肩に通じており、肩こりや頭痛の原因になりますし、頭から腰は背骨沿いに筋肉や神経で関係性があり、腰痛として現れることもあります。

■消化不良や肥満の原因になることもある

歯には、それぞれの場所や形で、噛むための機能が違います。歯並びが悪いということでこれらが正しく機能しない場合があり、食べ物が十分に噛み砕かれないまま丸呑みになることがあります。

胃や腸に負担をかけてしまい消化不良を起こしたり、栄養素が上手に摂取できないことや、
丸呑み=早食いになりがちで、肥満の原因になる可能性もあります。

歯並びが悪いと起こるこころの問題

歯並びが悪いと、歯が重なってズレていたり前後にデコボコしてることが多く、見た目を気にしてしまいがちになります。酷い場合には顔の歪みや顎のズレにも関係するため、素直に笑顔で笑えなかったり、つい手で口元を隠してしまう人もいます。

性格的にも控えめになってしまったり、うつむき加減で過ごしていると、心がどうしてもマイナスに働いてしまう要因になることもあるのです。

また、歯並びが原因で起こるからだの問題が引き金になって、内向的やイライラしやすいなどのメンタル面にも影響を及ぼす可能性もあります。

歯並びが悪いと感じたら矯正治療

歯並びが悪いと感じたら矯正治療

歯並びが悪いと思っても、程度によって矯正方法のご提案は個々に違いがあります。
歯並びをよくすることで得られるメリットや、一般的な矯正方法の種類をご紹介しますので、治療を検討される際の参考にされてみてください。

歯並びをよくする矯正治療のメリット

歯並びを整えると、見た目が綺麗になるのは勿論ですが、歯並びが悪いことによって引き起こされていたであろう不具合が解消されたという症例が沢山あります。歯磨きがしやすくなり清掃率がアップすれば、それだけ虫歯や歯周病のリスクは低くなります。

また、顎や筋肉のバランスも整うため、頭痛や肩こり、腰痛が改善したという例もあり、きちんと噛めるようになることで消化や影響の吸収率もアップし、身体に負担をかけることも少なくなるのです。

矯正治療の種類

■ワイヤー矯正

歯の表面に「ブラケット」という装置を付け、全体を形状記憶型ワイヤーでつなぎ、ワイヤーが引っ張る力で正しい位置に歯を誘導する方法です。金属ブラケットが一般的ですが、最近は目立ちにくい透明タイプやセラミックタイプのブラケットも多く見られるようになりました。
また、歯の裏側に装着する裏側矯正(舌側矯正)もあります。

■咬合誘導

乳歯から永久歯に交換する時期の顎の発育が上手くいかないことで歯並びが悪くなるケースが多く、それを予防するために顎の成長を装置で誘導する方法です。小児が対象の矯正ですが、大人の矯正の場合にも、顎の咬合誘導を矯正に併用することで歯が並ぶスペースを確保したり、顎の形状を整えるため行う場合があります。

■マウスピース矯正

マウスピースを装着した際の圧力によって、歯並びを整える方法です。
定期的に中の圧力を変えるためにマウスピースを交換しながら行います。骨格的な矯正を必要としなかったり、並ぶスペースがある場合の比較的軽い不具合の場合でないと適応できない場合があります。

まとめ

歯並びの悪さにはさまざまなケースがあり、銀座矯正歯科では患者様の歯並びのタイプや生活環境、お口周辺の習癖なども加味しながら、歯科医師が最適な矯正法をご提案しています。

当院では、ワイヤー矯正・マウスピース矯正どちらにおいても最新の機器や技術を導入し、より早く・より美しく・目立ちにくい矯正のご提案を致しております。

矯正治療をお考えの方は、ぜひ銀座矯正歯科へお気軽にご相談ください。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^