当院の特徴

歯並びがきれいってどんな状態?きれいな歯並びのメリット

歯並びが悪い人の中にはきれいな歯並びに憧れている人は多いでしょう。歯並びがきれいだと、印象も良くなりそうです。たいていの人は笑ったときの印象などから無意識に、この人は歯並びがきれいまたは悪いと感じます。では、歯並びがきれいな状態とは、どんな状態を指すのでしょうか。きれいな歯並びについて解説していきます。

きれいな歯並びとはどんな状態?

きれいな歯並びとはどんな状態?

きれいな歯並びの基準

歯並びがきれいかどうかを判断するには、口を「イ」の状態にしたときに正面から見てみましょう。歯並びがきれいな人なら、上下の前歯の真ん中がほぼ同じ位置にきて一直線で結べます。その一直線を延長していくと、ちょうど顔を左右対称に分ける直線になるでしょう。

上の前歯は下の前歯よりも少しだけ前方に出ているのも、きれいな歯並びの特徴です。あまり出すぎていてもきれいとはいえません。2ミリから3ミリ程度がちょうどいいでしょう。そして、出ている分だけ下の前歯を覆っています。

また、上の歯は全体的に下の歯よりも少し奥の方に位置していると歯並びが綺麗に見えます。上下で同じ番号の歯の位置を比べてみましょう。番号というのは、歯の位置を示すものです。上下ともに2本の前歯が1番で奥の方にいくに従って2番、3番と数えていきます。同じ番号の歯だと上の歯が2ミリから3ミリ程度奥の方に位置していると歯並びが綺麗な状態です。
上下ともに1番から7番まで揃っていて、親知らずはありません。合計28本で隙間や凸凹している箇所がなく、アーチのような形をしています。

悪い歯並びの例

歯並びが悪いとされるのは、歯と顎の大きさが合っていないタイプがよくある例として挙げられます。顎が狭すぎると、隣の歯同士が重なってしまいます。重なった部分は凸凹な形状になるため、見栄えが良くありません。顎が広すぎる場合には、歯と歯の間に大きな隙間ができてしまいます。この場合も外見的に不格好な印象を受けるでしょう。いずれの場合も、外見上のデメリットだけにとどまらず、咀嚼をする上でも効率が悪くなることが多いです。歯磨きもしづらくなるでしょう。

他によく見られるケースとして、出っ歯や受け口などもあります。出っ歯は外見的に分かりやすいですが、上の前歯が下の前歯に対して4ミリ以上出ている状態です。受け口は上の前歯が下の前歯の方が前方に出ている状態を指します。いずれも外見的に良くない印象を与えてしまいがちです。
また、咀嚼をするときの効率も悪く、しゃべるときの発音にも影響を与えることがあります。

きれいな歯並びにするメリット

健康上のメリット

歯並びがきれいだと健康上のメリットが大きいです。歯磨きがしやすい状態であるため、磨き残しが少なくなります。お口の中を清潔に保てるようになり、虫歯や歯周病のリスクが減るでしょう。

噛み合わせが良いことも、きれいな歯並びのメリットのうちの1つです。歯並びがあまり良くない人は、食事をするときに左右どちらかに偏って咀嚼することが多いでしょう。そうすると顎が疲れてしまいます。歯並びがきれいなら噛み合わせが良いため、咀嚼するときに片方だけに偏ることはあまりありません。顎が疲れにくく快適に食事を楽しめます。咀嚼機能も左右バランス良く向上していくでしょう。

また、歯並びがの良し悪しは全身の健康との関連が深いとされています。80歳以上で自分の歯が20本以上残っている人は、健康な人が多いです。歯並びもきれいで噛み合わせが安定している傾向にあります。自分の歯でしっかりと咀嚼できて、食事を楽しめるというのは、精神的にも肉体的にも好影響をもたらすと考えられるでしょう。

心理面、印象におけるメリット

歯並びがあまりきれいだと、自信につながりやすいのが大きなメリットです。人と話をするときなどに、口元を気にせず話せます。笑うときにも歯を見せて思いっきり笑えるでしょう。前向きな気持になれて、心理面でのメリットが大きいです。他人とのコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。友達を作るのにも苦労しません。

相手から見た印象も、歯並びの良し悪しで大きく違ってきます。歯並びがきれいだと、初対面の人からでも好感を持たれやすいです。ビジネスの場面でも、歯並びがきれいかどうかが大きく影響します。営業や販売、接客など人と接する機会の多い仕事においては、歯並びの良し悪しによる相手の反応の違いがはっきりと実感できるでしょう。
逆に歯並びがが良くないと、口元を隠してしまうことが多くなりがちです。自信のなさも細かな言動に顕れるので、あまり好感を持たれないでしょう。

海外では国内以上に歯並びがビジネスに及ぼす影響が大きいです。アメリカの裕福な家庭では、歯並びが悪ければ大半の人が矯正治療を受けます。そのため歯並びが良いことは育ちが良いと受け止める人も多いです。

歯並びをきれいにしたいなら矯正治療

歯並びをきれいにしたいなら矯正治療

歯並びがもともと良くない人も悲観する必要はありません。矯正治療を受けることで、歯並びをきれいにすることができます。

矯正治療の種類

矯正歯科などでよく行われている矯正治療の方法として、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などが挙げられます。
ワイヤー矯正というのは、ブラケットをワイヤーで取り付けて少しずつ歯を動かす治療方法です。金属製のワイヤーを使用した場合には目立ちやすいですが、最近ではセラミック製のワイヤーも使用できます。セラミック製なら金属製のワイヤーほど目立つことはありません。

また、一般的にワイヤー矯正といった場合には、歯の表側にブラケットを装着しますが、裏側に装着する方法もあります。裏側矯正や舌側矯正と呼ばれている治療方法です。この治療方法なら人前で前歯を見せて笑っても、ほとんど気づかれることはありません。

マウスピース矯正も目立ちにくい治療方法です。透明なマウスピース型の矯正装置を装着します。自由に取り外しできるのが特徴です。ただし、食事や歯磨きなどのときを除いて基本的に一日中装着しておく必要があります。外している時間が長いと、治療期間が長引いてしまう可能性もあるため注意が必要です。

進化する矯正治療

歯並びが良くなくてコンプレックスに感じている人の中には、矯正治療を受けるのをためらっている人もいるでしょう。歯の矯正治療は痛いイメージや目立って恥ずかしいというイメージが強いかもしれません。しかし、最近の歯の矯正治療はかなり進化しています。痛いイメージや目立つイメージは過去のものといっていいでしょう。

さらに治療期間も昔と比べるとかなり短縮されています。治療中は矯正器具を装着した状態で生活しなければなりません。何年も続くとなると、億劫に感じてしまう人も多いですが、最近では以前よりも気楽に矯正治療を受けられます。矯正器具を装着しているときの違和感も、以前ほど強くありません。

そしてデジタル治療が注目を浴びています。デジタル技術を駆使して、治療の精度を高め治療期間を短縮する方法です。三次元の歯列モデルとコンピュータシミュレーションを用いて治療計画の立案を行います。また、治療に使用するワイヤーを曲げる作業なども、最先端のロボットで行うことで正確性が高まり、治療期間短縮につながるのです。
歯の矯正治療は今後もどんどんに進化し、矯正治療を受けやすい環境が整っていくでしょう。

まとめ

歯並びの良し悪しは生まれつきの顎の形などが大きく影響するため、仕方のないものだと思われがちです。歯並びがきれいな人のメリットは大きく、仕事にもプライベートにも影響を与えます。歯並びが良くないことで、自信が持てなかったり気持ちが暗くなることもあるでしょう。最近では、目立たず短期間で歯の矯正治療を受けられるため、歯並びを気にしているのであれば、ぜひ矯正歯科医院に足を運んで、相談してみるといいでしょう。
銀座矯正歯科なら、矯正専門の歯科であるとともに、矯正治療のための最新機器を揃えた矯正歯科医院です。
矯正に関することならなんでもご相談ください。従来のワイヤーによる矯正だけでなく、付けていても目立たないマウスピース矯正ななども行っております。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^