当院の特徴

歯並びが悪いと起こる障害と矯正治療法について

歯並びが悪いと体にさまざまな悪影響が及ぶことをご存知ですか?
見た目はきれいに並んでいても、実は気づかないところで何らかの不具合を生じることもあるかも知れないのです。不正咬合の種類や体に及ぼす影響を知り、矯正治療法について考えてみませんか?最新の目立たない矯正治療「FLB」についてもご紹介します。

歯並びが悪いと体に及ぼす変化

歯並びが悪いと体に及ぼす変化


体の不調がなかなか治らないという時、もしかすると歯並びが関係しているかもしれません。大人・子どもの場合に分けて原因を紐解いてみましょう。

大人の場合

■虫歯や歯周病の原因になりやすい

歯並びが悪いと、前後にデコボコして歯が重なっている場所や歯の隙き間に磨き残しが多くなります。磨く手クセも相まって、特定部位に長期間歯垢(プラーク)と呼ばれる歯石が蓄積する状態が続くと、虫歯や歯周病の原因になってしまうのです。

■口臭の原因になりやすい

歯垢(プラーク)や歯石は、その中を棲み処としている細菌の出すガスの臭いが口臭の原因にもなります。また、歯並びが悪いと食べ物を上手く噛み砕くことができず、丸呑みする傾向にあるため、消化不良を起こし易く、胃に負担がかかってしまいます。胃や腸が悪いのも、口臭につながることがあります。

■顎関節症

歯は、きれいに並んでいるだけではなく、咬みあうべき部分で噛み合わせていることで力が分散されバランスが保たれます。歯並びが悪いと、特定部位に強い力がかかってしまうことがあります。これが慢性的に続くため顎にも負担がかかり、顎関節症の引き金となってしまうのです。

■肩こり・腰痛・頭痛の原因になることも

咬み合わせのズレによる過度な負担が原因で、偏った筋肉の使い方をしてしまうことがあり、噛み合わせが合わないために、無意識に噛める位置に顎をずらして噛み、大きな負担がかかることもあります。このことが首や頭につながる筋肉や神経を刺激し、過度な緊張を与える原因となり、肩こりや頭痛、腰痛の原因となる可能性もあるのです。

子どもの場合

■虫歯や歯周病になりやすくなる

大人の場合と同じく、子どもも歯並びの悪い部分に歯垢(プラーク)や歯石が沈着して、虫歯や歯周病の原因になります。6歳~12歳頃は「混合歯列期」といって、子どもの歯と大人の歯が混在し、歯の高さがデコボコしたり、顎の成長が未発達で歯と歯が重なりやすい時期でもあります。

■食べ物をうまく噛めなくなる

歯並びが悪く噛み合わせがズレるため、食べ物をしっかり噛むことができません。食物がしっかり噛み砕かれないと栄養が十分に吸収されにくく、成長に影響が出たり、肥満につながる可能性もあります。また、うまく噛めないことで食感も鈍くなってしまうため、食事を「おいしい」と感じる感覚が養われなくなってしまう恐れもあります。

■将来、顔が大きくなる

乳歯から永久歯に交換する時期は顎の成長も進む時期です。歯並びが悪い要素は乳児期の顎の成長不足も関係しているという研究もありますが、歯並びが悪いまま日常生活を送っていれば顎の成長に問題を起こし、発育不足を起こすこともあります。反対に、過度に負担の掛かっている部分をサポートするため、一部以上に顎骨が発達してしまい「顔が大きい」と感じさせる要因となるのです。

■心理的にも悪影響の可能性がある

周囲を意識しがちな思春期(男子が15歳、女子が12歳頃)になると、歯並びが悪いことをコンプレックスに感じやすくなります。見た目を気にして笑顔が出せない、うつむき加減になりがちなど、自己否定的傾向があるという調査結果もあります。
また、歯並びが悪いと「咬合圧」が弱く、集中力や判断力、咄嗟の判断力などが低くなりキレやすい傾向にあるともいわれています。

歯並びが良い基準と悪い基準

歯科では、歯並びが良い基準として以下の条件を満たしているかをまずチェックします。鏡で見たとき、一見きれいに並んでいたとしても、噛むべき位置で噛んでいなければ良い歯並びとはいえないかもしれません。

良い歯並びとは

■上下の前歯の中心が合っている

体の中心を「正中」といい、ちょうど鼻の下にある窪みの中央に上の歯の前歯2本が来るラインが目安です。上下左右のバランスが均等であれば、この正中ライン上に上顎2本とと下顎中切歯2本の歯と歯の間がぴったり重なります。

■上下の歯が、上下方向、前後方向に2~3㎜重なっている

前歯も奥歯も、噛み合わせたときに上の歯が下の歯よりも2~3㎜外側に重なっている状態が正常な位置です。前歯の噛み合わせが浅すぎても、食べ物を噛み切ることができませんし、深すぎると噛み合わせた際に歯で歯茎を傷つけてしまう可能性もあります。

■上下の歯が交互に噛み合っている

歯は上下で、同じ種類と本数が揃っています。そして、1歯に対して1歯という並び方ではなく、歯の大きさや形の違いによって、上下の同じ種類の歯が交互に噛み合う仕組みになっています。たとえば、上の歯1歯に対して、下の歯は2歯が対象になるといった具合です。

悪い歯並びとは

■歯並びがデコボコになっている

前後にデコボコに並びんでいる状態を「叢生(そうせい)」といい、歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪いために起こります。歯ブラシの毛先が届きにくく、フロスも通らない場合もあり、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、顎の前後左右の動きが難しくなり、食べ物を噛む効率が悪くなります。

■上の前歯が下の前歯よりも著しく出ている

上の前歯が下の前歯よりも4㎜以上前に突出した状態を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。いわゆる、出っ歯です。上の歯が下の歯と噛み合わないため、食べ物を噛み切ることが難しく、口元の締まりが悪いことで口呼吸にもなりやすい特徴があります。歯の並び方だけの問題の場合と、骨格的問題の場合があります。

■下の前歯が上の前歯より出ている

上の前歯よりも下の前歯の方が前に出てしまい、上下が逆に噛み込んでいる状態を「反対咬合」といいます。いわゆる、受け口といわれる状態です。まず前歯でかじり取る動きができないため、食事がし辛く、発音も難しくなることがあります。こちらも歯の並び方だけの問題と、顎全体で下顎が大きいために、逆に噛んでいる骨格的問題の場合があります。

■歯を咬み合わせた時に隙間がある

奥歯が咬みあっているのに前歯にすき間ができている状態を「開咬(かいこう)」といいます。前歯で食物が噛み切れなかったり、発音時に息が漏れてしまうなどの障害がみられます。

■噛み合わせが深い

噛み合わせた際に下の前歯がほとんど見えない程被る状態を「過蓋咬合(かがいこうごう)」といいます。上顎前突のように前に出るのではなく、並びとしてはきれいに並んでいるように見えることもありますが、歯の接点が深すぎて顎の関節に負担がかかったり、発音がしにくいなどの障害が出ることもあります。

■その他

他にも、歯と歯の間にすき間がある「空隙歯列(くうげきしれつ)」や、左右にズレがある「顔面非対称」など、前後にデコボコがなくても不正咬合とされる歯並びもあります。

歯並びを治す人が増えている

歯並びを治す人が増えている


最近では、日本人も歯並びを治すことへの意識が高くなり、歯列矯正をする人も増えてきたことで、抵抗なく治療を始める人も増えてきています。

大人でも治せるの?

歯列矯正は大人になってからも可能です。ただし、虫歯や重度の歯周病の場合はすぐに始めることができず、虫歯や歯周病治療を終えてから矯正を開始することになります。
近年、矯正治療の技術向上により、目立たない治療が普及。仕事をしていても矯正をすることに抵抗なく取り組むことができるようになり、大人になってから歯並びを治す人も増えてきています。

なぜ矯正治療をする人が増えたのか

一番の要因は、歯列矯正への抵抗感がなくなったことでしょう。一昔前は矯正治療をしている人は少数派で、矯正装置も銀色のワイヤーが前歯にギラリと目立つイメージ。また、高額治療で誰でも気軽におこなえる治療ではなかったこともあるでしょう。子どもの頃から歯並びがコンプレックスだったという方が、大人になって矯正を始めるというケースも多いようです。
また、子どもの矯正治療も進化し、以前は永久歯に生え変わり顎の成長が終了する時期から始めることが多かったのですが、最近では、乳歯の頃から顎の成長を誘導しつつ歯を正しい位置に並べる矯正も増えてきています。

歯並びを治すと変化するものとは

歯列矯正をすると、見た目が治る・よく噛めるようになるだけではありません。それまで不正咬合が原因で起こっていた不具合が改善されることもあります。

・小顔になる…偏った噛み癖が改善され、余計な筋肉が落ちるため小顔になることも期待できます。
・自信がつく…口元のコンプレックスが亡くなると笑顔に抵抗がなくなり、心身共に前向きになれる傾向が見られます。
・肩こり・頭痛の改善…顎に過度にかかっていた負担が軽減され、肩や頭にもつながって影響を及ぼしていた筋肉の緊張が緩和し、肩こりや頭痛が改善することもあります。
・腰痛の改善…噛み合わせの不具合で身体に歪みが生じて腰痛を引き起こしていた場合、歯並びが整い姿勢も改善されると、腰への負担も軽減されます。

歯並びを治したい人必見!

歯列矯正とはどんなことをするのか?を具体的にご紹介しましょう。一般的な方法と、当院が行っている裏側矯正についてもご紹介しますので、歯並びを治したいとお考えの方にぜひ参考にしていただきたいと思います。

歯並びはどうやって治すの?

一般的にワイヤーで固定する方法と、マウスピースを装着する方法があります。

■ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという金属の装置を接着し、ブラケットを形状記憶型の金属ワイヤーで連結します。このワイヤーが元の形に戻ろうとする牽引力で、徐々に歯を正しい位置に導く方法です。ただし、急に動かすと歯に大きな負担をかけることと、後戻りしやすくなるため、治療終了までに長期間を要します。大人で1~3年は装置を付けることになります。歯の表面全体に装置が付くため、見た目が気になる方も多いようです。

■マウスピース矯正

マウスピース矯正は、歯列に合わせて透明のマウスピースを作製し、マウスピースの圧力によって、正しい位置に歯を誘導する方法です。ワイヤー矯正よりも目立たずおこなえますが、歯が動くスペースがあるような軽度な場合でないと治療できないケースもあり、骨格性の不正咬合などは難しいでしょう。

銀座矯正歯科の裏側矯正とは?

当院では、従来の歯列矯正法のデメリットである「長期間かかる」「目立つ」の2点を払拭する画期的な矯正システムです。

■最短6ヶ月のデジタル矯正システム


銀座矯正歯科が推奨するこの方法は当院院長が考案した方法。インプラント矯正にヘミオステオトミーと、コルチコトミーという施術を併用することで、成人矯正の期間を1/2~1/4の最短6か月程度に短縮することを可能にしたスピード矯正法です。
スペース確保のために行っていた抜歯をせずに矯正でき、治療後の保定装置の期間も短くて済みます。

■裏側矯正で目立たない

矯正装置は歯の裏側に装着するため、ほぼ見えません。接客業や人前に出ることの多い仕事であっても、人目を気にせず治療することができます。また、表側矯正のように唇側にあることでぶつかるなどの衝撃によって口元に怪我や装置が破損しやすいといった心配もありません。

■日本人のための裏側矯正装置

当院の使用する装置は、従来の裏側矯正装置の欠点を改善した独自開発「FLB」を使用しています。これまでの内側に付いていることによる話しにくさや、歯磨きしにくさなどのデメリットを払拭した、厚生労働省の認可も受けた独自の裏側矯正装置です。FLBは従来の装置よりも小さく、口の中の違和感・痛みも軽減されています。システム化され治療期間が短縮され、特に前歯が美しく仕上がります。アジア人向けに開発されているため、日本人に合う治療法といわれています。

■ぜひご相談ください!

当院では矯正治療のスピードをコントロールし、短時間で歯並びを整える技術だけでなく、インプラントや審美歯科、歯周治療など、包括的な歯科治療をおこなっております。
患者様の要望にできる限りお応えできるよう「目的別プログラム」を用いて対応させていただきます。お口のお悩み、ぜひ一度ご相談くださいね。

まとめ

噛み合わせが悪いと起こる障害や、不正咬合の基準などをご紹介して参りましたが、いかがだったでしょうか?噛み合わせが悪くなる原因を知れば、それだけ予防対策にも活かせます。また、大人になっても矯正治療を開始することができ、昨今の矯正技術の進歩により、一昔前よりもかなり短期間で且つ目立ちにくい治療も増えてきました。
気になる方は、ぜひ一度歯科医院で相談してみてくださいね。

iTeroスキャニング

銀座矯正歯科の患者様へ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)の選び方
iTeroスキャニングがあればマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療開始まで従来より短縮することが可能です。

最新の矯正コラム
2018年11月27日 (火)

日頃から便秘や肌荒れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。なぜ便秘になるのか・なぜ肌荒れになるのか知りたいと考え ...続きを読む

2018年11月23日 (金)

職業柄、人前に出ることの多い接客業の方は、いつでも綺麗な笑顔でお客様に接したいものですよね。ただ、お客様に元気よく笑顔で ...続きを読む

2018年11月19日 (月)

過去に矯正治療を受けたことがある人で、歯が後戻りしてきたという人は意外に多いものです。矯正治療には歯の後戻りがつきもので ...続きを読む

2018年11月15日 (木)

お子様の歯並びが悪くて、矯正治療を受けさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。しかし、小さいうちならまだ良いのですが ...続きを読む

2018年11月11日 (日)

矯正治療で歯並びを改善すると、いろいろなメリットが得られます。見た目が美しくなることはもちろん、噛み合わせが良くなって、 ...続きを読む

2018年11月7日 (水)

矯正治療中のトラブルで意外に多いのが、矯正装置による受傷です。マルチブラケットによるワイヤー矯正では、複雑な形態の矯正装 ...続きを読む

2018年11月3日 (土)

矯正治療というと、歯列にワイヤーやブラケットを装着するワイヤー矯正が一般的ですよね。おそらく皆さんも一度は、身近な人がお ...続きを読む

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

  1. > 特徴・料金
  2. > メリット・デメリット
  3. > 治療の流れ
  4. > 他の矯正治療との比較
クリアライナー
アソアライナー
シュアスマイル

10代の矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の歯科矯正治療における課題点を考慮した治療オプションです。

よくあるご質問

マウスピース型矯正装置について、よくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ご来院前に気になる点がございましたら、ご確認ください。

銀座矯正歯科オフィシャルサイト

銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアⅡ 6F
<銀座・有楽町駅から徒歩3分>

TEL:03-3567-5454

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
^